国際バカロレア認定校小学校

【聖ヨゼフ学園小学校】2017年12月に一条校の小学校で初の「国際バカロレア」PYP校に認定

創立65周年の小学校がPYP認定校へ

「聖ヨゼフ学園小学校」(横浜市)は、日本の一条校としては初となる「国際バカロレア」PYP校に、2017年12月28日(木)に認定されました。

1953年3月に創立した「聖ヨゼフ学園小学校」は、2018年度には創立65周年を迎えますが、2013年度の創立60周年の際に、これまで培ってきた校風、歴史と伝統を受け継ぎながら、つぎの60年に向かって「探究型概念学習」を中心とした教育改革をスタート。

2015年度からは、観察・調査・実験、対話・ディスカッション・プレゼンテーション、見学・体験といった「探究型概念学習」に全学年で取り組んでおり、2016年3月には国際バカロレアPYP候補校として認定されました。

【関連記事】聖ヨゼフ学園小学校がPYP候補校へ

「PYP」(Primary Years Programme)は3才から12才までを対象としたプログラムで、カリキュラムは、以下の6つの教科横断的なテーマ(セントラルコンセプト)が中心となっています。

  1. 私たちは誰なのか
  2. 私たちはどのような時代と場所にいるのか
  3. 私たちはどのように自分を表現するか
  4. 世界はどのような仕組みになっているのか
  5. 私たちは自分たちをどう組織しているのか
  6. この地球を共有するということ

上記のテーマに取り組みつつ、6教科(言語、社会、算数、芸術、理科、体育)を学習していくそうです。

聖ヨゼフ学園小学校


【聖ヨゼフ学園小学校「国際バカロレア」PYP認定校】

  • 認定日:2017年12月28日
  • 所在地:神奈川県横浜市鶴見区東寺尾北台11-1

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X