UWCシンガポール(United World College of South East Asia)

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

「UWCシンガポール」(United World College of South East Asia)は、シンガポールのビジネス地区の西にあるクレメンティ地区にある「ドーバーキャンパス」(11ヘクタール)と北東部の「イーストキャンパス」(5.5ヘクタール)の2つのキャンパスからなる、K1〜G12までの5566名が通う大規模なインターナショナルスクール。

1971年、リー・クアンユー首相は旧セントジョンズ陸軍学校の敷地内に「シンガポール・インターナショナルスクール」を開設。1975年にUWCの加盟校となり(学校名をUWC South East Asiaに改名)、1977年にIB校となりました。

2020年には570名が卒業し、IB DPの平均スコアは38点、40パーセントが40点以上を獲得し、世界17ヵ国の大学に進学しています。

UWCシンガポール
校長:Carma Elliott
創立年:1971年
住所:ドーバーキャンパス/1207 Dover Road, Singapore 139654、イーストキャンパス/1 Tampines Street 73, Singapore 528704
生徒数:K1〜G12/5566名(Infant School/615名、Junior School/1333名、Middle School/1377名、High School/2241名)
学校の種類:通学制および寮(通学生と寮生の割合は17.31:1、G8〜11のみ通学もしくは寮通学を選べる)、3学期週5日性
教育認定機関:IB, CIS, Cambridge, Edexcel, WASC
外国籍の生徒:約13人にひとりが外国人(65国籍)
日本人の生徒:319名
留学の可否:現在留学可能
カリキュラムなど:G6〜G10/(I)GCSE、IB DP
課外活動:芸術パフォーマンス(バレエ、合唱、ドラマ、ダンス、オーケストラ、ジャズバンドなど)、アート(アニメ、書道、絵画など)、ボードゲーム、チェス、プログラミング、数学、ボクシング、フェンシング、空手、ヨガ、ディベート、模擬国連、生徒会、バトミントン、バスケットボール、ラクロス、サッカー、水泳、陸上競技など
卒業後の進路:2020年は、シンガポール、イギリス、米国、オランダなど世界17ヵ国の大学に進学(日本は早稲田、慶応、ICUなど)
学費(年間):授業料:K1〜G1/3万1500シンガポールドル、G2〜G5/3万1935シンガポールドル、G6〜G10/3万7300シンガポールドル、G10〜G12/3万8955ドル、技能開発税:K1〜G1/8130シンガポールドル(初年度)、2年目以降4070シンガポールドル、寮費/3万6700シンガポールドル、アメニティ基金(G8〜G12)/300シンガポールドル ※入学金(1回のみ)/4900シンガポールドル
サマープログラム:なし
奨学金制度(年間):奨学生は105名
入試データ
出願条件K1〜G11に適合する年齢であること
出願期間8月入学と1月入学があり、学年・通学生もしくは寮生などにより出願時期は異なる
出願料1つのキャンパスへの申請/615シンガポールドル、2つのキャンパスへの申請/1230シンガポールドル、寮生/825シンガポールドル
入試時期出願がオープンしてから、随時試験を個別に実施
試験内容書類審査、面接
求められる英語力授業についてこられるだけの英語力が必要。英語サポートクラスあり

「UWCシンガポール」公式サイト




7,575Fans
3,587Followers
273Followers
  1. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  2. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  3. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  4. 【ハーバード大学2023】単位を取得しない2週間、単位取得が可能な7…

  5. 【タフツ大学2023】期間や受講形態・単位取得など豊富な選択肢を用…

  1. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  4. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  5. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

イベントカレンダー

february, 2023