【シンガポール】ITから料理まで…ハイテクで国際色豊かな内容が魅力の「キャンプ・アジア」

国際色豊かなキッズプログラム

シンガポールって、じつはハワイにつぐサマープログラムの穴場である…ということをご存知でしたか?

シンガポールといえば多民族文化、そして移民国家。そして、なんと全人口の28パーセント以上が外国人なのです。

国民の内訳は74パーセントが中国系、13パーセントがマレー系、9パーセントがインド系、4パーセントがその他。

こうしたデータからもわかるように、じつにさまざまな人種、文化的背景を持つ人々が集まった国なんですね。

そんなシンガポールでは、サマープログラムにも国際色豊かな子供たちが集まっているのが特徴。

オススメは、インターナショナルスクールを運営する組織が主催する、キッズ向けプログラム「キャンプ・アジア Camp ASIA」。

スポーツからIT、料理に中国語レッスンなど、個性豊かなプログラムを1週間単位から楽しめる夏のキャンプです。

【Camp ASIA 特徴】

  • 有名シェフによる料理教室からIT系クリエイティブ、中国語レッスンまで、多民族&ハイテク都市・シンガポールらしいラインナップ
  • 参加は1週間単位となり、対象年齢も2才〜14才まで幅広い
  • 会場となるのは、最新鋭の有名インターにて。キホン的な英語力は必須

CampAsia-5

キャンプ・アジアがスタートしたのは、2012年4月のこと。

学校が休みの間「子供たちが思いっきり好きなことをして楽しめるプログラムがあればいいのに…」という親の要望に応え、「コグニータ Cognita」という学校運営団体が主催しています。

今夏は、以下のような5つプログラムを実施。う〜ん、これは楽しそう!

      • マルチアクティビティ・キャンプ…多彩な活動が楽しめる
      • スポーツスター・キャンプ…スポーツに特化したプログラム
      • スーパーシェフ・キャンプ…有名シェフがプロデュースした料理専門プログラム
      • テック・サ―ヴィ・キャンプ…デジタル技術を使ってアニメーションやビデオを作成
      • ミニ・マンダリン・キャンプ…中国語を基礎から学べる

キャンプの会場となるのは、最新設備を誇る「スタンフォード・アメリカン・インターナショナル・スクール Stamford American International School」と、「オーストラリアン・インターナショナル・スクール Australian International School」にて。

CampAsia-1

参加者も、イギリス、アメリカ、オーストラリアなど英語ネイティブの子供たちや、地元シンガポール人が多く、英語を学ぶためのキャンプではありません。

でも、身体や手を動かすアクティビティが中心なので、英会話に自信がなくても大丈夫。

ただし、たとえば体調がよくないときなど、キホン的なコミュニケーションがとれる程度の英語力はあったほうがベターとのこと。

日本人の参加者は、いまのところ多くはないけれど実績はあるそうです。

CampAsia_sfuff2
↑キャンプ・アジア・マネージャーのAlexandra Debargeさん(左)とコグニータのマーケティング・ディレクター Kate Jeffreyさん(右)。

詳細はこちらから▶▷

【CAMP ASIA】

  • 日程:2013年7月22日(月)~8月16日(金) *6月~7月初旬、10月、12月にも実施
  • 期間:4週間(プログラムにより期間が異なる。1週間単位で参加可能)
  • 時間:9時~13時(半日コース)、9時~15時(全日コース)
  • 対象:2才~11才(プログラムにより異なる)
  • 会場:「スタンフォード・アメリカン・インターナショナル・スクール Stamford American International School」
  • 送迎:50 Sドル/1週間で、国内各所からの送迎バスが利用可能。ただし、半日コースは往路のみ
  • 料金:425 Sドル/1週間~

関連記事

  1. 【学ぶKL07】礼拝やハラール、服装ルールまで…いまこそ知っておきたい「イスラムの習慣」

  2. 【海外ニュース】シンガポールのEdTech企業が5つの世界大学ランキングを単一指標で再評価

  3. 【学ぶKL09】「ラマダン」明けのお祝いムードに包まれるマレーシアの「いま」をお届け!

  4. 【THE アジア大学ランキング2018】1位シンガポール国立大学、8位東大、トップ10に香港3校

  5. 【GLC】合格に必要な情報が満載…全国4ヵ所で「海外大進学ワークショップ」2017年7月開催

  6. 【海外大学進学】御三家「武蔵」が一石を投じる、5年間1380時間「英語で教える科学」

  7. 【上海】教育熱が加速する都市部と貧困地域の教育格差も…中国初等教育の現状についてレポート

  8. 【インターナショナルスクールフェア2020】自宅からマレーシアの学校とつながる 8月&11月

  9. 【韓国教育事情01】なぜ韓国人は英語を熱心に勉強し、英語力も向上しているのか

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,206Followers
40Followers
  1. 【THE世界大学ランキング日本2021】1位東北大、2位東工大、3位東大……

    2021.05.11

  2. 【宇宙教育シンポジウム2021】「宇宙教育とICT~新たな学びのツール…

    2021.05.11

  3. 【IIBCエッセイコンテスト2021】高校生対象「私を変えた身近な異文…

    2021.05.11

  4. 【フルブライト2022】2021年は25名が選出…手厚いサポートが魅力の米…

    2021.05.06

  5. 【東京都】施設改修費2.6億&賃料全額補助…2022年度に開業する立川…

    2021.05.06

  1. 【海外教育機関】慶応、早稲田、立教、公文…海外にある日本の寮制高…

  2. 【英国パブリックスクール01】世界のセレブ子女が集う超名門寄宿学…

  3. 【清華大学】MITを超えた…最高峰&最先端高等教育から知る「学びの…

  4. 【学ぶKL12】小学校はどう選ぶ…? いろいろ見学して小さなIBスクー…

  5. 【インド系インターナショナルスクール】数学教育や学費の安さで注…

may, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

X