最短距離で学ぶ全8回講座<2級・準1級対策コース> 中高生のための英検®講座

Hotchkiss Summer Portals 2024 | すべて選択式のコースで実践を重視した名門ボーディングのサマースクール

体験型重視のサマースクール
Hotchkiss Summer Portals 2024
  • 体験重視のプログラムが豊富に揃う、名門校の滞在型サマープログラム
  • オンキャンパスの授業は完全に選択制のため、興味関心を追求するには最適
  • 一見専門性が高そうなプログラムも、初心者対応のコンテンツが充実
米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

ホチキススクール2024 | 体験重視型のサマースクール

コネチカット州レイクビルに位置する名門ボーディングスクール「ホチキススクール The Hotchkiss School」は、滞在型サマープログラム「Hotchkiss Summer Portals 2024」を、2024年6月30日(日)〜7月27日(土)にかけて2セッションにわたり開講します。

2セッションにて開講

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • 7月14日(日)~7月27日(土)

このサマープログラムでは、世界中の中高生が、ホチキスの恵まれた環境を活かして、独自の才能を磨きながら新しいことにもチャレンジできる機会を提供。

すべて選択制のコースでは、ほとんどG7(中1相当)以上に参加資格があり、フィールドワーク中心のコースから、プログラミングやアート分野に至るまで個性的なコンテンツが揃っています。

米国パパ

1コース(約2週間)から応募可能で、期間の被らない2コースを連続受講してトータル4週間参加することも可能です

Hotchkiss Summer Portals 2024

主催ホチキススクール(The Hotchkiss School)
期間セッション①2024年6月30日(日)~7月13日(土)、セッション②7月14日(日)~27日(土)
住所11 Interlaken Road Lakeville, CT 06039
対象中高生(一部コースごとに下限が異なる)
参加費1コース/2200~4300ドル(最大2コース)
申込締切記載なし

ホチキススクール2024 | 公平性や多様性を尊重するホチキスカルチャー

ホチキススクールは、銃器設計者として成功を収めたBenjamin B. Hotchkissの妻、 Maria Bissell Hotchkissの手によって1892年に設立されました。

創設者の名を冠する同校は、名門イェール大学への進学準備校として期待されたいっぽう、Maria自身は「富裕層のための学校」に染まることには否定的だったそうです。

彼女は、率先して奨学金制度導入に着手し、ときには「育ちのいい」理事会メンバーと対立しながらも、地元学生が経済事情に関わらず通えるボーディングスクールを目指しました。

1896年には最初の海外留学生を受け入れるなど、早い段階から国際化を推し進めていたのも注目点です。

こうした設立者の精神は、今日まで125年以上脈々と受け継がれ、公平性や多様性を尊重するホチキスカルチャーの本質を形成しています。

テンスクールの1校にふさしく、モルガン・スタンレー社を設立したHarold Stanleyや、受賞歴多数の女優Allison Janneyなど著名な卒業生が名を連ねるほか、アイスホッケー強豪校としても名高く、多数の名プレーヤーおよびメダリストを輩出しています

G7から参加が可能

ホチキススクールは、G9~G12(高校生相当)が通う寄宿生比率95パーセントの学校ですが、サマーポータルでは基本的にG7(中学1年生)以上の参加が認められます。

学生寮や校内施設を幅広く活用できる機会なので、ホチキススクール進学を視野に学校体験も兼ねて参加するのもおすすめです。

ホチキススクール2024 | 各セッションのプログラムをチェック

ホチキススクール主催の滞在型プログラムは、座学というよりは実践・実技やフィールドワークを主体とするコースが目立ちます。

セッション1(前半)とセッション2(後半)で各7コース、トータル14種類のコースを興味関心に合わせて選択可能です。

セッション1

Coding and Software Engineering

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G7以上
  • 4100ドル  

コーディング基礎を学べるコース。Scratchを使用して基礎固めをしてから、引き続きScratchかPythonかを選んで学習できます。

プログラム終盤は自分自身でゲーム作りにチャレンジします。

Environmental Science

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G7以上
  • 4000ドル

ホチキススクールの3平方キロメートル超の敷地内に広がる、多彩な自然環境とラボ施設を同時活用するプログラム。

ニューイングランド地方の生態学的プロセスへの理解を深め、環境科学に求められるツールや測定方法を実践的に学びます。

Equity is the Work

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G8以上
  • 3800ドル

「ダイバーシティ」や「インクルージョン」を単なる流行語で終わらせず、教育現場におけるダイバーシティ等の概念を深く理解するためのプログラムです。

ゲストスピーカーや豊富な文献を基に有意義なトピックを探究し、校内で実行可能な取り組みを学生同士で協力して立案します。

The Physics of the Electric Guitar

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G8以上 
  • 4000ドル

より高品質なエレキギターにカスタマイズできるよう、エレキギターと密接に関わる物理学のメカニズムを学びます。

Structural Engineering – Race Car Design

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G7以上
  • 4300ドル

CADソフトウェアを通じてエンジニアリングデザインの基礎を学んだうえで、レーシングカーの3D模型を完成させます。

コース選択に際して、コンピュータモデリングの事前知識は必要ありません。

Theatre Program

  • 6月30日(日)~7月13日(土)
  • G7以上
  • 3800ドル

演劇やステージパフォーマンスに求められる多面的なスキルを強化し、アンサンブルとして最高の演出を追求します。

The Art of Fly Fishing

  • 6月30日(日)~7月5日(土)
  • G7以上
  • 2200ドル

セッション2

Computer Science and Mobile App Design

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上
  • 4100ドル

コンピュータサイエンス全般のトピックとオンラインプライバシーの重要性を学ぶとともに、最終的にはペアごとにモバイルアプリを設計します。

Fun with DNA

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7〜G8 (最大24名)
  • 4300ドル

分子生物学のツールと技術、そして研究や産業におけるそれらの応用について学びます。

The Art of Fly Fishing

  • 7月14日(日)~19日(土)
  • G7以上
  • 2200ドル

魚とその習性、状況に応じた釣り竿の調整方法までフライ・フィッシングに関わる技術と知識を体験学習。フィッシング初心者でも参加できるよう構成されています。

Piano Program

  • 7月144日(日)~27日(日)
  • G7以上
  • 3800ドル

若きピアニストが、実績あるピアノ講師と学び、世界トップの環境で演奏する機会を得られるプログラムです。

事前提出の音声または映像ファイルに基づいて、プログラム参加者の選考が行われます。

Robotics

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上 
  • 4300ドル

教育用ロボティクスシステムの使い方と必要なプログラミング言語を学び、チーム別に学んだ要素を組み込んだロボットをデザインして課題解決に挑みます。

Rocketry

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上 
  • 4200ドル

アメリカン ロケット チャレンジ(ARC)に出場するために使用できるロケットを設計、構築、飛行させることで模型ロケットの基礎を学びます。

Studio Art: Drawing from Observation

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上 
  •  費用:3900ドル

写実絵画に関わる多彩な基礎技術を、リニューアルしたばかりのキャンパス内アートセンターにて学びます。参加者には、描画経験の有無は問われません。

Speech and Debate

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上
  • 3900ドル

日々、世界中の学生とディベートセッションに臨みながら、グローバルな大会で必須となるスピーチやディベートのノウハウを身に付けます。

主要なディベート大会に参加するような、一定の経験を有した学生に適していると想定されます。

Writers and Writing

  • 7月14日(日)~27日(日)
  • G7以上
  • 3800ドル

アカデミックの世界で求められるライティングと、学生が個人的に執筆する場合の双方で有益となるプログラムです。

広範囲なジャンルを精読し、インスピレーションに基づく決断と選択の連続として執筆できるよう探究します。

1日のスケジュール

滞在型プログラムの平日スケジュールは、各々の選択コースの授業が9時~12時、ランチを挟んで、午後は13時15分~15時まで予定されています。

15時30分~17時まではレクリエーション系のアクティビティ(サッカー、バスケットボール、ヨガなど)を実施。

ディナー後の19時30分~21時はイブニングアクティビティー(コミュニティ活動、映画鑑賞など)を通じて参加者同士の絆を深められます。

土曜は、午前中(9時~12時)のみ選択コースのクラスを受講。土曜の他の時間帯と日曜日は、自由時間として思い思いの時間を満喫できそうです。

ホチキススクール2024 | 応募方法

ホチキススクール主催のSummer Portalに応募するには、申し込みページより申請用アカウントを作成して個人情報を記入します。

提出する書類

提出資料としては、学校の先生の推薦状2通と最新の成績表が必要です。

インターナショナル生の場合は、

  • SSATやTOEFLのような標準テストのスコア
  • 採点済みの英語クラスの答案用紙(応募者のライティングサンプル)

の「いずれか」を追加提出するよう求められます。

資料アップロードと応募手数料$65の支払いが完了すると、先着順で選考プロセスに進み、2~3週間程度で結果が通知されます。

参加費用について

両セッションともに1コースあたり4000ドル程度の参加費ですが、正確には上述のコース紹介欄を確認してください。

参加費には、授業料のほか、滞在費、教材費、課外活動費、ヘルスセンター利用料などが含まれ、2セッション(2週間+2週間)を連続受講する場合は、基本的に倍額の参加費用が発生します

米国外から参加費を振り込む場合は、国内通貨ベースの決済として為替手数料を大幅カットできるサービス(PeerTransfer)の利用が推奨されています。

米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents