【セブ高校生サマーキャンプ2022】英語漬け&休日はアイランドホッピングなどのアクティビティ満載!20名

※2022年夏の募集は終了しました

2022年夏休みは、3年ぶりにフィリピン・セブでのサマーキャンプが再開! 高校生を対象に15日間で実施されるこのキャンプは、1日約9時間英語漬けの環境に身を置くことができる「英語強化型」プログラム。英語を学ぶだけはなく、リゾートホテルのプールやセブの海で思いきり遊んだり、参加している仲間たちと共同生活をしながら、友情を深めることもできます。日本から同行する日本人スタッフやガーディアン先生が、生活面やメンタル面を手厚くサポートしてくれるので安心ですね

<セブ2022サマー15日間キャンプのポイント>

  • 2022年7月30日(土)〜8月13日(水)14泊15日間
  • 高校生20名を対象に実施される、定評と実績があるキャンプ
  • 日本から同行する日本人スタッフが参加者をサポートするので、学ぶことに集中できる
  • 2〜3名の高校生に対しガーディアンが1名つき、生活を共にしながら学習面もサポート
  • 引率サービスは成田発着便のみだが、現地集合・解散も可能
  • 1日約9時間、英語づけ環境で英語を学ぶ

お問い合わせはLINEからどうぞ

アクティビティも満載の英語キャンプ

セブ2022サマー14日間キャンプ」は、セブで7年以上にわたり実施されてきた、最多数の開催実績がある安心感のあるプログラムです。

シティーツアーでの1コマ。

対象となるのは高校生で、2022年夏は7月30日(土)〜8月13日(水)の14泊15日間で開催されます。

キャンプが実施されるのは、数多くのランゲージスクールがあるセブエリアで、開校17年目を迎える老舗スクール。日韓合同資本のスクールなので、 日本人のニーズに合わせた学習カリキュラムや生活環境作りを行なっているのも大きな特徴。また、スクールは最大収容人数350名の全寮制となっています。

セブシティにある、セブで最老舗のスクール。校舎と学校が同じビルディング内にあり、入り口にはガードマンが常駐。

学校と宿舎が同じ敷地内にあるので、生活は安全かつ便利。また、学校スタッフが部屋の掃除、洗濯をしてくれ、食事もカフェテリアで3食提供されるので、英語学習に集中することができます。

スクールの敷地内には、プールのほか、セブ島でもっとも大きなスポーツジムも併設。

英語漬けってどんな環境?

このキャンプの特徴である「英語漬け環境」では、毎日どのくらい英語を学ぶのでしょうか。平日は下記のようなスケジュールで過ごします。

  • 7時〜7時50分…朝食
  • 8時〜8時50分…1時間目(マンツーマンレッスン:ライティング)
  • 9時〜9時50分…2時間目(マンツーマンレッスン:ライティング)
  • 10時〜10時50分…3時間目(マンツーマンレッスン:リスニング)
  • 11時〜11時50分…4時間目(1対4レッスン)
  • 11時50分〜12時50分…昼食
  • 12時50分〜13時40分…5時間目(1対4レッスン)
  • 13時50分〜14時40分…6時間目(1対8レッスン:ネイティブ講師)
  • 14時50分〜15時40分…7時間目(1対8レッスン:ネイティブ講師)
  • 15時50分〜16時40分…8時間目(グループレッスン:ライティング)
  • 16時50分〜17時40分…9時間目(グループレッスン:リスニング)
  • 17時40分〜18時40分…夕食
  • 18時50分〜19時40分…10時間目(1対2レッスン)
  • 19時50分〜20時50分…スクール内アクティビティ
  • 20時30分〜22時…日本の宿題(読書、日記)
  • 23時…就寝 ※金曜のみ40分授業

朝8時から19時40分まで10コマの英語のレッスンが組み込まれ、まさに英語づくしのスケジュール! 夕食後にはスクール内でのアクティビティも設けられているので、気分をリフレッシュすることもできますね。

こんなレッスンが行われます

マンツーマンレッスンは担任制で、「聞く→考える→話す」をレベルに合せて学習。苦手な部分や弱点を重点的にわかるまで教え、段階的に英語が身につくよう授業が進められます。

グループレッスンでは、同じレベルの参加者と役割分担して行うロールプレイや、ペアを組んでゲーム方式で学習を進めていきます。

英語ネイティブ講師による少人数レッスンでは、ネイティブならではの発音・イントネーション、リアクションを学ぶほか、英語4技能をバランスよく学習し、日本人が苦手とする自己主張や積極的に発言する力も身につけていきます。

海やプール、観光でセブを満喫!

土曜と日曜は授業はお休みとなり、めいっぱいセブを満喫する時間となります。

セブ島の海を船で周遊しながら、熱帯魚やサンゴ硝をシュノーケリングで観察。

セブの島々にボートで移動し、美しい海でシュノーケリングを楽しんだり、リゾートホテルのプールで思い切り遊んだり。夏のバカンス気分も味わうこともできます。


<キャンプのスケジュール>

  • 7月30日(土)…成田空港出発→セブ空港到着→学校到着
  • 7月31日(日)…アイランドホッピング
  • 8月1日(月)…クラスわけテスト、オリエンテーション
  • 8月2日(火)〜10日(水)…授業
  • 8月6日(土)…リリゾートホテル(プール、プライベートビーチ、ランチ)
  • 8月11日(木)…セブ市内観光、ショッピング、ランチ(外食)
  • 8月12日(金)…午前/授業、午後/帰国説明会、卒業式
  • 8月13日(土)…帰国

ガーディアン先生とかけがえのない友達と出会う

平日はかなり過密なスケジュールですが、そんな子どもたちの生活を、キャンプの全期間を通してしっかり見守ってくれるのが「ガーディアン」(フィリピン人の先生)という存在。

食事は、ハンバーグ、カレー、スパゲティー、唐揚げ、炒飯など日本食が組み込まれた献立。

同性のフィリピン人先生が、子どもたちと同じ部屋(生徒2名+先生)で寝泊まりするほか、朝と晩の食事もいっしょに食べます。

サマーキャンプで使用する、3名部屋。簡素ですが清潔に保たれています。ベッド、勉強机、クローゼット、エアコン、テレビが備わっています。

部屋には、トイレ、シャワーを完備。シャワーは電気温水器を使用。

ガーディアン先生は、毎晩学習進捗をチェックし、翌日の授業がより効果的に行えるようレポートを作成。常に身近にいてくれるので、子どもの体調やメンタル面の変化もすぐに察知してくれます。

日本出発から帰国まで学校関係者の日本人スタッフが同行し、学校には常駐の日本人スタッフも2〜3名いるので、必要に応じて日本語で生活面や授業面について相談に乗ってくれます。

ガーディアン先生とずっと一緒にいるので、必然的に英語で伝える場面も増え、キャンプ終了時には必要最低限の英語の言い回しを身につけて帰国するそうです。

英語のみならず、充実したアクティビティもたっぷり楽しめる14日間を過ごすことで、秋には自信を持って英語に取り組んでいけますね!

※2022年夏の募集は終了しました

<セブ・サマーキャンプ Q&A>

Q. フィリピンの入国条件は?

6月6日時点で、1)日本または第3国へ30日以内に帰国・出国する航空券を所有していること(書面) 、②出国前48時間前以降に検査したRT-PCR検査もしくは、出国前24時間前以降に検査した抗原定性検査による英文陰性証明書(書面)*ワクチン接種条件によって不要の場合あり、3)2回以上のワクチン接種証明書の取得必須(書面) 、4)『One Health Pass』の登録、5)『Traze』アプリの登録 、6)新型コロナ感染症の治療可能な海外旅行保険 *付保証明書等を保険会社から受領してください、7)フィリピン出国の時点でパスポートの残存有効期限が6ヵ月以上あること、フィリピン大使館にてWEG申請が必要 となっています。

Q. 参加するためには、ワクチン接種は必須なの?

フィリピンに入国する際、日本の自治体が発行する「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」もしくはデジタル庁・厚生労働省が提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」が必要となります。なお、入国には、ワクチン2回目接種後14日以上が必要となりますので、これからワクチンを接種する場合は、余裕を持って7月8日くらいまでには2回目を終了されることをおすすめします

Q. 現地のコロナ対応はどうなっている?

学校では、次のような徹底的なコロナ対策を行なっています。①スタッフ出勤時検温実施および健康管理の徹底、②常時マスクの着用および消毒・うがいの徹底、③校内でのソーシャルディスタンスの確保といった対応を実施しています

Q. サマーキャンプに関わる期間中にコロナウイルスに感染してしまったら?

大変心苦しい状況ではありますが、渡航前の場合は通常のキャンセル規定どおりになります。飛行機に乗る直前や現地で陽性となった場合など、任意保険加入後の適用期間ではほとんどすべての費用は保険でカバーできると思われますが、もし保険加入がない場合などは自費での負担になります(本キャンプでは、海外旅行保険加入は必須となっています)。なお、ネット系の保険、カード信販系の保険では対応できない場合もあるようなので、保険会社の保険内容を確認のうえ加入してください

Q. 飛行機のチケットはどうやって手配すればいい?

引率サービスは、成田空港発着「フィリピン航空」セブ直行便の指定便で利用可能です。往路(433便)7月30日、復路(434便)8月13日。航空券は、学校の指定する旅行代理店から購入できます(10万円)。別途成田空港税+燃油サーチャージ代など2万5400円が必要となる予定(2021年5月現在、変更の可能性あり)

Q. キャンプ中は子どもと連絡が取れるの?

スクール到着当日に、英語学習に集中できるよう携帯電話はスタッフが預かり、金庫に保管します。子どもたちの様子は、毎日専用のフェイスブックに多数の写真をアップロードするので、そこで確認することができます


【セブ2022サマー15日間キャンプ】

  • 主催:CPILS
  • 日程:2022年7月30日(土)〜8月13日(水)14泊15日間
  • 滞在先:「CPILS」(M. J. Cuenco Ave, Cebu City, 6000 Cebu)専用寮の3人部屋 ※ガーディアン先生と同室(男女別)、1日3食(朝昼夕)学生食堂でバイキング形式で提供
  • 対象:高校生(高1〜3年生) ※海外留学保険にかならず加入していること
  • 定員:20名
  • 参加費:2400ドル ※ご請求は請求日のT.T.Sレート(三菱UFJ銀行)に準じて日本円で請求されます(授業料、宿泊、食事、アクティビティ、教科書、SSP(特別就学許可証)申請代、おやつ代、Tシャツ、セブ空港税、帰国時のPCR検査代など含む) ※航空券代(10万円)、成田空港税、燃油代(2万5400円、2022年5月時点)、海外留学保険、お小遣いは含まれず
  • キャンセル規定:出発日よりさかぼぼり21日目以降より3日前までに解約した場合/3万5000円、出発日よりさかぼぼり2日目以降より当日に解約した場合/5万5000円、出発後に解約した場合/100パーセント ※飛行機代は別途キャンセル規定あり
  • 募集締切:※2022年夏の募集は終了しました
 

関連記事

  1. 【International School of Science】20年に設立目指す理系国際高校がサマースクール開催

  2. 【1月25日〆切】世界の国際バカロレア校で学ぶチャンス「2016年度UWC奨学生」22名を募集

  3. 【スーパーグローバルハイスクール第1回全国フォーラム】SGH優良4校が事例を共有12/26

  4. 【ドイツ政府】現地の家庭や学校で学ぶ…世界の高校生と過ごす4週間無料プログラム 2/14〆

  5. 【AIE国際高等学校】15年5月に国際バカロレア候補校へ、17年に通信制高校初の認定校目指す

  6. 【9/7〆切】優秀6組は2017年NYに派遣…「第10回全日本高校模擬国連大会」参加高校生募集

  7. AIG高校生外交官プログラム

  8. 【1月19日〆切】15年はフィリピンサマール島…国境なき子どもたち「友情のレポーター」募集

  9. 【N高】オンライン学習アプリ「N予備校」1年間無料になるキャンペーン 5/20〆<休校支援>

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,299Followers
125Followers

july, 2022

03julallday【〆切】TOPPA Global Leader Summer Course

08julallday【締切】セブ高校生サマーキャンプ2022

10julallday【〆切】GEM Talks 2022

11julallday08augJASSO海外留学オンラインフェア2022

18julallday【締切】JA Travel and Tourism Business Program (TTBiz) 2022

20julallday【〆切①】ブリティッシュ・カウンシ「小学生サマー英語プログラム」

20julallday【〆切①】ブリティッシュ・カウンシ「中高生サマー英語プログラム」

24julallday【イオラニ・スクール】サマー・レジデンシャル・プログラム2022

24julallday【締切】ドバイ中高生キャンプ2022

27julallday【〆切②】ブリティッシュ・カウンシ「小学生サマー英語プログラム」

27julallday【〆切②】ブリティッシュ・カウンシ「中高生サマー英語プログラム」

X