【柳井正財団】2021年度は33名合格…年最大1000万円を支給する米英トップ大進学者向け奨学金 2/14〆

 

海外校やインターナショナルスクール生も応募可能

「一般財団法人柳井正財団」(東京・港区)は、「2021年度公募制海外大学奨学金プログラム(合格型)」奨学生(2022年9月入学の6期生)を、2021年12月20日(月)〜2022年2月14日(月)まで募集します。

このプログラムは、財団が指定する米英トップ大に留学する留学生を支援する奨学金制度で、大学ごとに必要な経費を算出し、ひとりあたり米国は年間9万5000ドルを上限に4年間、英国は年間6万5000ポンドを上限に3年間支給します。

なお、柳生正財団奨学金は、2020年度より新設された一条校の高校生のみを対象とした「公募制学校推薦海外大学奨学金(予約型)」も7月に募集しており、応募の機会は年2回となりました。海外高校やインターナショナルスクール生は、この合格型のみ応募可能です。

応募条件は、原則的に語学力はTOEFLもしくはIELTS、学力はSAT、ACT、IBのスコアを保持していること。所得制限は世帯年収は2400万円となっています。

なお、これまでの合格者は、1期生(2017年9月入学)が26名、2期生(2018年9月入学)、3期生(2019年9月入学)、4期生(2020年9月入学)はいずれも18名、5期生(2021年9月入学)は33名となっています。

一次面接は、4月9日(土)、最終面接は4月20日(水)、22日(金)のいずれかで行われ、合否結果は4月29日(金)までに連絡があります(面接は「ミッドタウン」かオンラインにて実施予定)。

応募方法などの詳細は、「柳井正財団」公式サイトで確認を。


【柳井正財団「2022年度公募制海外大学奨学金プログラム(合格型)」】

  • 主催:一般財団法人柳井正財団
  • 対象大学:アメリカの18大学、アメリカのリベラルアーツ・カレッジ15大学、英国4大学
  • 対象:原則20才以下で、2020年9月以降に高校を卒業し、2021年9月の入学を目指すひと
  • 募集人数:米国・英国合わせて年間20名程度
  • 支給額:米国は年間9万5000ドルを上限に4年間、英国は年間6万5000ポンドを上限に3年間支給
  • 応募締切:2022年2月14日(月)
 

関連記事

  1. 【サンディスク】14年度より東大、東北大、名大の30名に年間各7500ドルの奨学金を給付

  2. 【2021年度コカ・コーラ奨学生】新大学生20名に月額2万、新院生10名に4万支給 10/31

  3. 柳井正財団海外奨学金

  4. 【経団連グローバル人材育成スカラーシップ2019】留学費100万円を30名に支給 9/18〆

  5. 【立教大学】全英語プログラムで学位取得…年額120万円×4年間支給「GLAP奨学金」9/29〆

  6. 【9月16日〆切】4年間で最大800万円を支給…「グルー・バンクロフト基金」奨学生5名募集

  7. 【Tazaki財団2018】高校と大学の計5年間英国留学を希望する都内高1生20名募集 1/15〆

  8. 【クマ財団】年間120万円を25才以下50名に支給「17年度クリエイター奨学生」3/6、5/15〆

  9. 【トビタテ!留学JAPAN】10期生は400名を募集のところ1405名が応募し、倍率は3.5倍

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X