奨学金

【トビタテ!留学JAPAN】早大24名、九大20名、京大17名…10期生432名を75ヵ国に派遣

10期生では432名を採用

文科省は、「トビタテ!留学JAPAN」10期生に432名(在籍学校数136校)を採用したことを、2019年2月20日(水)に公表しました。

【関連記事】10期生の応募状況をチェック

10期生には、採用予定人数400名のところ1405名(246校)が応募。最終倍率(採用)は3.25倍でした。

コース別の内訳は下記のとおり(地域人材コースを除く)。

  • 理系、複合・融合系人材コース…221名(採用予定185名、応募人数586名、未来テクノロジー人材枠含む)
  • 新興国コース…59名(採用予定60名、応募人数155名)
  • 世界トップレベル大学等コース…30名(採用予定80名、応募人数108名)
  • 多様性人材コース…106名(採用予定80名、応募人数556名)
  • 地域人材コース…16名(応募人数23名)

合格者が派遣されるのは、下記の75ヵ国。

  • アジア(16ヵ国・地域)…90人
  • 中南米(5ヵ国・地域)…10人
  • 中 東(3ヵ国・地域)…4人
  • アフリカ(8ヵ国・地域)…11人
  • 北米(2ヵ国・地域)…122人
  • 大洋州(2ヵ国・地域)…22人
  • 欧州(39ヵ国・地域)…173人

10名以上の合格者を出したのは、早稲田大学(24名)、九州大学(20名)、京都大学(17名)、東京大学(16名)、東京藝術大学(16名)、筑波大学(14名)、東京工業大学(13名)、慶應大学(10名)、東京外語大学(10名)、名古屋大学(10名)、法政大学(10名)でした。

今後のスケジュールは、3月3日(日)に壮行会が開催され、4月1日より順次留学がスタートします。

「トビタテ!留学JAPAN」公式サイト


【「トビタテ!留学JAPAN」10期生】

  • 主催:文部科学省
  • 運営:日本学生支援機構
  • 留学時期:2019年4月1日~10月31日までの間に開始されるもの
  • 留学期間:28日以上2年以内の計画
  • 募集人数:400名 ※地域人材コース除く
  • 応募数:1405名 ※地域人材コース除く
  • 採用人数:432名

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X