【立教大学】全英語プログラムで学位取得…年額120万円×4年間支給「GLAP奨学金」9/29〆

グローバルに学びたい人必見の奨学金

「立教大学」(東京・豊島区)は、入学前予約型・経済支援型の「GLAP奨学金」を希望する受験生からの申請を、2017年9月22日(金)~ 29日(金)にかけて受け付けます。

GLAP奨学金

この奨学金は、「グローバル・リベラルアーツ・プログラム」(Global Liberal Arts Program、GLAP)での学修を希望しながらも経済的理由により入学が困難な受験生に対し、入学後の経済支援を行なうことを目的としたもの。

GLAPは、2017年に開設されたグローバルリーダー育成を目的とした英語学位プログラムで、原則英語で行われる科目のみで学位の取得が可能。定員は20名で、文学部文学科に属し、学位は「学士(学術)」を取得します。

【関連記事】2017年度に開設された立教大学「GLAP 」

支給金額は年額120万円で、原則4年間給付を受けることが可能(学業成績および収入基準により継続審査あり)。

なお、GLAPでかかる年間コストは、学費/年間180万円(別途入学金20万円)、寮費/月5万4000円、留学先での寮費、渡航費(留学必須、留学先学費は免除)となっています。

申請資格や選考の流れ

申請資格は、下記のすべてを満たしていること。

  1. 2018年度国際コース選抜入試(GLAP)秋季日程で立教大学を受験する人
  2. 主たる家計支持者の2016年中の「所得証明書」記載の収入・所得金額が、給与・年金収入金額(課税前)で800万円、その他・事業所得金額で350万円のいずれかに満たない人(複数種類の所得がある場合、合算して総合的に判断)

申請方法は、募集要項をダウンロードのうえ必要事項を記入して出願を。

選考は、申請書類に基づき家計状況等について審査され、採用候補者を決定。さらに、①秋季日程を受験・合格し入学、②入学後の定められた期間(2018年4月上旬)に所定の手続きを行なうことで受給が可能に。また、奨学金の支給は入学後(6月下旬予定)になるそうです。

詳しくは、立教大学「GLAP奨学金」公式サイトで確認を。


【立教大学「GLAP奨学金」】

  • 申請期間:2017年9月22日(金)~ 29日(金)
  • 奨学金:年額120万円
  • 対象:国際コース選抜入試(GLAP)秋季日程で立教大学を受験する人で、家庭の所得が制限内にある人
  • 採用候補者数:若干名
  • 結果通知:12月4日(月)
 

関連記事

  1. 【9月3日〆切】約30名に奨学金100万円を支給「経団連グローバル人材育成スカラーシップ」

  2. 【孫正義育英財団2018】予想を上回る51名を選出…7〜26才まで「財団生2期生」が決定

  3. 【埼玉発世界行き2021】学位取得コース100万円×10名、高校留学コース50万円×30名を支給 5/18〆

  4. 【CIEE JAPAN】世界30ヵ国40都市から選べる「50周年記念スカラーシップ生」20名2/28〆切

  5. 【トビタテ!留学JAPAN】7期は608名を65ヵ国に派遣…最終倍率3.19倍、早大33名、東大24名

  6. 【5月15日〆切】米英豪の名門大学へ「テンプグループ・IBPグローバル留学奨学金」奨学生募集

  7. 【柳井正財団】2021年度は33名合格…年最大1000万円を支給する米英トップ大進学者向け奨学金 2/14〆

  8. 【柳井財団2021】海外高生やインター生も応募できる「海外大学奨学金プログラム」2/14〆

  9. 【柳井正財団海外奨学金2018】米国トップ大に進学する20名に最大28万ドルを支給 2/7〆

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X