最短距離で学ぶ全8回講座<2級・準1級対策コース> 中高生のための英検®講座

GTEサマースクール2023 | 大学生&メンターと「起業力」を英語で学んで進路を切り拓く4日間のリアルキャンプが中高生30名を募集 6/30〆

PR

エデュコさん

この夏は、たくさんの仲間やセンパイと熱い夏を過ごしたいっ!

Globaledu

そんなアナタには、合宿形式で再開されるGTEサマースクールがおすすめです

4日間の熱気にあふれたサマープログラムが、2023年夏は千葉で開催されますよ!

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

3年ぶりにリアル開催されるサマースクール!

ビジネスプラン立案やプレゼンを英語で学べるアントレプレナー育成プログラム「GTEサマースクール2023」が、2023年8月1日(火)~4日(金)にかけて開催されます。

この3泊4日のサマースクールでは、Global(グローバル)Technology(テクノロジー)Entrepreneurship(アントレプレナーシップ:起業家精神)の3キーワードを軸に、中高生が自分らしい進路選択の可能性と向き合える場を提供。 

GTEサマースクール2023は、コロナ禍明けのじつに3年ぶりの開催! 主催者側の期待と気合もこれまで以上に熱いものとなっている

アットホームな合宿所も魅力

開催場所は、東京駅から電車で60分~90分のアクセス圏にある、千葉県の九十九里浜徒歩圏内にある旅館を丸一棟貸し切りで行われます。

サマースクールが開催される「松濤軒」は、東京駅から「特急わかしお」で約1時間という好立地。24時間貸し切りの大浴場に加え、料亭旅館ゆえの美味しい食事もうれしいポイントです。

最終日には、都内のホールに移動し、本格的な音響・映像設備が整うステージでビジネスプレゼンのコンテストに臨みます。

進路選択のきっかけが詰まった4日間

GTEサマースクールへの参加資格は、中学3年生~高校3年生(2023年4月時点)で、高専生やギャップイヤー生も対象となります。

プログラムでは、英語でビジネスプランをまとめ上げ、英語プレゼンにも挑戦しますが、講義やチーム内ディスカッションでは日本語を使用。

そのため、参加者には日本語でのコミュニケーション力、そして英検準2級程度の英語力も求められます。 

GTEサマースクールは、下記のような希望を持つ中高生のニーズに応えるプログラムとしてデザイン。

多様な進路を考えるきっかけが満載

  • 英語を活用した課外活動に取り組んでみたい
  • 総合型選抜や推薦入試、海外大入試で評価される課外活動経験を得たい
  • 進学先選びや社会に出てからの進路に迷いがある
  • 起業に求められるスキルや経験を早い時期から身につけたい

「この夏をきっかけに多様な進路を考えたい!」という人には、まさにうってつけのプログラムといえますね。

GTEプログラムには中高生500名以上が参加

GTEサマースクールを主催する「一般社団法人カピオンエデュケーションズ」は、2016年の団体設立以来、累計500名以上の中高生に、自ら考え抜き行動する起業家を育成するプログラムを提供してきました。

また、それらのプログラムを修了したメンバーとメンターで構成されるコミュニティ「生徒会」も主宰しており、現在の第4期は200名以上の中高生で構成されています。 

カピオンエデュケーションズは、中高生プログラム「GTE」を提供するほか、米国最大の中高生対象アントレプレナー教育機関「DECA」の支援活動「DECA JAPAN」により、両軸でアントレ教育を推進

このような背景を持つGTEならではの学びのエッセンスが詰まっているのが、このサマースクールなのです。

GTEサマースクールのポイント

  • 全国から集う個性豊かな中高生とチームを組み、プレゼン発表会に挑戦
  • メンターである大学生との生活を通じて、幅広い進路の可能性を発見
  • 英語を活用しながら起業ノウハウを学ぶことで、グローバルな感覚を伴った起業力を養成
  • サマースクール終了後も、生徒会活動などを通じて有意義な課外活動に関われる

4日間で起業力と実践的な英語力も高める

4日間のサマースクールでは、国内外の大学生メンターと寝食を共にしながら、受験や海外留学生活の貴重な体験談を聞けるほか、進路選択をアドバイスしてもらう機会にも恵まれます。 

ビジネスプランの作成では、海外経験豊富な社会人メンターによるサポートを得ながら英語でまとめ上げていくので、起業力に加えて実践的な英語スキルも平行して高めていくことができます。

エデュコさん

英語に自信がない人でも意欲的に取り組めば、有意義な成果と達成感が得られます

Globaledu

これも、GTEサマースクールならではの体験といえますね

1日目(8月1日)

  • 午前:宿泊施設(松濤軒)に直接集合、チームビルディング(学年やパーソナリティのバランスを考慮した4~5名のグループをつくる)
  • 午後:ビジネスプラン作成講義、ビジネスプラン作成ワークショップ

2日目(8月2日)

  • 午前:ビジネスプラン作成ワークショップ
  • 午後:アクティビティ、大学生メンターとのラウンドテーブル

3日目(8月3日)

  • 午前:アクティビティ
  • 午後:ビジネスプラン作成ワークショップ、大学生メンターとのラウンドテーブル

4日目(8月4日)

  • 午前:合宿地からコンテスト会場「伊藤国際学術研究センター」へ移動
  • 午後:最終プレゼン発表会、現地解散 

GTEサマースクールを無事修了すると、参加者にはプログラム修了証も授与されます。

初対面のメンバーと短期間で有望なビジネスプランを作り上げた挑戦は、国内外の大学入試の際に課外活動実績として明確にアピールすることができますね。

また、サマースクール後は生徒会に自動入会となるので(参加費無料)、生徒会役員に立候補してリーダーシップを発揮するもよし、サマースクールで培った行動力にさらに磨きをかけてもらえればと思います。

応募方法や選考プロセス

参加を希望する人は、GTEサマースクール公式サイト内の「仮登録申込フォーム」に必要事項を記入して提出。

その後、事務局から送られてくる本登録フォームに記入し、課題として400文字以下のエッセイ(日本語または英語)を4本提出(文字数より内容を重視)。

本登録後に参加費を振り込むと、オンラインの事前オリエンテーション参加の案内が届きます。

参加費は9万9000円(税込)で、宿泊費、食費、修了証発行費、テキスト制作費、レクリエーション参加費、会場使用料、コンテスト会場までの交通費などが含まれています。

ただし、自宅から宿泊施設まで(初日)と、コンテスト会場から自宅まで(最終日)の交通費は参加者側の負担。

応募締切は6月30日となっていますが、先着順のため早めの応募手続きがオススメですよ!(前回は締切1ヵ月前で定員を20名上回る応募があったそうです)

GTE Summer School 2023

  • 主催:一般社団法人カピオンエデュケーションズ
  • 日程:2023年8月1日(火)~4日(金)3泊4日間
  • 場所:宿泊/千葉県長生郡一宮町一宮2824「料亭旅館松濤軒」、コンテスト会場/東京大学「伊藤国際学術研究センター」
  • 対象:中学3年生~高校3年生(2023年4月時点)※高専生・ギャップイヤー含む
  • 定員:30名
  • 参加費:税込9万9000円
  • 申込締切:6月30日(金)※定員オーバー時はキャンセル待ち対応

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents