【QSアジア大学ランキング2021】687大学中「東大」は11位、日本の108校中65校がランクを下げる

過去最大の687大学をランキング

英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ」(QS)は、毎年恒例の「QSアジア大学ランキング2022年度版」を、2021年11月2日(火)に発表しました。

今回のランキングでは、2021年版の650大学を超える687大学がランクインし、過去最大規模のリサーチとなっています。国別のランクイン数では、中国本土が126校でトップ、日本からは108校がランクインし、インド(117校)に次ぐ3位につけています。

■首位は4年連続のシンガポール国立大学

ランキングトップには、4年連続で「シンガポール国立大学」が選出。各指標でフルスコアに近い数値を獲得し、盤石の評価を確立している状況です。2位は昨年の7位より一気に順位を上げた「北京大学」、3位は同率で「香港大学」と「南洋理工大学」(シンガポール)が並びました。5位は前回の2位からランクを落とした「清華大学」、8位にはマレーシア随一の名門「マラヤ大学」が入っています。

日本の大学の最高位は11位につけた「東京大学」で、前回調査の15位から4ランク上昇する健闘を見せました。次点は、15位に入った「京都大学」、続いて21~23位は、順に「東京工業大学」、「大阪大学」、「東北大学」と日本の国立大学が3校連なっています。

■ランキングの基準は11の指標から算出

QSアジア大学ランキングでは、下記の11種類の指標で各大学のパフォーマンスを比較しています。各指標は均一に適用されるのではなく、カッコ内の比率に基づいて按分されます。

  1. 学術的評価 Academic reputation(30%)
  2. 雇用主による卒業生の評価 Employer reputation(20%)
  3. 学生比率による教員のフルタイム雇用割合 Faculty/student ratio(10%)
  4. 国際研究ネットワーク International research network(10%)
  5. 論文の引用数 Citations per paper(10%)
  6. 教員の論文数 Papers per faculty(5%)
  7. 博士号を持つ教員の割合 Staff with a PhD(5%)
  8. 海外からの教員の割合 Proportion of international faculty(2.5%)
  9. 海外留学生の割合 Proportion of international students(2.5%)
  10. 国内大学との学位交換プログラムによる学生割合 Proportion of inbound exchange students(2.5%)
  11. 海外からの交換留学プログラムによる学生の割合 Proportion of outbound exchange students(2.5%)

■日本は108校中65校がランクダウン

上記の指標別に見ると、日本のトップ校である東京大学は、学術的評価と雇用主による評価でフルスコア、国際研究ネットワークでもほぼ満点(99.8)を獲得しています。いっぽう、海外からの教員や交換プログラムの学生の比率は低調な評価に終わっており、トップ10に一歩届かなかったマイナス要因と言えそうです。

ランキング最新版では、「立命館大学」(141位→127位)や「長崎大学」(169位→141位)のように、大幅に順位を上げた日本の大学もありますが、昨年よりランクダウンしたケースは108校中65校を数え、日本の大学教育全体が好転している状況とは言い切れません。

■シンガポール、マレーシアが高く評価

トップ50の動向を見ると、ランキングへの参加校が少ないマレーシアですが、その中で5校が50位以内に入り大学教育の質の高さがうかがえます。シンガポールは、わずか3校しかランクインしていないものの、1位と3位に入るというずば抜けた評価を得ています。同じく東南アジアより、昨年から7つ順位を上げたチュラロンコン大学(タイ)は、2年連続で最高位を更新し、成長軌道に乗っている大学です。

「QSアジア大学ランキング2022」トップ50

※カッコ内は2021のランキング

  • 1位(→1位)…シンガポール国立大学 National University of Singapore (NUS) (シンガポール)
  • 2位(↑7位)…北京大学 Peking University(中国)
  • 3位(↑4位)…香港大学 The University of Hong Kong(香港)
  • 3位(→3位)…南洋理工大学 Nanyang Technological University(シンガポール)
  • 5位(↓2位)…清華大学 Tsinghua University(中国)
  • 6位(↓5位)…浙江大学 Zhejiang University(中国)
  • 7位(↓6位)…復旦大学 Fudan University(中国)
  • 8位(↑9位)…マラヤ大学 Universiti Malaya (UM)(マレーシア)
  • 9位(↓8位)…香港科技大学 The Hong Kong University of Science and Technology(香港)
  • 10位(→10位)…上海交通大学 Shanghai Jiao Tong University(中国)
  • 11位(↑13位)…香港中文大学 The Chinese University of Hong Kong (CUHK) (香港)
  • 11位(↑15位)…東京大学 The University of Tokyo(日本)
  • 13位(↓11位)…高麗大学 Korea University(韓国)
  • 14位(↓12位)…韓国科学技術院 KAIST – Korea Advanced Institute of Science & Technology(韓国)
  • 15位(↑17位)…京都大学 Kyoto University(日本)
  • 16位(↑21位)…延世大学 Yonsei University(韓国)
  • 17位(↓16位)…成均館大学 Sungkyunkwan University(SKKU) (韓国)
  • 18位(↓14位)…ソウル大学 Seoul National University(韓国)
  • 19位(→19位)…台湾大学 National Taiwan University (NTU) (台湾)
  • 20位(↓18位)…香港城市大学 City University of Hong Kong(香港)
  • 21位(↓20位)…東京工業大学 Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech) (日本)
  • 22位(→22位)…大阪大学 Osaka University(日本)
  • 23位(→23位)…東北大学 Tohoku University(日本)
  • 24位(→24位)…漢陽大学 Hanyang University(韓国)
  • 25位(→25位)…香港理工大学 The Hong Kong Polytechnic University(香港)
  • 26位(→26位)…浦項工科大学 Pohang University of Science And Technology (POSTECH) (韓国)
  • 27位(↑28位)…マレーシアプトラ大学 Universiti Putra Malaysia (UPM)(マレーシア)
  • 28位(↑32位)…名古屋大学 Nagoya University(日本)
  • 29位(↑31位)…九州大学 Kyushu University(日本)
  • 30位(↓29位)…北海道大学 Hokkaido University(日本)
  • 31位(↓27位)…中国科学技術大学 University of Science and Technology of China(中国)
  • 32位(↓30位)…南京大学 Nanjing University(中国)
  • 33位(↑35位)…マレーシア国民大学 Universiti Kebangsaan Malaysia(マレーシア)
  • 34位(↓33位)…国立清華大学 National Tsing Hua University(台湾)
  • 35位(↓34位)…マレーシア科学大学 Universiti Sains Malaysia (USM) (マレーシア)
  • 36位(↑43位)…チュラロンコン大学 Chulalongkorn University(タイ)
  • 37位(↑38位)…武漢大学 Wuhan University(中国)
  • 38位(↑39位)…マレーシア工科大学 Universiti Teknologi Malaysia(マレーシア)
  • 39位(↓36位)…慶熙大学 Kyung Hee University(韓国)
  • 40位(→40位)…早稲田大学 Waseda University(日本)
  • 41位(↑42位)…成功大学 National Cheng Kung University (NCKU)(台湾)
  • 42位(↓37位)…インド工科大学ボンベイ Indian Institute of Technology Bombay (IITB)(インド)
  • 43位(↑44位)…マヒドン大学 Mahidol University(タイ)
  • 44位(↓41位)…中山大学 Sun Yat-sen University(中国)
  • 45位(↑47位)…インド工科大学デリー Indian Institute of Technology Delhi (IITD)(インド)
  • 46位(↓45位)…慶應大学 Keio University(日本)
  • 47位(-)…国立陽明交通大学 National Yang Ming Chiao Tung University(台湾)
  • 48位(↑53位)…同済大学 Tongji University(中国)
  • 49位(→49位)…筑波大学 University of Tsukuba(日本)
  • 50位(↓48位)…国立台湾科技大学 National Taiwan University of Science and Technology (Taiwan Tech) (台湾)

QS Asia University Rankings 2022公式サイト


【QS Asia University Rankings 2022】

  • 調査元:クアクアレリ・シモンズ(QS)
  • 公表日:2021年11月2日(火)
  • 大学数:687校
 

関連記事

  1. 【東海大学】2023年問題に着手…16年度よりハワイ大と連携し米国式医学教育プログラム導入

  2. 【筑波×お茶の水】両附属高でキャリア教育実施、双方の協定校へ海外留学など大学間連携締結

  3. 【芝浦工業大学】2022年度から3年間、学部入学する女子学生130名を対象に入学金相当28万円を給付

  4. 【大学入試2016】立命館大学が中韓に2年間留学するプログラムを強化、新AO入試で5名募集

  5. 【上智大学】アフリカの現在がわかるオンライン「アフリカ・ウイークス2021」〜5/25

  6. 【お茶の水女子大学】理系選択をオンラインで支援「女子中高生のための第1回グローバル講演会」7/18

  7. 【長崎国際大学】14年度に人間社会学部国際観光学科「グローバルツーリズムコース」を開設

  8. 【11月15日】神戸大学で9大学が参加するシンポ「大学が育成するグローバル人材とは」開催

  9. 【鳥取環境大学】10ヵ国のスタッフが先生に…小学生以上であれば無料利用できる「英語村」

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X