エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京(EOS LRC Tokyo)

TOEFLレベルチェック

「エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京 Elite Open School Learning Resource Center Tokyo (EOS LRC Tokyo)」(東京・渋谷区)は、G5〜12を対象としたインターナショナルスクールです。

本校は、米国・カリフォルニア州にある「Elite Open School」となり、EOS LRC Tokyoはその東京キャンパスとして、「Elite Educational Institute of Japan(株)」が2016年に開校。

Elite Educational Institute of Japanは、EOS LRC Tokyo以外にも、海外大学進学を目指すインターナショナル生などに向けた、SATやACT対策などを行う予備校(Prep)プログラムも提供している

米国の高校卒業資格や日本の大学入学資格も得られる「WASC」(Western Association of Schools and Colleges、米国西部地域私立学校大学協会)と、初等・中等教育機関認定機関「Cognia」による認証を受けている米国式インターナショナルスクールなので、卒業後は米国、英国、日本などの大学に進学することができます。

■米国本校と同じ授業が受けられるハイブリット型スクール

EOS LRC Tokyoは、G5(日本の小学5年生の9月以降生まれ)〜G12(高校3年生)を対象としたスクールで、出願条件には「学年に見合う英語力があること」とありますが、ESL(英語学習)サポートも提供しているので、必要だと思う場合は問い合わせてみるといいでしょう。

生徒は原則的に週に5日間(月曜日〜金曜日)、東京・代官山のキャンパスに登校しますが、授業はすべてオンラインのデジタルカリキュラムで提供されるので、登校が難しい場合は、自宅学習も可能です。

[cap] EOS LRC Tokyoは、アメリカの学制である9月に新学期がスタートし、6月が卒業時期

わからないことがあれば、東京キャンパスとアメリカ本校にいる先生から指導とサポートを受けることができ、また、授業の理解度や成績についても適宜フィードバックされるので、効率的かつ効果的に学習を進めていくことが可能です。

クラスルームは無学年制となっているので、自分と異なる学年の生徒とも同じ目線でネットワークを築くことができ、予備校(Prep)プログラムに通っている他校のインター生たちとのつながりも築くこともできます。

学校は15時には終わるので、それ以降の時間は趣味やスポーツ、アートなどのアクティビティに時間を費やすこともできますよね。

■生徒の理解度に応じた柔軟なカリキュラム

EOS LRC Tokyoの最大の特徴は、年齢に応じた学年のカリキュラムではなく、それぞれの子どもの学習レベルに適応した内容を調整して提供していること。

生徒一人ひとりの理解度に応じた授業プランニングを行い、「Blended Learning」と呼ばれる、デジタルカリキュラムを個人のペースで学んでいくシステムを導入しています。

一斉授業のようにクラス全体のペースではなく、個々のペースで学びを深めていくことで、より難易度の高い内容にもじっくりコミットすることができ、世界のトップ大学を目指す生徒も適切にサポートされるしくみとなっています。

EOS LRC Tokyoならではの強みを活かすことで、スポーツや芸術系の進路を考えている人、トップ大学を目指す人など、すでに目標が定まっている人には効率的に通えるスクールだと言えるでしょう。

■大学進学に有利な単位取得も可能

EOS LRC Tokyoでは、G5〜12はカリフォルニア州の学習要項に則ったカリキュラムを提供しており、G9〜12の高校4年間は、カリフォルニア大学公認の「UC a-g Approved」(標準レベル授業)と「UC Approved Honors」(ハイレベルな授業)も提供。

UC Approved Honorsでは、APの代わりとなる単位取得(英語、科学、歴史)が可能ですし、さらに高校在学中に大学の単位を取れるシステム「Dual Credit」を活用すれば、英語、数学、科学、歴史、言語などの教養科目も受講できるので、大学進学に有利になるよう単位を取得しておくことも可能となっています。

なお、AP授業も提供しており、以下の科目を受講することができます。

  • English Language and Composition
  • English Literature and Composition
  • Calculus AB, BC
  • Statistics
  • Spanish, French
  • Biology, Chemistry, Environmental Science
  • Psychology
  • Microeconomics
  • Macroeconomics
  • US History
  • US Government and Politics
  • Computer Science A
  • Computer Science Principles

■ミネルバ大学に進学できる認定プログラムも開始

さらに高校の特別コースとして、2021年度より「ミネルバ・バカロレア Minerva Baccalaureate」の提供も開始。

ミネルバ・バカロレアは、分野を超えたリベラルアーツや科学教育に基づき、21世紀の複雑な社会を生きるグローバルリーダー育成のために設計された大学準備プログラムで、高校の教育課程と組み合わせて提供されます。個別学習とアクティブラーニング、的確なフィードバックや評価が得られる、世界標準のオンラインプログラムとなります(別途、年間約300万円の受講料が必要)。

ミネルバ・バカロレアを修了し、高校を卒業することでミネルバ大学への入学が確定し、さらにミネルバ大学での32単位が先取り取得できるので、ミネルバを志望する人には最適なプログラムです。

EOS LRC Tokyoでは、ミネルバに限らず、アイビーリーグをはじめとする世界のトップ大進学のメソッドを備えているので、ひとり一人に合った進路に向かって学ぶことが可能です。

現在は、毎月オンラインで学校説明会やプログラム紹介セミナーを開催しているので、興味のある人はまずこちらに参加してみてはいかがでしょうか。

EOS LRC Tokyo
校長:Rina Park
創立年:2016年
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-31-18 高倉第七マンション303
学校の種類:G5〜12を対象とした米国学制インターナショナルスクール
教育認定機関:WASC、Cognia
カリキュラム:AP、UC Approved Honors、UC a-g Approved、Dual Credit
卒業後のおもな進路:米国、英国、日本などの大学
学費:1万6000ドル ※別途入学金は10万円
サマープログラム:あり
入学案内(2021年度)
出願条件G5〜12の学年に見合う英語力があること(満10才から出願可能)
出願時期随時
出願料なし
入試時期随時
試験内容要問い合わせ
難易度要問い合わせ
求められる成績入学面接およびテストで米国基準のG5の学習力が認められれば、年齢に達してなくとも入学を許可する
問い合わせ先tokyo@eliteopenschool.org、問い合わせフォーム

「EOS LRC Tokyo」公式サイト

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,441Followers
125Followers
  1. 【セブ・ジュニアキャンプ2022冬】生活面やメンタルもサポート…中1…

  2. 【PEACE WALK】アプリで気軽に参加…歩くことが難民支援につながるチ…

  3. 【グローバルフェスタ2022】世界と未来につながる、国内最大級の国…

  4. 【東京都立大】ノルウエー×UAE大使が対談…グローバル教養講座「東京…

  5. 【東洋学園大】世界とアジアの最新動向を学ぶ…全15回オンライン無料…

  1. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  2. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  5. 国際高等専門学校(International College of Technology)

september, 2022

03sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・インキュベートコース」

09sepallday【締切】高校生東南アジア小論文コンテスト

17sepallday【〆切】筑波大学「科学の芽2022」

25sepallday【〆切】「ミライの地球」 こども プレゼン・コンテスト

25sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・スタートアップコース」

28sepallday【締切】第10回高校生ビジネスプラン・グランプリ

30sepallday樫尾俊雄発明記念館「発明アイデアコンテスト2022」

30sep01:1601:16【締切】筑波大学「第10回高校生アートライター大賞」

X