中学・高校

【未踏ジュニア2019】17才以下のプログラマー要注目…イノベーション人材育成 4/28〆

プログラミング力を未来を創る力に

プログラミングを学ぶ小中高生も増えていますが、際立った能力を持つ人は「未踏ジュニア」に参加してみては?

「未踏ジュニア」は、「一般社団法人未踏」(東京・渋谷区)が提供している、独創的なアイデアを持つ17才以下のクリエーターやプログラマーを、21世紀型イノベーション創出を担う人材として育成する5ヵ月間のプログラム。

プロジェクトマネージャと専門家がメンタリングを行い、最大50万円の開発資金や開発場所、機材等も支援されます。

2019年度で4年目を迎える「未踏ジュニア2019」は、4月28日(金)まで応募を受け付け中。10〜12プロジェクトを採用予定ですが、18年度は105件の応募があり12プロジェクトが採用されたそうです。

なお、17年度からは優れた成果を上げた採択者を「未踏ジュニアスーパークリエータ」として認定、「慶應義塾大学」総合政策学部・環境情報学部のAO入試において、1次選考免除のC方式の出願資格にもなっています。

応募方法は、申請書類をダウンロードして必要事項を記入の上、サイトからアップロード。書類審査を通過した人にはオンライン面接(5月17日~25日のいずれか)が行われ、数日以内に採択結果がメールで届くそうです。

くわしくは、「未踏ジュニア」公式サイトで確認を。


【未踏ジュニア2019】

  • 主催:一般社団法人未踏
  • 期間:2019年6月中旬〜10月までの約5ヵ月間(予定)
  • 対象:17才以下の個人および、これらの年齢で構成されたグループ(最大4名、2019年4月1日時点)
  • 採用:10〜12プロジェクト
  • 参加:無料(ブースト合宿、中間合宿をはじめとしたイベント参加のための交通費・宿泊費も支給)
  • 応募締切:4月28日(金)

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!

Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X