【バンコク】「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」に入学するまで

  1. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」を選んだ理由
  2. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」に入学するまで◀
  3. 「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール」授業編&今後の課題

まずは学校見学のアポ取りからスタート

わが家の子どもたちは、2012年9月より「セント・アンドリュース・インターナショナルスクール・バンコク St. Andrews International School Bangkok」に通っています。

今回は、学校見学から入学までの流れを説明したいと思います。

 

St.Andrews2-1

まずは学校に連絡をとり、見学の日程を決めました。

見学当日は、学校内の施設を見せてもらったり、ギモンに思っていることなどを質問。

受け入れ状況を尋ねると「息子の学年(Year2)の空きは1名のみ」といわれたので、席を確保するためにすぐにApplication Fee/ひとり3500バーツ×2名ぶん(7000バーツ=約2万1800円)を支払い、入学の申し込みをしました。

後日、保護者のインタビューを実施。

日本のかしこまった面接とは異なり、子どもの性格や好きな遊び、アレルギーの有無などを伝えるラフな内容。子どもたちにもカンタンな質問があったので、私が通訳して答えました。

わが家は比較的ちゃんとした服装で参加しましたが、Tシャツ着用だったり子どもはビーチサンダルで来ているファミリーもいて、カジュアルな雰囲気。

インタビューは15分ほどで終わり、そのあとは1日体験入学(Assessment Day)の日取りを決めました。

体験入学で相性が判断されます

体験入学は、当時4才の娘は朝7時50分から12時まで入学予定の「レセプション」クラスで、6才の息子はYear2で14時30分まで過ごしました。

St.Andrews2-4

迎えに行った際、先生から「最初は戸惑っていたけど、運動の時間は同級生と楽しく過ごせましたよ」など1日の様子を教えてもらいました。

数日後、入学許可の連絡があったので、入学に必要となる書類にサインして、入学金や1学期ぶんの授業料などを支払いました。

わが家の子どもたちは英語はできませんでしたが、学校の生活に適応できるかを判断されたよう。学年が上がるとペーパーテストもあります。

St.Andrews2-2

低学年のうちは、学校の雰囲気に慣れながら英語を身につけていくことができるので、国際教育をスタートするにはタイミングも肝心です。

小学校高学年にもなると、授業の内容自体がムズカしくなるのである程度の英語力は必須に。

自分専用の英語アシスタントをつけることを条件に入学を許可される子もいれば、英語をある程度身につけてから試験を受けなおす子もいます。

入学手続きを終えたあとは、もう一度1日体験をしてから9月の新学期がスタートするタイミングで入学しました。

バンコクのインターの学費

日本では、インターナショナルスクールの入学金、授業料は高額ですが、バンコクにはたくさんのインターがあるぶん学費もさまざま。

「セント・アンドリュース」の場合、バンコクのインターのなかでも学費などは高めとなっています。

St.Andrews2-3

入学金は小学校で12万バーツ(約37万5000円)、中学校と高校で6万バーツ(約18万7000円、いずれも兄弟割引あり)。

授業料は、ナーサリー、キンダーガーデンは保育時間や日数で金額が変わりますが、レセプション(4才〜5才)から小学校は1学期につき12万9600〜13万5000バーツ(約40万3000円〜42万円)。

3ターム制なので、授業料は学期ごとに年3回払うことになります。

それ以外にも、遠足代やバス代、ランチ代、制服やクラブ代などのほか、英語が第2ヵ国語となる場合は母国語の授業料(日本語なら1ターム/1万バーツ)が別途必要に。

バス代は家までの距離で変動し、学校がある通り沿いのエリアだと1学期につき1万20000バーツ(約3万7000円)、遠方だと3万2000バーツ(約9万9000円)かかります。

学校からは、授業で使う教科書をはじめ、鉛筆、ノート、文具、ファイルなどすべて支給されるので、家からは学校指定の体操服や水着、帽子などを持参するのみで身軽に通学できます。

写真と文/AYA


【セント・アンドリュース・インターナショナルスクール・バンコク(バンコクキャンパス)】

  • 設立:1997年
  • 住所:9 Pridi Banomyong 20/1 Sukhumvit Soi 71 Prakanong Bangkok
  • カリキュラム:英国式カリキュラム、IGCSE(Year10〜11)、国際バカロレア「DP」(Year12〜13)
  • 学年:アーリーイヤーズ(2〜4才)、プライマリー(5〜11才)、セカンダリー(12才〜)
  • 学期ごとの学費:ナーサリー/6万4900バーツ(週3日)〜、キンダーガーテン/9万8700バーツ(半日)〜、レセプション〜Year2/12万9000バーツ、Year3〜6/13万5000バーツ、Year7〜9/14万2000バーツ、Year10/15万3000バーツ、Year11/15万3000バーツ、Year12、13/16万2000バーツ
  • 入学金:ナーサリー〜プライマリー/12万バーツ、ハイスクール/6万バーツ
 

関連記事

  1. 【ブリティッシュ・スクール・イン東京】桜のシーズン到来「スプリングフェア2017」 4/1

  2. 【サマースクール2015】「オキナワインターナショナルスクール」(7/27~8/14)

  3. 【1月5日〆切】「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢」15年度入試出願受付中

  4. 【サマースクール2014】LCAインターナショナルプリスクール&小学校(7月29日〜8月8日)

  5. 【サマースクール2015】アオバジャパン・インターナショナルスクール(7/20〜8/21)

  6. 【西町インターナショナルスクール】多彩な各国料理を家族で楽しむ「フードフェア2017」10/7

  7. 【サマースクール2014】北海道インターナショナルスクール・ニセコ(7月21日〜8月29日)

  8. 【北海道インターナショナルスクール・ニセコ校】2015年春期スクール参加者募集&夏期日程

  9. 【インド系インターナショナルスクール】数学教育や学費の安さで注目される、インド系2校

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,425Followers
40Followers
  1. 【みんなのルールメイキング委員会】対話を通じて校則を見直す指標…

  2. 【武蔵野美術大学】アートに触れ、問いをカタチにする…高校生オンラ…

  3. 【TOPPA 2021秋】ケンブリッジ大教授らから次世代リーダーの本質と…

  4. 【国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2021】「私たちと地球…

  5. 【AFC U-18】未来のデザイナー発掘…パルコ×バンタンによる中高生対…

july, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

04julallday「瀬戸内オーシャンズX」キックオフイベント

07julallday【〆切】新国立劇場「中高生のためのどっぷり演劇2Days オンライン」

10julallday【〆切】ローレンシャンスクール×イートン校オンラインサマースクール

11julallday【〆切】横須賀市米軍基地内メリーランド大学「ブリッジプログラム2021」

12julallday【〆切】起業力塾2021夏

14julallday15【〆切】DECA JAPAN「7月集中基礎講座」

18julalldayお茶の水大学「女子中高生のための第1回グローバル講演会」

18julallday【〆切】5DAY‘s 百森留学

20julallday【〆切】武蔵野美術大学「オンラインで学ぶ!仕事に活きるデザインの視点」

21julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座①

21julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座①

24julallday【〆切】ブラウン大生から学ぶ「日本お宝探し選手権2021夏」

25julallday美トレ2021

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル小中学生夏講座②

28julallday【〆切】ブリティッシュ・カウンシル高校生夏講座②

30jul06:1606:16【〆切】ワールド・ビジョン・サマースクール2021

31julallday【終了】「自分ごと化プロジェクト」クラウドファンディング

31julallday【〆切】KOTOWARI会津サマースクール

31julallday【〆切】Z会奨学金2022

X