【早稲田大学】海外大の学位も取得「ダブルディグリープログラム」提携先に15年9月2校を追加

12の大学・大学院と連携したプログラム

「早稲田大学」は、フランスの「ESCPヨーロッパビジネススクール」と中国「上海交通大学」と提携し、2015年9月より「ダブルディグリープログラム」を開始します(各大学間で毎年数名程度)。

早稲田大学は、2005年度から中国「北京大学」(中国・北京)と「復旦大学」(中国・上海)との間で「ダブルディグリープログラム」(DDプログラム)をスタート。

相手校へ留学し、所定の要件を満たせば両校の学士号もしくは修士号を取得することが可能。現在は、米国「コロンビア大学」、「台湾大学」、「シンガポール大学」など12の大学・大学院と同様のプログラムで連携しているそうです。

早稲田大学では、ダブルディグリープログラムをはじめとする長期留学から、夏季の短期留学まで、さまざまな留学プログラムを提供している。

早稲田大学では、ダブルディグリープログラムをはじめとする長期留学から、夏季の短期留学まで、さまざまな留学プログラムを提供している。

DDプログラムのメリットは、ほとんどのケースで標準修業年数で双方の学位取得が可能で、学費の相互免除もあること。すでに600名以上が参加しているそうですが、意欲的な学生にはとても魅力的なプログラムですね。

世界の名門大学と連携

今回提携する「ESCPヨーロッパビジネススクールESCP EUROPE」は、世界でもっとも古い歴史を誇るビジネススクール。プログラムで連携するのは、早稲田大学院商学研究科ビジネス専攻。

ESCP EUROPE
国家重点大学であり、理工系に強い「上海交通大学」とは、同大学国際公共政策学部と早稲田大学政治経済学部間でプログラムを実施していく予定です。

上海交通大学

留学プログラムの詳細は、「早稲田大学・留学センター」公式サイトで確認を。


【早稲田大学・大学院「ダブルディグリープログラム」】

  • 開始時期:2005年度より
  • 提携先:世界の12大学・大学院
  • 留学生数:提携大学間により異なる
  • 参加人数:600名以上
 

関連記事

  1. 【東工大・京大】創造性やデザイン性などアート思考力が高められる無料社会人プログラムを22年度提供

  2. 【近畿大学】高校生以上なら参加したい…英語村「e-cube」を予約不要で無料開放8/22-9/12

  3. 【スーパーグローバル大学】トップ型13校+グローバル化牽引型24校の計37大学が決定

  4. 【慶応】15年秋入学で30名募集…総合政策学部も全英語プログラム「GIGAプログラム」を導入

  5. 【筑波×ICU】両大学の基礎・専門科目の履修、相互の協定校への留学が可能となる連携を開始

  6. 【派遣留学生が多い大学20】12年度は4.3万人が海外へ…早稲田、関西外大、立命館がトップ3

  7. 【Go Global Gateway】東大全学生を対象に国際感覚を鍛える制度が2018年度よりスタート

  8. 【岡山理科大学】理系国際バカロレア教員資格も取得できる「IB教員養成コース」2017年度開設

  9. 【明大経営学部】17年度より英語4技能試験活用型入試で40名募集し、グローバル経営人材育成

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X