【大阪市】19年開校の公設民営中高一貫IB校は「水都(すいと)国際中学・高校」に決定

海外大学進学セミナー

大阪市の中高一貫IB校は「水都国際」に決定

「大阪市」は、2019年度に開校する中高一貫教育校(公設民営学校)の校名を、「大阪市立水都(すいと)国際中学校・高等学校」に決定したことを公表しました。

【関連記事】2019年に大阪市に中高一貫IB校が開校

この中高一貫校は、「市立南港渚小学校・南港緑小学校跡地」(大阪市住之江区)に開校する予定で、中学定員は80名、高校は160名(2022年までは80名定員、これ以降は外部から80名を募集)。学校は「大阪YMCA」により運営されます。

【関連記事】2019年開校の中高一貫IB校の運営先は「大阪YMCA」に決定

校名は、2017年7月14日〜8月31日までの期間募集され、応募数は352件。それらの校名案を参考に、教育委員会が決定したそうです。

選考理由は、水の都・大阪をイメージする「水都」という言葉と、国際理解教育と外国語教育に重点を置く「国際」という言葉を冠しており、将来の大阪を担うグローバル人材を育てる学校として多くの人から親しみをもって呼ばれるように、との思いをこめているそうです。


【大阪市立水都(すいと)国際中学校・高等学校】

  • 開校:2019年4月
  • 住所:大阪市住之江区南港中2-7-18
  • 定員:中学/80名、高校/160名(2022年までは内部進学80名のみ)

ロジカルライティング講座

7,575Fans
3,471Followers
125Followers
  1. 【帝京大学可児高校】国際バカロレアで成功するコツ、海外大学への…

  2. 【冬休み★4夜オンラインセミナー】米国・EU・アジア・オセアニア11…

  3. 【英検2023】従来型英検の本会場実施日程は、①6月4日、②10月8日、③1…

  4. 【フィエスタ・デ・エスパーニャ2022】2年ぶりに開催…日本最大のス…

  5. 【東京工業大学】総合型・学校推薦型選抜で「女子枠」導入…2024年は…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

  4. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  5. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

december, 2022

11decallday【締切】TOPPA!「グローバル・インパクトコース」

18decallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」②

X