大学

【早稲田大学】海外大学生80名+早大生20名で「Waseda Summer Session 2014」実施

本格的なサマープログラムの布石に

「早稲田大学」は、2014年6月21日(土)~7月17日(木)にかけて、早稲田キャンパスにて「Waseda Summer Session 2014」を実施します。

waseda summer session

対象となるのは、海外大学の在学生や留学から帰国して間もない早大生ら。

早大は、13年に他大学に先駆けてクォーター(四学期)制を導入。

【関連記事】早稲田に続き「4学期制」を慶応と東大でも導入決定

本プログラムは、クォーター制実施により本格的なサマープログラムを実現するための第一歩として位置づけられ、国内外から招へいした著名な教員や同学の教員が共同で授業を行います。

4週間にわたり、政治やビジネス、歴史、文化など英語による科目を6コース提供。履修者は2コースを選択し、最大5単位が付与されます。

来日する海外学生には、日本語集中プログラムのほか、課外活動として歴史的名所を巡る「Field Trips」、茶会や浴衣を体験できる「Japanese Festival」、学生同士が議論を行う「Visitor Sessions」など多彩なプログラムを用意。

また、海外学生は14年3月に東京・中野に完成する国際学生寮「WISH」(Waseda International Student House)に滞在する予定です。

wish早稲田


【Waseda Summer Session 2014】

  • 主催:早稲田大学
  • 期間:2014年6月21日(土)~7月17日(木)
  • 場所:「早稲田大学」早稲田キャンパス
  • 定員:100名(海外大学在学生80名、早大生20名)
  • 参加費:海外大学在学生/40万2000円 (宿泊費含む) 、早大生/6万円(予定)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X