キッズ

【つくばSKIPアカデミー2018】科学のワクワクを見つけて伸ばそう…小中学生40名 6/15〆

講義や実習が満載の充実プログラム

「筑波大学」(茨城県つくば市)は、小中学生を対象としたジュニア・ドクター育成塾「つくばSKIPアカデミー2018」に参加する40名を、2018年5月28日(月)~ 6月15日(金)の期間で募集します。

対象となるのは、理数・情報に関する強い興味と関心がある、全国の小学5、6年生および中学生。

つくばSKIPアカデミーは、2017年度からスタートした国立研究法人科学技術振興機構の「ジュニアドクター育成塾」に採択された事業で、筑波大学が茨城大学理学部、並木中等教育学校、茗渓学園高校、そしてつくば市内のさまざまな研究機関と協力して実施しているプログラム。

受講生は、8月〜翌3月まで月イチ程度の頻度で開催される、筑波大学や博物館などの講座や実験などに参加し、さまざまな企業の人たちと話ができる「サイエンスカフェ」で開発についての話を聞いたりすることで、自分の興味のある分野を見つけることができるのだそう。

夏休みと冬休みには1泊2日のサイエンスキャンプも開催され、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の高校生や筑波大学生によるきめ細やかにサポートを受けられます。

また、夏休みには、大学生のサポートを受けながら個人研究を行い、わからないことやまとめ方について困ったときには、大学生に相談することができるそう。

さらに、オンライン言語講座では、動画受講を見てからスカイプによる個人指導を受けるというサイクルを繰り返しながら、受講生の言語スキルの向上も図っていくなど、とても充実した内容となっています。これが無料で受講できるのはいいですね!

参加を希望する人は、 志望動機書をダウンロードし必要事項記載のうえ、「筑波大学社会連携課SKIP事務局」に郵送を。

その後、6月24日(日)に筑波大学で実施される筆記試験を受け、学年を考慮したうえで総合点で合否の最終決定を行うそうです。

詳しくは、「つくばSKIPアカデミー」公式サイトで確認してください。


【つくばSKIPアカデミー2018】

  • 主催:筑波大学
  • 対象:小学5、6年生、中学生
  • 募集人数:40名
  • 参加:無料 ※ただし、筑波大学までの交通費等は全額自費
  • 応募期間:2018年5月28日(月)~ 6月15日(金)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X