沖縄クリスチャンスクールインターナショナル

「沖縄クリスチャンスクールインターナショナル」は、1957年に開校した、64年の歴史を誇るキリスト教に基づいた教育を提供しているインターナショナルスクール。

沖縄で唯一、米国団体「WASC」と「ACSI」の認可を受けており、卒業後は国内外の大学へ進学が可能で、青い海を見渡せる高台に位置した広大なキャンパスも大きな魅力となっています。

高校ではAPコースも多数受講可能で、スポーツでも国内外のインターナショナルスクール大会へ毎年参加し、受賞歴も多数あるなど、勉強にスポーツに力を発揮できるようサポートしています。

沖縄クリスチャンスクールインターナショナル
校長:小学部/Sarah Turner、中高等部/Daniel Pallmann
創立年:1957年
住所:沖縄県中頭郡読谷村字座喜味1835
生徒数:472名(幼・保/51名、小学部/209名、中等部/108名、高等部/104名)
学校の種類:通学のみ(Pre-K & Kindergarten、Elementary/G1〜5、Middle school/G6〜8、High school/G9〜12、PreK〜12)、2学期制、週5日制
教育認定機関: WASC、ACSI
外国籍の生徒:20ヵ国(北アメリカ/40%、日本/45%、アジア/11%、ヨーロッパ/1.5%、オセアニア/1.5%、南アメリカ/1%)
カリキュラム:Honorsコースが3科目、APコースは9科目(その他希望するAPコースがあれば受講可能)
課外活動:バスケットボール、バレーボール、チアリーディング、クロスカントリー、サッカー、陸上、チェス、ジャーナリズム、奉仕、聖書、日本語、ロボット工学、フロアホッケークラブなど。大阪、石垣島、台湾への旅行、県内キャンプなども実施
卒業後の進路:北米やヨーロッパ、オセアニアの大学のほか、早稲田大、慶應大、上智大、ICU、大阪大、筑波大など
学費(年間):87万円、別途諸費
サマープログラム:あり
入試データ
出願条件授業についていける英語力は最低条件
出願期間入学希望日の3ヵ月くらい前から(中高は随時募集)
出願料1万5000円
入試時期随時
試験内容面接とオンラインによる英語の学力テスト
求められる成績6割以上のスコア

「沖縄クリスチャンスクールインターナショナル」公式サイト

     

    関連記事

    1. 【学ぶKL12】小学校はどう選ぶ…? いろいろ見学して小さなIBスクールに決めたふたつの理由

    2. 聖ミカエル国際学校

    3. 京都インターナショナル・ユニバーシティー・アカデミー

    4. 立教英国学院

    5. 【海外教育機関】慶応、早稲田、立教、公文…海外にある日本の寮制高校に進学するメリットは?

    6. ラグビー・スクール <ザ・ナイン>

    7. ホチキス・スクール<テンスクール>

    8. 神石インターナショナルスクール

    9. 聖心インターナショナルスクール

    グローバルエデュのプラン
    7,495Fans
    2,547Followers
    40Followers

    october, 2021

    29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

    05octallday05novおにぎりアクション2021

    31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

    X