【TOPPA 2021秋】ケンブリッジ大教授らから次世代リーダーの本質とスキルを学ぶ3ヵ月間中高生講座 9/1, 2〆

「リーダー」から連想するのは、先頭に立って動く絶対的なカリスマ? それとも、困難な状況でも周囲を巻き込みながら課題を解決していく人? いま、世界が求めているのは「ビジョンを持ってポジティブな変化を生み出していく人」。まずは身近なコミュニティでひとり一人がリーダーシップを発揮していけば、やがて地球規模でよりよい社会が実現するーーそんな次世代リーダーに必須のスキルを学ぶことができる中高生講座が、この秋日本で開講します

日本にも世界にも「次世代リーダー」が足りない

世界で活躍するリーダー・イノベーターの育成を目指す「株式会社MIRAIing」(東京・渋谷区)は、2021年9月より約3ヵ月間にわたり開催する、オンラインプログラム「TOPPA 2021秋講座」に参加する中高生を、日本語プログラムは9月1日(水)、英語プログラムは9月2日(木)まで募集しています。※3次締め切り

MIRAIing(ミライング)は、創設者の池上京さんがケンブリッジ大学大学院で得た学びや人脈をフルに活用し、コロナ禍で学習機会を制限された高校生ら200名以上に提供したプログラムをベースに、2021年2月からリーダー・キャリア教育に特化したプログラムを提供している

中高生向けリーダーシップ・プログラム「TOPPA」は、ケンブリッジやオックスフォード大の講師陣や海外で最先端ビジネスに携わってきた若手専門家らによる白熱講義(インプット)と、チームでのプロジェクト活動(アウトプット)を交互に行うことで、効率的かつ効果的にリーダーとしてのマインドとスキルを育んでいくことができるプログラム。

コロナ禍を通じて、ますます「社会に出た際に優位性のない暗記中心の勉強を、大学入試のために続けることに価値を見出せない」「学校では、主体的に動く力や考える力を鍛えることができない」と訴える中高生が増えており、そのようなシビアな状況にある若者に「未来を創るために必要な実践的な学びを届けたい」ーーそんな熱い想いがギュッと詰まったプログラムとなっています。

課題解決力・コラボレーション力・発信力を磨く3ヵ月間

TOPPA秋講座では、日本語で実施するプログラム(9月2日~12月2日の毎週木曜20〜22時、全14回)と、英語で実施するプログラム(9月4日~11月27日の毎週土曜16〜18時、全13回 ※参加の目安はTOEFL iBT60点以上)を用意しており、各30名を募集。

この秋は、日本語プログラムでは「デジタル・イノベーション」、英語プログラムでは「グローバルリーダーシップ&ソーシャルイノベーション」をテーマとしていますが、どちらも提供する価値や方向性は同様で、講師陣やメンターと共にインプットとアウトプットを繰り返しながら、グローバルリーダーにふさわしい課題解決力やコラボレーション力、発信力を磨いていきます。

  • インプット…リーダーシップ、マネジメント、プレゼン術、デザイン思考、戦略フレームワークなど、実践的なマインドセットやスキルを養える講義を提供
  • アウトプット…学校や地域、国境を越えて5名程度のチームを組み、課題解決プロジェクトに取り組みプレゼンまで行うなかで、リーダーシップやチームワーク、課題解決力を養う

リーダーや仲間と学び合い、刺激を与え合う

TOPPAでは、ケンブリッジやオックスフォード大の教授陣や、国内外の最前線で活躍するリーダーから学べるのも、他のプログラムにはない大きな魅力。

日本語プログラムでは「デジタルヘルスケア事業」、英語プログラムでは「失明対策事業」についてゼロから学んでいき、チームで新たな視点から事業案を創り上げ、企業へ提案するまでのプロセスを通じて、最新のビジネスやテクノロジーについても知識を深めていくことができます。

日本語プログラムでは、コロナパンデミックで業績を伸ばしたドクターシェアリングアプリを運営する「リーバー社」に対し、アプリ内新規事業を提案

英語プログラムでは、スマホに装着し高度な眼球診断を実現するSmart Eye Cameraを開発した日本のベンチャー企業「OUI Inc.」に対し、失明者を限りなく減らすことを目的としたスタートアップ事業を提案

チームプロジェクトでは、国内外でリーダーとして活躍する社会人メンターがつき、メンバーとSlackやLINEで連絡を取り合い、ZoomやGoogle Meetでミーティングを重ねていきます。アイデアについてアンケートやインタビューで仮説検証したり、ときには方向性を変えて作り直す経験などから、リーダーとして変化を起こす力を身に着けていきます。

最終段階では、プロジェクトを提供する企業のリーダーにプレゼンし、1位のチームを選出。優勝チームのアイデアは実際に事業化される可能性もあるため、結果発表時には涙を流す参加者もいるほど。

さらに、参加者は目標に照らしたセルフ・フィードバックに加え、チームメートからもお互いにフィードバック(ピア・フィードバック)していくなかで、自身の成長について見つめ直し、プログラム後のさらなる成長につなげていきます。

自分に合ったリーダーシップを見つけよう

中高生たちは、TOPPAでの学びを通じて「授業などの大人数の前でも率先して発言できるようになった」「部活でチームをまとめる力を実践している」「考えていたことを行動に移すことができるようになった」といった変化を実感しています。もともと優秀でボス的に引っ張るタイプだった受講生も、「チームに頼って一緒にものごとを考え、作ることができるようになった」そう。

リーダーには、権力集中型の従来タイプもいれば、困っている仲間に手を差し伸べたり、新たな視点を提示するなど、チームに何らかの形で影響を与え、貢献する人もいます。

大切なのは、それぞれの人が⾃分に合ったリーダーシップを⾒つけること。そのためにも、「そもそもリーダーとはどんな存在なのか、どのようにリーダーシップを身につけることができるのか」を体系的に考える機会が必要ですね。

TOPPAでの学びは、学校や社会に出てからはもちろん、社会のさまざまな場面で最適なリーダーシップを発揮しながらコミットするスキルが身につきます。それらのスキルは、自分の強みを分析してアピールする自己推薦制度が主流となりつつある大学進学や就職においても、もちろんプラスに働きますよね。

参加を希望する人は、MIRAIing「TOPPA2021年秋講座」ページのフォームより応募を(英語プログラムはこちらから)。奨学生枠もあるそうなので、希望者は応募時に申請してください。

なお、8月26日(木)20時〜21時、28日(土)16時30分〜18時には事前説明会を予定しているそうです(要申し込み)。 ※28日は体験講義「体験講義「ケンブリッジ流世界のリーダーが学ぶ哲学的意思決定」付き

来春には約6ヵ月間に渡る本格的なリーダーシップ養成講座も提供予定とのことなので、興味のある人は、まずは無料もしくは短期のイベントに参加してみては?


【TOPPA!!2021年秋講座】

  • 主催:株式会社MIRAIing
  • 日程:日本語プログラム/2021年9月2日(木)~12月2日(木)※毎週木曜日20時〜22時、11月18日のみ22時30分まで、全14回 英語プログラム/9月4日(土)~11月27日(土)※毎週土曜日16〜18時、全13回
  • 場所:オンライン(Zoom、Slackなどを使用)
  • 対象:中学生、高校生、高専生、ギャップイヤー生も可
  • 募集人数:各30名
  • 参加費:日本語プログラム/3万6000円(税込)、奨学生1万5000円、友人と申し込みで3000円引き、英語プログラム/450ドル(税込)、奨学生150ドル、友人と申し込みで30ドル引き
  • 申込締切:日本語プログラム/9月1日(水)、英語プログラム/9月2日(木)※3次締め切り、要支払完了
 

関連記事

  1. 【野村総合研究所2021】「サステナブル未来予想図」をテーマとした小論文コンテスト 9/10〆

  2. 【立命館アジア太平洋大学】「英語開講授業体験&4泊5日学生寮キャンプ」高校生募集5/22〜

  3. 【シン・ニホン】若さという才能を開花させよう…安宅和人さんの著書に学ぶ春休み高校生読書会40名 3/12〆

  4. 【KAPION EDU】世界の最新動向と連携した学び情報をシェアする保護者向けプログラム始動 1/31〜

  5. 【イーオン】クイズや動画、オーディオブックなど5つのeラーニング教材無料提供<休校支援>

  6. 【高校生1万人署名活動】平和への思いと楽しさが詰まった中高生「オンライン長崎修学旅行」

  7. 【3月17日〆切】「おおさかグローバル塾」が米国留学&英国留学コースで計96名の塾生を募集

  8. 【SENPAI相談室06】英検1級で英語はかなり得意ですが、それ以外の教科の成績が上がらないのが悩み…

  9. 【グローバルサイエンスキャンパス2015】高校生をグローバルな科学者に育成する5大学を採択

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X