【11月7日〆切】年間最大1万ドルを支給…大学2校から選択「熊本モンタナ奨学制度奨学生」

TOEFLレベルチェック

モンタナ州で学ぼう

熊本県では、「平成25年度モンタナ奨学制度奨学生」を募集しています。

熊本県ではグローバル人材育成のため、海外を目指す高校生の英語力向上と海外進学の環境整備に総合的に取り組んでいますが、その一環として、アメリカ・モンタナ州の大学との間に奨学制度を創設。

今年度は「州立モンタナ大学 University of Montana」に加え、「キャロル大学 Carroll College」との間にも奨学制度を創設し、募集対象者も卒業生まで拡大しました。

montana-1

montana-2

募集人数は若干名、留学先はアメリカ・モンタナ州のふたつの大学から選べます。

  • 州立モンタナ大学…学士課程
  • キャロル大学…学士課程または学士課程(ブリッジコース経由)

熊本県から推薦を受けた高校生等が、いずれかの大学に入学した場合に同大学から奨学金(返済不要)が支給されるしくみです。

給付額は、高校在籍時の成績に応じて1学年ごとに以下のとおり支給。

  • 州立モンタナ大学…最終評定平均値5.0〜4.8(6000ドル)、4.7〜4.5(5000ドル)、4.4〜4.2(4000ドル)、4.1〜3.5(3000ドル)
  • キャロル大学…最終評定平均値5.0〜4.8(1万ドル)、4.7〜4.5(8000ドル)、4.4〜4.2(6000ドル)、4.1〜3.5(4000ドル)

州立モンタナ大学出願時までに、TOEFL(iBT)102以上またはIELTS7.5以上のスコアを取得している場合は、7500ドルが給付されます。

応募資格は以下のとおり。

  • 熊本県内に在住する高校生で、2014年3月卒業見込みの生徒、もしくは一定の要件を満たす卒業生(熊本県在住)で2014年4月1日現在満21才未満の方
  • 高校3年間の全体の評定平均値(5段階評価)が、州立モンタナ大学の場合3.5以上、キャロル大学の場合3.8以上見込まれるもしくは取得した方 など

書類選考、英語能力判定試験、面接、英文エッセイにより熊本県が被推薦者を決定します。

応募書類は、「熊本県ホームページ」もしくは「くまもと私学情報サイト」からダウンロードしてください

http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/7/
http://www.jishukan.jp/

  • 応募申請書(別記様式1)…志望理由(エッセイ)含む
  • 応募者本人の住民票(原本)…日本国籍を有する者は本籍が、日本への永住を許可されている者は在留資格が、それぞれ記載されているもの。県外所在の高等学校等を卒業し、卒業後に住所を異動した者は、現在の住民票に加え高等学校等卒業時に熊本県内に在住していたことを証明する書類(住民票の除票等)を提出
  • 学校長推薦書(別記様式2)…発行者より厳封されたもの
  • 高等学校等の成績証明書…発行者により厳封されたもの
  • 希望する大学の学士課程入学に必要な英語能力試験のスコア(表2)…「学士課程入学に必要な英語能力試験のスコア」のとおり)を有することが証明できる書類の写し。スコアを有する者のみ提出。スコアを有しない者の応募も可
  • チェックリスト(別記様式3)

審査手順とスケジュールは以下のとおり。

  • 書類選考結果通知…11月中旬、応募者全員に対し審査結果を通知予定
  • 英語能力判定試…書類選考を通過した者に対して、12月1日(日)に実施(会場は熊本市内)。ただし、希望する大学の学士課程入学に必要な英語能力試験のスコアを有する者は、英語能力判定試験を免除
  • 英文エッセイ試験、面接試験…書類選考を通過した者に対して、12月15日(日)に実施(会場は熊本市内)。面接試験は、日本語および英語で実施
  • 最終選考結果通知…12月下旬に審査結果を通知。最終選考を通過した者には、推薦状も併せて交付

各大学の学士課程またはキャロル大学ブリッジコースへの入学許可が得られた生徒は、大学から奨学生として正式に決定され、奨学金(返還不要)の給付を受けることができます。

ただし、各大学が指定する語学学校(有料)に在籍している期間中は、奨学金の給付を受けることは不可。

語学学校での集中英語講座修了後、学士課程への入学が認められた時点で奨学金の給付を受けることができます。


【熊本県 平成25年度モンタナ奨学制度奨学生募集】

  • 募集人数:若干名
  • 留学先:アメリカ・モンタナ州にある「州立モンタナ大学」もしくは私立「キャロル大学」
  • 期間:最短修了年限の範囲内で、最長4年間の継続受給が可能
  • 給付金額:1学年ごとに州立モンタナ大学は7500〜3000ドル、キャロル大学は1万ドル〜4000ドル
  • 申し込み期間:2013年6月28日(金)~11月7日(木)17時必着
  • 申し込み方法:申請書に必要事項を明記のうえ、私学振興課(公立高校の方は高校教育課)へ申し込み
  • 問い合わせ先:私立高等学校、該当専修学校、熊本県外の高等学校に在籍する生徒およびその卒業生は「熊本県総務部総務私学局私学振興課企画班」(行政棟本館2階)、熊本県内の公立高校に在籍する生徒およびその卒業生は「熊本県教育庁教育指導局高校教育課高等学校教育指導係」(行政棟新館6階)
[amazonjs asin=”4121504291″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グローバル化時代の大学論1 – アメリカの大学・ニッポンの大学 – TA、シラバス、授業評価 (中公新書ラクレ)”]

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  3. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  4. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  5. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X