グローカル

【東京都】北米かオセアニアに留学「次世代リーダー育成道場2018」都立高生200名 5/11〆

毎年200名の都立高生を海外に送り出すプログラム

「東京都」は、「2018年度次世代リーダー育成道場」研修生200名を、2018年5月11日(金)まで募集しています。

東京都が作成したパンフレットより。

このプログラムは、国内事前研修で身につけた知識や技能をもって、およそ11ヵ月の英語圏への留学にチャレンジする都立高校生などを支援するプログラム。

コースは、Aコース(冬出発、2019年1月から約1年間)、Bコース(夏出発、2019年8月から約1年間)があり、各100名を募集。研修は、Aコースが7月から翌年1月まで、Bコースが7月から翌年7月までで、月2回程度日曜日などに実施する予定。両コースとも研修の回数・内容は同じ。

募集対象や応募の流れ

対象者となるのは、都立高校、都立中学校および都立中等教育学校に在籍する生徒(Aコースは1〜3年、Bコースは1、2年に相当する人)。

また、推薦基準として、以下のすべてを満たすと在学校の校長が判断している必要があるそうです。

  1. 心身ともに健康で在籍校での出席状況および生活態度が良好である人
  2. 学業成績が優秀であり、学校生活と本研修を両立できる人
  3. 英語について、留学出発時までに英検2級相当以上のレベルに高める意欲を有する人
  4. 協調性を有するとともに、学校行事や部活動、ボランティア活動等に積極的に取り組んでいる人
  5. 育成道場の趣旨を理解し、すべての研修に目的意識をもって意欲的に参加することができる人

なお、募集枠として下記のようなものがあります。

  1. 指定校特別推薦枠(連携型を除く都立中高一貫教育校、進学指導重点校)…各校2名(枠内最大34名)
  2. 1以外の学校の学校特別推薦枠…各課程1名(枠内最大66名)
  3. 学校一般推薦枠…学校ごとの応募人数制限なし

参加を希望する人は、必要書類(志願票や自己PRカード)をダウンロードし、必要事項を記入の上、校長が定める期間までに提出。学校が推薦書とともに取りまとめ、郵送もしくは持参して提出して応募を。

上記に加え、小論文・英語筆記テストが5月27日(日)、面接が6月2日(土)または3日(日)に行われる予定。合否結果は、6月20日(水)に校長宛てに発送されるそうです。

詳しくは、「次世代リーダー育成道場」公式サイトで確認を。


【2018年度次世代リーダー育成道場】

  • 主催:東京都教育委員会
  • コース:Aコース(冬出発、2019年1月から約1年間)、Bコース(夏出発、2019年8月から約1年間)
  • 留学先:Aコース/オセアニア地域、Bコース/北米地域(留学先の国や都市、学校を指定することはできない)
  • 対象:都立高等学校生徒、都立中学校生徒および都立中等教育学校生徒
  • 募集人数:200名
  • 受講料:80万円 ※留学に係る基本的経費以外の諸経費および事前研修等に要する交通費等(30〜40万円)は自己負担
  • 応募締切:5月11日(金)必着

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X