【千葉大学】20年度以降入学の全学生に留学必修化「グローバル人材育成”ENGINE”」始動

さらなる全学グローバル化を加速

「千葉大学」(千葉市)は、「千葉大学グローバル人材育成”ENGINE”」を策定し、2020年度から実施することを2019年1月24日に発表しました。

千葉大には、文・教育・法政経・理・医・薬・看護・工・園芸、そして2016年に設置された「国際教養学部」を含む10学部がありますが、これまでも全学的にグローバル化を推進してきました。

2012年4月に「グローバル・キャンパス・千葉大学」を制定し、2014年9月には「スーパーグローバル大学」37大学の1校として採択。

【関連記事】トップ型13校をはじめとする37大学がSGUに採択

キャンパスには、英語の個別レッスンやワークショップ・授業なども開講する「イングリッシュ・ハウス」を常設するほか、米国・欧州・日本の大学が協働してグローバルなデザイナーを育成する「大陸間デザイン教育プログラム」、ASEAN諸国の小中学校で授業を行いグローバルな教員を育成する「ツイン型学生派遣プログラム」など、オリジナルで多様な留学プログラムを実施しています。

国立総合大学初の「留学必修化」

この「ENGINE」プランでは、これまで「国際教養学部」を中心に成果を上げているグローバル人材育成戦略をさらに拡大展開するために、「学部・大学院生の全員留学」(海外留学環境の充実)、「英語による専門科目の開設」(グローバル教育の充実)、「ICTを活用した100科目の学習システムの構築」(スマートラーニングの実践)を掲げています。

【関連記事】2016年開設「国際教養学部」は海外留学必修

留学に関しては、2020年度以降に学部・大学院に入学した全学生を対象に、1週間〜2ヵ月の海外留学を必修としますが、留学必修化は国立総合大学では初となります。

なお、留学先の授業料は大学が負担し、渡航や滞在などは留学奨学金の活用で学生の負担を軽減するとしていますが、財源確保のために授業料値上げも検討されています。

「千葉大学」公式サイト


【千葉大学グローバル人材育成”ENGINE”】

  • 公表日:2019年1月24日
  • 開始:2020年度
  • 対象:全学生
  • 目標:海外留学環境の充実「学部・大学院生の全員留学」、グローバル教育の充実「英語による専門科目の開設」、スマートラーニングの実践「ICTを活用した100科目の学習システムの構築」

関連記事

  1. 【横須賀市】米軍基地内メリーランド大学「ブリッジプログラム2021」受講生 7/1〆

  2. 【大学入試2015】横浜市立大学・国際総合科学部「国際バカロレア入試」出願/9月16~18日

  3. 【大学入試2016】基準スコア以上で英語テスト免除…青山学院大学が出願資格に「TEAP」活用

  4. 【THE世界大学ランキング日本2021】1位東北大、2位東工大、3位東大…278大学から50位をチェック

  5. 【英検2020】2019年度に開始する、英検の「新大学入試対応型」2テストの正式名称が決定

  6. 【大学入試2015】玉川大学「国際バカロレアAO型入学審査」Ⅰ期/9月、Ⅱ期/15年1月

  7. 【THE世界大学ランキング日本版2018】京大と東大が首位、東北、東工大など上位30校を紹介

  8. 【神田外語大学】女子学生20名限定…TOEFL早朝講座も受けられる留学予定者特化型学生寮開設

  9. 【上智大学】アフリカの現在がわかるオンライン「アフリカ・ウイークス2021」〜5/25

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,333Followers
40Followers

june, 2021

26may(may 26)04:3213aug(aug 13)04:32タフツ大学「Tufts Pre-College Programs Summer 2021」

19junallday06augハーバード大学「高校生サマースクール2021」

28jun(jun 28)06:0430jul(jul 30)06:04「フィリップス・アカデミー2021 summer」オンライン

30junallday【終了】「ぼくはひとりで」出版記念プロジェクト

30junallday【〆切】千葉大学「ASCENT Program」

X