【バンコク】「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」を選んだ理由

  • セント・アンドリュース・インターナショナルスクール・バンコク
  • 設立:1997年
  • 住所:9 Pridi Banomyong 20/1 Sukhumvit Soi 71 Prakanong Bangkok
  • カリキュラム:英国式カリキュラム、IGCSE(Year10〜11)、国際バカロレア「DP」(Year12〜13)
  • 学年:アーリーイヤーズ(2〜4才)、プライマリー(5〜11才)、セカンダリー(12才〜)
  • 学期ごとの学費:ナーサリー/6万4900バーツ(週3日)〜、キンダーガーテン/9万8700バーツ(半日)〜、レセプション〜Year2/12万9000バーツ、Year3〜6/13万5000バーツ、Year7〜9/14万2000バーツ、Year10/15万3000バーツ、Year11/15万3000バーツ、Year12、13/16万2000バーツ
  • 入学金:ナーサリー〜プライマリー/12万バーツ(ふたりめの子供は11万バーツ)、ハイスクール/6万バーツ(ふたりめの子供は5万バーツ)
  1. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」を選んだ理由
  2. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」に入学するまで
  3. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」授業編&今後の課題

バンコクにはたくさんの学校がある

世界的な大企業が進出しているバンコクでは、大勢の外国人が暮らしているため、インターナショナルスクールをはじめとするたくさんの学校があります。

日本企業も数多くあり、日本人学校や日本人経営の幼稚園、バイリンガル幼稚園など選択肢は豊富です。

わが家が6才の息子と4才の娘とバンコクへやってきたのは、2012年5月のこと。

世界にはたくさんの人種や言葉、文化があることを感じてほしいと思い、子供と相談したうえでインターナショナルスクールに通わせることにしました。

日本にいる間に、バンコクのインターナショナルスクールの情報をネットでサーチ。

ブログや学校のホームページ、情報サイト「International Schools in Thailand」などを参考に、学校までの距離と、先に何校か見学していた夫の印象をもとに2校にしぼりバンコクへ。

バンコク到着後、最初に見学に行った1校めでは「息子の学年はウェイティングとなり、いつ入れるかわからない」との返答が。

はじめての海外生活で英語の環境ともなると、不安もあるはず…

そこで、9月の新学期からふたりそろって入学できる、もう1校の「セント・アンドリュースインターナショナルスクール・バンコク」に決めました。

わが家が選んだ「セント・アンドリュース」

セント・アンドリュース・インターナショナルスクール・バンコク St. Andrews International School Bangkok」は、イギリス式カリキュラムを採用しているインターナショナルスクール。

↑ナーサリーから高校まで、37ヵ国429名の子供たちが通っています。

↑ナーサリーから高校まで、37ヵ国851名の子供たちが通っています。

1997年の設立当初は個人運営の小さな幼稚園からスタートしましたが、現在ではナーサリーから高校生まで受け入れています。

キャンパスはふたつあり、子供たちが通っているのは「バンコク」キャンパス。

バンコクの都心部にあり、ナーサリーからハイスクール(Year13)までの子供たちが学んでいます。

St.Andrews01-4

もうひとつの「ドゥシット Dusit」キャンパスは、ナーサリー(2才)からYear4(8才)までの子供たちが通っています。

バンコクキャンパスは広くはありませんが、オフホワイトを貴重とした校舎はとても明るく開放的。

St.Andrews1-11

St.Andrews01-2

屋内体育館、25メートルプール、サッカー場、ドラマスタジオも備えています。

↑校内にはセキュリティースタッフもたくさんいるため、安心して過ごすことができます。

↑校内にはセキュリティースタッフもたくさんいるため、安心して過ごすことができます。

St.Andrews1-10

また、タイには子供好きな人が多いこともあり、子供たちは授業などで接することがないスタッフとも笑顔であいさつを交わしています。

2〜4才は「アーリーイヤーズ Early Years」と呼ばれるステージとなっていて、ナーサリー(保育園)、キンダーガーデン(幼稚園)、レセプション(4〜5才)が設けられています。

そのうえには、5〜11才を対象とした小学校「プライマリー Primary」(キーステージ1、2)、12才からは「ハイスクール High School」(キーステージ3〜5)があります。

バンコクにおけるインター選びのコツ

バンコクで学校を選ぶときに忘れてはならないのが、交通渋滞。

通学の際に渋滞する道路があると、普段なら30分の道のりが帰宅時には1〜2時間かかることもあります。

小さな子供がトイレもない車中で何時間も過ごすのはかわいそう。

また雨季には突然大雨が降り、ひどいところでは道路の水があふれて膝までくることも。

子供たちはスクールバスを利用しているので外を歩くことはほとんどありませんが、子供が小さいうちは学校行事がひんぱんにあり、多いときは週に2、3回親が学校へ行くことも。

St.Andrews01-5-2

そんなとき、やはり学校が家から近いと便利。

学校選びの際は、スクールバスがあるかどうか、家との距離が適切かなど交通状況も確認するようにしてくださいね。

写真と文/AYA

 

関連記事

  1. 【4月29日】各国料理を満喫…サンモール・インターナショナルスクール「フードフェア2016」

  2. 【サマーキャンプ2017】アメリカ大使館宿舎内「EWAサマーデイキャンプ」(申込4/17〜)

  3. 【同志社国際学院国際部】2011年開校国際バカロレア校が定員割れで17年度より生徒募集停止

  4. 【サンモール・インターナショナルスクール】恒例「クリスマスバザー2017」を楽しもう11/19

  5. 国際バカロレア【こくさいばかろれあ International Baccalaureate】

  6. 【10月26日】「ケイ・インターナショナルスクール東京」の学園祭「KISTival」

  7. 【ブリティッシュスクールイン東京】キッズコーナーも充実「スプリングフェア2018」3/17

  8. 【サマースクール2014】サンモール・インターナショナルスクール(6月16日〜7月4日)

  9. 【サマースクール2014】ホライゾン・ジャパン・インターナショナルスクール(7月14日〜8月8日)

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,024Followers
125Followers
  1. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  3. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  4. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  5. 【テンプル大学】小学生〜大学生約1000名募集!英語漬けで学ぶ夏休…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X