【福岡雙葉小学校】1学年15名の「グローバルコミュニケーションコース」を2012年に設置

TOEFLレベルチェック

英算理にイマージョン教育を導入

福岡雙葉小学校」(福岡市)は、2012年春から「グローバルコミュニケーションコース」(CGコース)を設置し、授業中のコミュニケーションをすべて英語で行う「イマージョン教育」を導入しています。

「福岡雙葉学園」は、1954年に開校したキリスト教(カトリック)に基づく幼小中高一貫教育の女子校(幼稚園は共学)。国内に5つ、世界各地には140の姉妹校があります。

fukuoka futaba02

CGコースは、国際社会に通用する人材育成の重要性を背景に、英語によるコミュニケーション能力を高めることを目的に設置されました。

1学年120名(3クラス)のうち、15名がCGコース、105名が通常コースに在籍(1クラスを混成クラスとし、CGコース15名、通常コース25名で構成)。

fukuoka futaba

混成クラスは外国人教師と日本人教師による2名体制で担当し、1〜2年生では算数と英語、3〜6年生で理科を加えた3教科でイマージョン教育を実施。

対象学科のみ別教室に移動し、専門カリキュラムで学習します。進級する際は、CGコースと通常コースの相互編入も可能とのこと。

福岡雙葉小学校では創立以来英語教育に取り組んでおり、全学年で週2時間の英語の授業を行っています。そのうち1時間はリスニングを中心とした学習となり、卒業までに全員が英検5級取得を目指します。

2014年度入試では、女子120名(附属幼稚園からの進学者含む)を募集。通常コース約105名、CGコース約15名。

CGコースの試験は、総合テスト、英語による口頭試問、面接(本人、保護者)となります。

本年度最後の学校紹介日は9月28日(土)なので、受験を検討しているファミリーは参加してみては?


【福岡雙葉小学校】

  • 住所:福岡県福岡市中央区御所ケ谷7-1
  • 1学年定員:約120名(通常コース約105名、グローバル・コミュニケーションコース約15名)
  • 初年度学費:入学時25万円、月額学費3万6400円
[amazonjs asin=”4757402821″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること”]

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,441Followers
125Followers
  1. 【東洋学園大】世界とアジアの最新動向を学ぶ…全15回オンライン無料…

  2. 【みんなの進路委員会】進路の模索には「変」の力を借りよう… ヘン…

  3. 【難民アシスタント養成講座】難民の現状を学び私たちに何ができる…

  4. 【ユネスコ国際成人教育会議】持続可能な未来への変革に不可欠な大…

  5. 【神山まるごと高専】全学生200名分の学費無償化へ…2023年度の1期生…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  2. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  3. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  4. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  5. 国際高等専門学校(International College of Technology)

september, 2022

03sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・インキュベートコース」

09sepallday【締切】高校生東南アジア小論文コンテスト

17sepallday【〆切】筑波大学「科学の芽2022」

25sepallday【〆切】「ミライの地球」 こども プレゼン・コンテスト

25sepallday【〆切】TOPPA!!「リーダー・スタートアップコース」

28sepallday【締切】第10回高校生ビジネスプラン・グランプリ

30sepallday樫尾俊雄発明記念館「発明アイデアコンテスト2022」

30sep01:1601:16【締切】筑波大学「第10回高校生アートライター大賞」

X