【テンプル大学ジャパン】学費免除で米国留学も可能「持田・ストロナク全額奨学金」22年度創設 11/15〆

海外大学進学セミナー

実質学費免除でTUJに通えるチャンス!

「テンプル大学ジャパンキャンパス」(東京・世田谷区、TUJ)は、実質学費免除でTUJに通うことのできる「持田・ストロナク全額奨学金」を2022年度より創設し、第1期生となる奨学生若干名を、2021年11月15日(月)まで募集しています。

このプログラムは、ゴールドマン・サックス証券取締役社長、持田昌典さんから、TUJ史上最高額となる450万ドルの寄付を受けて2022年度より創設されるもので、持田さんの長年の友人である、TUJ前学長・ブルース・ストロナクさんへの敬意を表してこの名称となりました。

持田さんは、ペンシルベニア大学ウォートン校で1985年にMBAを取得後、NYのゴールドマン・サックス本社に入社し、翌年日本に帰国。米国テンプル大学総長ジェイソン・ウィンガードさんは以前ゴールドマン・サックス本社に務めており、2013年以来持田さんと親交があるそうです。

また、持田さんはこれまでもゴールドマン・サックス・ギブズを通じて、日本の貧困世帯の子どもたちの生活支援、教育支援に多額の寄付を行なってきたほか、今回の奨学金創設に際し「日本を担う未来のリーダーにとって、質の高い国際教育は不可欠です」と語っています。

ただし、対象は国公立高校の卒業生のみ

対象は、日本の国公立高校を卒業見込でTUJに入学を希望する生徒で、下記をすべて満たす人。

  • TUJに学士号取得目的として入学を希望し、2022年3月に国内の国公立高校を卒業見込みであること
  • 日本国籍を有すること
  • 以下のTUJ大学学部課程の出願資格を満たしていること(学業成績/高等学校での学業成績が5段階評価で評定平均3.0以上(4段階評価の場合は2.0以上、英語能力がTOEFLiBT79点以上であることなど)

学業成績等に基づいて毎年若干名を選考し、最大10学期間(5年間)の学部課程の学費・諸費用全額が給付されるほか、オプションとして、テンプル大学アメリカ本校(ペンシルベニア州)への最長2学期間の留学(学費・諸費用給付)、TUJ学部課程への条件付き入学であるBridge Programも含まれています。

応募方法は、「テンプル大学ジャパンキャンパス」公式サイトから出願書類を提出する際に「奨学金希望」と記入し、専用申込書を記入して送信。推薦状やその他補足資料などもメールで送付。

書類選考および面接を経て、12月15日にメールにて合否が通知されるそうです。


【持田・ストロナク全額奨学金2022】

  • 主催:テンプル大学ジャパンキャンパス
  • 入学時期:夏学期 (5月下旬)
  • 対象:
  • 募集人員:若干名
  • 応募締切:2021年11月15日(月)17時

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  3. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  4. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  5. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X