【上海】国際学習到達度調査「PISA」でダントツ世界1位…上海の「学力」はなぜ伸びたのか

世界最強の「教育都市」上海

中国経済の中心地、上海。眩いネオンと光煌めく街、上海。

その上海の意外と知られていない顔、それは世界トップレベルの「教育都市」であるということです。

今回は、「経済協力開発機構」(OECD)が実施している国際学習到達度調査「PISA」(Programme for International Student Assessment)をもとに、上海の教育力を探っていこうと思います。

PISAは、65ヵ国(パートナーシップ加盟国含む)満15才51万人の生徒を対象に3年に1度行われている調査で、最新の結果は12年のもの。

日本は、「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」の全3科目で前回を上回りましたが、上海は近年フィンランドが席巻していた世界学力1位の座を、全科目で2位以下に大差をつけて独占。

2012年に実施された「PISA」の国別間のスコア結果。

12年に実施された「PISA」の国別スコア結果。

09年に上海がOECD経済協力パートナーシップとして参加した際も、すべての科目で1位を記録。

他の中国の都市では、香港特別行政区が数学で3位、科学で2位と好成績を打ち出しています(12年度調査)。

※「PISA」では多くの国は参加生徒を無作為に抽出していますが、上海や香港は中国の一都市としての結果となります。富裕層が多く高度な教育が受けられる地域なので単純に他国と比較できないとの見解もあります。

上海の学力が伸びている理由

なぜ、上海がここまで子供たちの学力を伸ばし、維持しているのか。

上海など中国の大都市近郊にはエリート教育をおこなう「教育重点校」があり、授業時間も香港とともに世界でもっとも長い都市のひとつ。

また、すべての学校が「英才クラス」を設置しており、優秀な子供には差別化した教育課程を提供しています。

上海の公立小学校の教室。

上海の公立小学校の教室。

生徒に学校選択権を与えている地域が多いので、生徒や学校間の競争が激しく、小学校高学年から進学競争が展開されています。

上海3

さらに、上海を中心とする沿岸部の各都市では優秀な人材が教職に集まり、学校の競争力を高めています。教師の社会的地位も高く、その勤務評価体制も明白。

中国では大卒は超エリート街道を踏み出すための第一歩で、重要なのは名門大学への一歩を早い段階からスタートさせること(その初期にあたる15才前後において、PISAが行われているのです)。

文化大革命末期の1977年、「全国統一試験」が復活した時点での大学進学率はわずか1パーセント。近年でも正確な統計はないものの、人口比ではまだまだわずかです。

早い段階からよりよい大学に入学できる進学校を選ぶことが重要視され、成績もテストごとに順位表が張り出され、自分の位置を常に確認しながら学校を選定していきます。

上海公立小学校の成績証。

上海公立小学校の成績証。

競争心が学力と個性を伸ばすカギ

いっぽう日本では、ほとんどの国公立小学校で「絶対評価」を採択しています。他者との比較ではなく、個々の努力や頑張りを重んじるのが絶対評価。

体育の徒競走や水泳などでは力の差がはっきり見てとれるにも関わらず、他の科目などではその差(成績や評価)は見えにくいしくみとなっています。

これに対して、中学校以降多く採用されているのが「相対評価」。私は、せめて小学校高学年からは相対評価に移行すべきではないかと考えています。

「相対評価は学級内に問題や亀裂を生む可能性がある」という考え方もありますが、それらは学級担任が日々指導していくことのできる差異です。

子供の得意とする教科を正当に評価することは、真の意味で学力を伸ばし、個性を伸ばすことにつながります。

子供たちの競争心を欠くことは、将来「芯のある日本人」として国際競争社会で生きていくうえでプラスにはならない…と、PISAの結果や上海における教育現場を知るにつけ実感しています。

もちろん、上海にならって長時間授業を行い、成績を張り出すことがベストとはいえませんが、こういった教育環境が世界1位の学力をつくりあげているのも現実です。

かつて、ある議員が世界と闘っている日本企業に対して「2位じゃダメなんでしょうか」との発言もありましたが、目指すものがあるからこその目標。

いまこそ日本の現状に寄り添った学校教育を再考し、「教育先進国家」として世界と対峙できる新たな教育方針へと転換する時期にきているのではないでしょうか。

文と写真/中村祐哉(中国・上海市)

 

関連記事

  1. 【イオン】マレーシア・ジョホールバルにフィンランド式知育施設「ファンペッカ」11月に開業

  2. 【清華大学】MITを超えた…最高峰&最先端高等教育から知る「学びの地」としての中国の魅力

  3. 【上海】教育熱が加速する都市部と貧困地域の教育格差も…中国初等教育の現状についてレポート

  4. 【上海】初級中国語からスタートし、中国政府お墨付きの「国家重点大学」で格安で学ぶ方法は?

  5. 【海外ニュース】コロナ禍でも英国系インターナショナルスクール開校ラッシュに沸く中国南部沿岸エリア

  6. 【上海】日本人学校からインター、現地公立校国際クラスまで…中国における学校選び

  7. 【Dot STATION】夏の北京での1週間で高校生はどう変化したか…日中の大学生が3年後の成長を語る 9/25,26

  8. 【中高生レポ25】「日中青年会議2018」(ayanoさん、東京・T高校2年生)

  9. 【北京大学】日本の高校から中国進学を選んだ理由や受験方法、予科班、寮学金、留学生の現在まで紹介

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,549Followers
40Followers
  1. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  2. 【高校留学奨学金】応募条件や派遣先、大学の進路まで4大プログラム…

  3. 【海外大学奨学金】金額や対象国など…5つの奨学金制度から最適なも…

  4. 孫正義育英財団支援金

  5. リクルートスカラシップ学術部門

  1. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  2. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  3. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  4. 名古屋商科大学 英語による国際経営教育課程「Global BBA」

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

01octallday【〆切】立教大学「GLAP奨学金2022」

05octallday05novおにぎりアクション2021

07octallday【〆切】JASSO「海外留学支援制度(学部学位取得型)2022」

09octallday10グローバルフェスタJAPAN2021

10octallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X