神戸ドイツ学院インターナショナル

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

「神戸ドイツ学院インターナショナル」は、1909年に神戸に開校した、2〜11才を対象とするインターナショナルスクールであり、国際バカロレア(PYP)認定校でもあります。

ドイツの伝統を軸に豊かな多様性を受け入れ、子どもたちが知的・道徳的・身体的に成長するための教育的アプローチを実践。学校は、ドイツの歴史や伝統とヨーロッパの価値観と信念に基づいて運営されており、国際性・多様性を重んじ、誠実さと思いやりをもって行動する意欲を育んでいます。

神戸ドイツ学院インターナショナル
校長:インマン・アレックス
創立年:1909年
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中3-2-8
生徒数:108名(幼稚部/29名、小学部/79名)
学校の種類:通学のみ(Pre-Kindergarten/2才児クラス、Kindergarten/3・4才児、Pre-School/5才児クラス、Primary School/G1〜6)、2学期制、週5日制(年間授業日数180日)
教育認定機関: 国際バカロレア
外国籍の生徒:18ヵ国、日本人は約35パーセント
カリキュラム:国際バカロレアPYP(英語セクション、ドイツ語セクション)
課外活動:問い合わせ
卒業後の進路:近隣の国際学校・日本の英語 に力を入れている私立中学校・海外への帰国など
学費(年間):Play Group(セメスターごとに募集)/4万4000円、Pre-Kindergarten(週3)/50万3000円、Pre-Kindergarten(週5)/83万6000円、Kindergarten/127万5000円、Pre-School/138万2000円、Primary School/138万2000円、そのほか技術料/1万円、施設開発費/7万5000円、保険料/1万8000円、校友会費/1万円、PTA費/3000円 ※別途、入学金/21万円
サマープログラム:あり
入試データ
出願条件G3以上のクラスは、入学するセクショ ンの授業を理解できる語学力・能力が必要
出願期間定員に空きがあれば随時対応
出願料2万円
入試時期定員に空きがあれば随時対応
試験内容入学試験はないが、面接とトライアル参加は必要。2〜4才クラスのトライアルは9〜13時、5才以上は8時45分〜15時30分。言語能力、学力レベル、一般的な適性などを観察し、その後インタビュー

「神戸ドイツ学院インターナショナル」公式サイト




7,575Fans
3,592Followers
273Followers
  1. 【朝日新聞】「モモ」から「こども六法」まで…厳選した子ども向け書…

  2. 【U-18共創フェス】デザイン思考で課題解決に挑む…起業を1日で体験…

  3. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  4. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  5. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  1. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  4. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  5. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

イベントカレンダー

february, 2023