超穴場ボーディングスクール可児IBコース説明会12/23

数学教育や学費の安さで注目されるインド系インターナショナルスクール2校

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

東京のインターナショナルスクール │ インド系インター2校の違いは?

数学教育の水準の高さから注目を集めている、「インド系インターナショナルスクール」。

日本におけるインド系インターナショナルスクールとして、東京・江東区と横浜市にキャンパスがある「インディア・インターナショナル・スクール・イン・ジャパン」と、東京・江戸川区の「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール」の2校が知られています。

インディア・インターナショナル スクール イン ジャパン

日本でまずオープンしたのが、2004年に東京・江東区大島に開校した「インディア・インターナショナル スクール・イン・ジャパン India International School in Japan」(IISJ)。

2009年にはIISJ横浜校もオープンし、現在ふたつのキャンパスで生徒たちが学んでいます。

>> 日本にあるインターナショナルスクールの最新情報はこちら

iisj

グローバル・インディアン・インターナショナルスクール

2005年には、インド人ファミリーが多く暮らす江戸川区葛飾にほど近い瑞江に「グローバル・インディアン・インターナショナルスクール Global Indian International School」(GIIS)東京校が開校。

giis

IISJは、おもにインド人から構成されるNPOにより運営されていますが、GIISはシンガポールを拠点に8ヵ国21校を展開する文字どおりグローバルなインター。

>> 2017年8月に校舎増設し、定員を500名増員したGIIS

両校ともに英語で授業が行われ、インドで高等教育を受けるために必要となる「CBSE」(Central Board of Secondary Education、後期中等教育中央審議会)カリキュラムを採用。

インド人の生徒がインドに帰国した際も、大学教育を継続して受けられるような教育が行われています。

いっぽうで、両校の幼稚園ではモンテッソーリ教育が行われ、IISJ東京校は2013年6月に国際バカロレア「DP」認定校として登録されました。

いずれも国際的評価の高い教育法、認定資格ですが、インド式カリキュラムをベースに今後はより国際的な大学への進路が選択できる環境へ進化していくことが期待されます。

インディア・インターナショナル・スクール・イン・ジャパン 東京校
住 所 東京都江東区大島1-20-20
学 年 キンダーガーテン、エレメンタリー、ミドル、セカンダリー、シニアセカンダリー(〜Gread12)
カリキュラム 幼稚園/モンテッソーリ式、エレメンタリー/CCE(インド式)、セカンダリー/CBSE(インド式)、IBDP
学 費 60万円(初等部の年間学費)>> 最新の学費ページ
入試情報 「インディア・インターナショナル・スクール・イン・ジャパン 東京校」>> 出願ページ
グローバル・インディアン・インターナショナルスクール
住所 西葛西キャンパス/東京都江戸川区西葛西8-3-13
学年 ナーサリー、キンダーガーテン、プライマリー、ミドル、セカンダリー
カリキュラム 幼稚園/モンテッソーリ式、初等部以降/CBSE(インド式)
学費 学年やカリキュラムにより異なるが、小学生の場合は年間約130万円 >> 最新の学費ページ
入試情報 グローバル・インディアン・インターナショナルスクール」アドミッションページ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents