ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

【トランザブル】高い精度で翻訳と文法誤りを指摘…DeepL × Grammarly を活用した無料英文作成サービス

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

最強コンビで英文作成の負担を軽減

「スタディメーター」(東京・千代田区)は、学生のアイデアから生まれた英文作成サービス「Transable(トランサブル)」を、2023年1月13日(金)から提供開始しました。

スタディメーターは、デジタル人材育成や、オンライン学習サービスの企画・開発、新規事業開発等を支援。テクノロジーによって人の可能性を広げ、誰もが”未来への一歩”へと踏み出せるようなサポートに取り組んでいる

Transableでは、自動翻訳には「DeepL」、文法チェックには「Grammarly」のAPIを活用しているため、高い精度で翻訳と文法誤りの指摘を実現。

入力した日本語文を英語文に自動翻訳すると同時に、翻訳された英語文の文法チェックも行うことが可能。また、完成した英語文を日本語文に逆翻訳して、意図した通りの英語文が作成できているかどうかをすぐに確認することができます。

登録不要で無料で使用できる

「Transable」は、ユーザ登録不要で誰でも利用することができ、以下の3つの作業を1画面で行うことができます。

  1. 入力した日本語文を英語文に翻訳
  2. 自動翻訳された英語文に対して文法をチェック
  3. 完成した英語文を日本語文に逆翻訳して、意図が正しく伝わっているかどうかを確認

もともと「Transable」は、英語論文を作成するためにAI翻訳ツールを活用していたものの、単純な日英翻訳だけでは英文法に誤りが出ることや、細かいニュアンスを正確に表現できないことに課題を感じていた大学院生スタッフのアイデアから生まれたサービス。

これらの課題を解決するために、日英翻訳のあと文法チェックツールを活用した文法の修正や、日本語への逆翻訳を利用したニュアンスの調整を行うようにしたところ、翻訳の精度が高まり、英語論文を作成が可能になりました。

なお、Transablehは、立命館大学の生命科学部、薬学部、スポーツ健康科学部、総合心理学部で展開される独自の発信型英語教育「プロジェクト発信型英語プログラム(Project-based English Program: PEP)」において、AIを活用した英語学習の実証実験ツールとして導入が検討されているそう。

今後は、UI改善や、最初の日本語と逆翻訳の一致度を評価するしくみの導入や、ライティング以外の英語学習でも活用できるような機能拡張を行っていく予定です。

効率よく英文作成したい人は、まずは「Transable」で試してみては?


【Transable】

  • 提供:スタディメーター株式会社
  • 提供開始:2023年1月13日(金)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents