立教英国学院

「立教英国学院」は、ロンドンの南西に広がる緑豊かなカントリーサイドの広大なキャンパスで、小学5年生〜高校3年生までの190名が学んでいます。

イギリスにある学校であるため、英会話はもちろん、音楽や美術もネイティブスピーカーが教えているほか、ホームステイや現地校への短期留学、学期留学制度など英国の環境で学ぶ機会も用意しています。

日本の学習指導要領に基づく教育を提供しており、学年の約半数(25名)は系属校の立教大学へ進学。国公立大学やイギリスの大学へ進学する生徒も増えています。

立教英国学院
校長:岡野 透
創立年:1972年
住所:Guildford Road,Rudgwick,W-Sussex RH12 3BE ENGLAND
生徒数:190名(小学5年生〜高校3年生)
学校の種類:全寮制ボーディングスクール、3学期制、週5日制
教育認定機関: 文科省(在外教育施設認定校)
外国籍の生徒:ほぼ日本人(英国国籍を持っている生徒も少数いる)
カリキュラム:高校2年次より私立文系、国立文系、理系、英国大学進学コースのほか、IGCSE Biology, Critical Thinking, History, English Literatureの英語授業もあり。中学校では、English Communicationの授業に加えて、英語で音楽・理科の授業を実施
課外活動:ウィンブルドンテニス観戦、ロンドンの町を1日かけて見学するアウティング、生徒会が毎学期主催するショッピング、ホームステイ、現地校への短期留学、学期留学制度、ケンブリッジ研修、チェスター研修等の現地体験コースなど
卒業後の進路:立教大(指定校推薦枠25名)、早稲田大、ICU、聖路加国際大、東京大、芝浦工業大、ブリストル大、キングスカレッジ、ワーウィックカレッジ、イーストアングリア大など
学費(年間):小学部(5学年・6学年)/2万2650ポンド、中学部/2万4900ポンド、高等部/2万6100英国ポンド ※別途一時金として、入学金/3400ポンド、施設費/3510ポンド
サマープログラム(入学希望者が参加できるもの):なし
入試データ(2021年度)
出願条件中学部は、小学校を卒業もしくは6年の学校教育を受けている人、高等部は、中学校もしくは9年の学校教育を受けている人
出願期間中学部・高等部/①2020年11月9日(月)~27日(金)、②2021年1月6日(水)~15日(金)
出願料250ポンド
入試時期中等部・高等部/①2020年12月13日(日)※高等部で英国受験する人のみ12日、13日(校内1泊)、②2021年1月24日(日)
試験内容中等部/国語・算数・保護者を交えたオンライン面接、高等部/英語・数学・国語・本人へのオンライン面談(一般受験)
求められる成績高校から本格的に英語を使った授業が始まるが、意欲さえあれば入学時に高い英語力は不要

「立教英国学院」公式サイト

 

関連記事

  1. 【コロナ留学05】ロックダウンでも英国への渡航&留学は可能(ブリティッシュ・カウンシル)

  2. イートン・カレッジ <ザ・ナイン>

  3. 【英国パブリックスクール02】3才からの英語&音楽英才教育が合格の決め手に<受験&学校生活編>

  4. 国際高等学校(2022年9月開校予定)

  5. 【ダラム大学】IB、AP、A-Levelを攻略せよ…オックスブリッジにつぐ名門大の出願法を伝授!

  6. 東北インターナショナルスクール

  7. 早稲田渋谷シンガポール校

  8. シュルーズベリー・スクール <ザ・ナイン>

  9. カナディアン・インターナショナルスクール

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,547Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X