大学

【早稲田大学】文化構想学部で70名、文学部で50名募集「4技能試験活用入試」17年度に導入

4技能に対応した学生を募集

「早稲田大学」は、「文化構想学部」と「文学部」において、2017年度から外部英語検定試験を利用した「一般入試(英語4技能テスト利用型)」(仮)を実施します。

waseda外部英語試験

この試験で募集するのは、文化構想学部で70名、文学部で50名。

今後、高校の学習指導要領では、「Reading」「Writing」「Listening」「Speaking」の4技能を統合的に活用できるコミュニケーション力の育成を目指しており、これを踏まえた新しい入試制度として導入。

文化構想学部と文学部では、「多様な学問・文化・言語・価値観の交流を育み、地球社会に主体的に貢献できる人材を育成する」ことをうたっており、高い英語力による発信能力は不可欠としています。

対象となる外部英語検定試験は、「TEAP」、「IELTS」、「英検」、「TOEFL iBT」。

いずれかの試験で基準点/基準級を上回っている受験生は、一般入試の国語と地理・歴史の2教科の合計得点により合否を判定(2教科には合格基準点を設け、基準点に満たない場合は不合格)。

試験日は、2017年2月中旬に実施される一般入試と同日を予定しています。

各試験ごとに設けられる基準点/基準級については、2016年4月以降に公表される予定。なお、入学試験要項は2016年11月上旬に公開予定です。

くわしくは、「早稲田大学」公式サイトで確認を。


【早稲田大学「一般入試(英語4技能テスト利用型)」】

  • 所在地:「早稲田大学」戸山キャンパス(新宿区戸山1-24-1)
  • 開始:2017年度入試(2017年4月入学者向け入試)より
  • 対象学部:文化構想学部、文学部
  • 募集人数:文化構想学部/70名、文学部/50名
  • 試験日:一般入試と同日

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X