【ペナン】8校あるインターから「ダラット・インターナショナルスクール」を選んだ理由

ペナンのインターナショナルスクール

最近は、教育移住の地としてとり上げられることも多い「マレーシア」のインターナショナルスクール。

マレーシアが人気なのは、語学を学ぶだけでなく、さまざまな国籍の友達ができ、国際的な視野を広げるのにうってつけの環境だから。

多民族国家であるため、宗教の多様性や異文化への理解もあり、外国人に対してもおおらか。

50校近いインターナショナルスクールがあることから選択肢も豊富で、さまざまな国の子どもたちが教育のためマレーシアに滞在しています。

わが家の6才の息子も、マレーシア第2の都市・ペナンのインターに通っています。

ペナンにはリタイヤした両親が暮らしていることから、たびたび息子と長期で滞在したこともあるゆかりの地。

ペナンは欧州との交易が活発だった歴史的背景から、現在も外資系企業の工場がたくさんあります。

そのため、子弟教育のためにつくられたインターも何校かあり、それらの評判も耳にしていたことが、ペナンに教育移住する大きなきっかけとなりました。

わが家がダラットに決めた理由

ペナン島には8つのインターがありますが、評判がいいのは「セント・クリストファー St.Christopher’s International Primary School of Penang」、「ダラット Dalat International School」、「テンビー Tenby International School」。

外国人が多く暮らす島の中心エリアに近いことから、通学のしやすさも人気の理由です。

息子が通っているのは、「ダラット・インターナショナルスクール」。

dalat01

セント・クリストファーも候補でしたが、残念ながらウェイティングが必要に。

ちなみに、ペナンには英語教育に定評のある日本人学校があるので、こちらで空きを待つのもいいかな…とも考えましたが、息子が気に入ったことからダラットに決定。

メールもその日のうちにかならず返信してくれるなど、学校の対応がとても親切でしっかりしていたことも、学校選びの決め手となりました。

稀少なアメリカン・カリキュラムを提供

「ダラット・インターナショナルスクール」は、ペナンで唯一のクリスチャン系アメリカンスクール。

1929年、北アメリカから来た宣教師の子どもたちのためにインドシナで誕生。ベトナムやバンコクなどに移転したのち、2002年にペナンでインターとして開校しました。

Dalat International School06

大きな特徴は、先生や生徒の多くがアメリカ人であるため、アメリカン・カリキュラムを採用していること(マレーシアのほとんどのインターではブリティッシュ・カリキュラムを採用)。

また、クリスチャン・スクールなので、毎日聖書からさまざまなことを学ぶ時間もあります。

Dalat International School03

キャンパスではアメリカ英語が飛び交っているので、「ペナンでキレイな英語を身につけさせたければダラットに入れろ」といわれています。

27ヵ国から約550名の生徒が通う

ダラットには、幼稚園から高校(3才から18才)までの子どもたちが通っており、27ヵ国の約550名が在籍。

国籍は、アメリカが33パーセント、マレーシアと韓国がそれぞれ約20〜25パーセント、残りの20パーセントはカナダやイギリス、台湾、日本、ヨーロッパなどとなっていて、多くの生徒はハーフ。

13〜14年は、17名の日本人が在籍しているそう。また、教育移住の場合ほとんどが韓国からですが、フランスや中国、ブラジルから来ている子どももいます。

アメリカの高校卒業資格が得られるので、卒業後はアメリカの大学に進学する生徒が多いようです。

学校があるのは、島北部「タンジュンブンガ Tanjung Bungah」という海沿いのエリア。

Dalat International School02

Dalat International School08

キャンパスは一見こじんまりしていますが、奥行きが深く、バスケットコートやテニスコート、サッカー場、プール、プライベートビーチも。

Dalat International School05

Dalat International School10

また、3つの宿舎やビーチサイドカフェ、チャペル、バタフライファーム、図書室などもあります。

Dalat International School07

Dalat International School09

Dalat International School04

文と写真/Rina


【ダラット・インターナショナルスクール】

  • 開校:2002年(1929年にインドネシアで創立)
  • 住所:Tanjung Bunga, 11200 Penang, Malaysia
  • 加盟教育機関:Western Association of Schools and Colleges、 Association of Christian School International、 East ASIA Regional Council of Overseas Schools
  • カリキュラム:アメリカ式カリキュラム
  • 学年:プリスクール(3〜4才)、キンダーガーテン(5〜6才)、エレメンタリー(6〜11才)、ミドルスクール(12〜14才)、ハイスクール(15才〜18才)
  • 年間学費:プリスクール/8640リンギット、キンダーガーテン〜G2/1万7280リンギット、G3〜4 /2万3600リンギット、G5〜6/3万1720リンギット、G7〜8/3万6700リンギット、G9〜12/3万9480リンギット *そのほかにも施設費やテクノロジーフィーなどが必要
  • 入学金:プリスクール〜キンダーガーテン/1200リンギット、エレメンタリー以上/3850リンギット
 

関連記事

  1. 【マレーシア】帰国後も国際教育を継続するなら、「国際バカロレア」認定インターに要注目

  2. 【インターナショナルスクールフェア2020】自宅からマレーシアの学校とつながる 8月&11月

  3. 【学ぶKL最終回】IBで学んだことをまとめてみた…マレーシアのインターから日本の公立小へ

  4. 【コロナ留学06】10月から再度外出制限下にあるマレーシア、新入生は入国できないけれど…

  5. 【ペナン】「ダラット・インターナショナルスクール」での学校の様子や教育理念について

  6. 【マレーシア】インター選びの重要ポイント…どの国際評価団体の認定を受けているかチェック

  7. 【プライベート&インターナショナルスクールフェア】最新のマレーシア・インター校がわかる

  8. 【Study in Malaysia2021】26大学が参加…マレーシアで学ぶべき8つの魅力を現地からライブ発信 8/14

  9. 【学ぶKL05】大人だって学びたいっ!マレーシアの人気麺「パンミー」料理教室に行ってみた

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,034Followers
125Followers
  1. 【オーストラリア留学フェア2022】自動翻訳システム完備…約60の教育…

  2. 【ブリティッシュ・カウンシル】完全英語環境で仲間と課題解決に挑…

  3. 【ブリティッシュ・カウンシル】マイクラも体験できる…30時間完全英…

  4. 【樫尾俊雄発明記念館】人の役に立つアイデアを募集!小学生対象「…

  5. 【ラグビースクール・ジャパン】北海道で音楽やドラマを学ぶ2コース…

  1. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  2. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」(2022年9月開講予定…

  4. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西早稲田」

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

may, 2022

17mayallday【〆切】レゴ「Build A World of Play Challeng」

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X