【TOEFL】「友情ってナニ?」をテーマに英語スキルを磨く世界規模のプロジェクトに参加しよう

昨年は世界27ヵ国から6000名が参加

友情ってなんだろう?——日々友だちと成長し続けている子どもたちにとって、極めて重要なテーマですね。

この永遠のテーマについて「自分の言葉(英語)で語ってみよう」というキャンペーンが、現在世界規模で行われています。

キャンペーンを主催しているのは、「TOEFL」を運営する米国の非営利団体「ETS」(Educational Testing Service、米国ニュージャージー州)。対象としているのは、世界で英語を学ぶすべての先生と生徒たち。

 「TOEFL Young Students Series」とは、年齢に応じた評価やサービスを提供しているシリーズで、そのなかには中高生向け「TOEFL Junior」や、小中学生向け「TOEFL Primary」も含まれています。


「TOEFL Young Students Series」とは、年齢に応じた評価やサービスを提供しているシリーズで、そのなかには中高生向け「TOEFL Junior」や、小中学生向け「TOEFL Primary」も含まれています。

この「TOEFL Young Students Series GO English!」というイベントは、英語のスキルを開発するために毎年実施されているもので、コンテストや賞品を授与するものではありません。

にも関わらず、昨年(2015-16)のプロジェクトには世界27ヵ国から6000名を超える生徒が参加。それぞれのアイデアを持ち寄り、創造的に英語で表現する機会を楽しんでいます。

作品をつくるプロセスで英語を磨く

今年のテーマは、「What is friendship? In your words.(友情ってナニ? 自分の言葉で)」。

先生や生徒がクラスもしくは小さなグループとなり、クリエイティブなスキルを駆使して、ビデオ(60秒)や音声データ(60秒)、ポスター(200words)、新聞形式(400words)などにまとめます。

アイデアを出す、スクリプトやコラムを書く、作品にまとめるといったプロセスに、数週間計5〜10時間を費やすことで、英語のスキルを向上させることが可能となります。

プロジェクトが完成したら、公式サイトからデジタルファイルをアップロードして送付します(50MB以内)。

くわしくは、「TOEFL Young Students Series GO English!」公式サイトで確認を。


【第3回TOEFL Young Students Series GO English! 2016-17】

  • 主催:ETS
  • 対象:世界で英語を学ぶ先生、生徒
  • 学習期間:数週間にわたって計5〜10時間
  • 締切:2017年1月31日(火)
 

関連記事

  1. 【準☆イチ05】東北支援「TOMODACHIイニシアチブ」で世界を体感、高1で準1取得(S.N.さん)

  2. 【TOEFL入門】世界の50万人が受講した、自分のペースで学べる無料オンライン講座に挑戦せよ

  3. 【英検】受験生対象「英検 2020」&一般対象「英検CBT」の2019年度実施概要をチェック

  4. 【英語4技能テスト】一般入試での活用は2.2倍増…2017年度最新大学入試トレンドが明らかに

  5. 【英検】8月から「英検CBT」が毎月受検可能に…2018年度の最新情報と試験日程をチェック

  6. 【グローバル進学02】英検準1級の高1男子がハーバード大学に合格するための戦略とは?

  7. 【英検】2級は4100円→5000円に…6月に行われる14年度第1回検定より検定料を値上げ

  8. 【Duolingo】TOEFLと同等の評価…60分&49ドルで自宅オンライン受験できる新定番英語テスト

  9. 【EF EPI 2016】6年で16位もダウン…日本の英語力が世界72ヵ国中35位に低迷する理由とは?

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
2,670Followers
125Followers

december, 2021

12novallday12decカナダ留学フェア2021秋冬

07decallday12HSK中国留学フェア2021

10decallday【〆切】英検2021③

19decallday【〆切】リクルートスカラシップ2022

X