【英検】1級の50代男性平均年収は1114万円!? 英語力と人生の質は関連するという調査結果

英語の早期学習は収入を増やす!?

英語の早期学習は、人生・生活の質を向上させるのに関連している——そんな調査結果が発表されました。

「日本英検協会」が運営する、英語学習者を支援するオンライン会員サービス「英ナビ!」が、「英語力と人生・生活の質(クオリティ・オブ・ライフ、QOL)」の関係性を測るために、2016年3月に実施したアンケート調査をもとに分析したもの。

社会人会員を対象に、1828人が回答。今回公表しているのは、調査結果の一部です。

それによると、小学生以下で英語学習をスタートした人は、中学生以上でスタートした人より1級、準1級などの上位級を取得している割合が10パーセント以上高いことが判明。

%e8%8b%b1%e6%a4%9cqol01

図で見る限り、小学生以下でスタートしたグループは、8パーセント前後が1級を、およそ30パーセントが準1級を取得。これは日本人のなかでも、かなり英語ができる人たちで構成されたグループだといえます。

下記の「学習開始時期別の現在の平均年収」では、40、50代男性(429名)で、小学生以前に学習をはじめたグループは、中学生以上から学習をはじめたグループに対して、「平均年収が約137万円高い」という結果に。

%e8%8b%b1%e6%a4%9cqol03

50代男性では、上位級まで取得した人ほど平均年収が高くなりました。

%e8%8b%b1%e6%a4%9cqol04

50代男性の1級取得者の平均年収は、1114万円。50代男性の平均年収は650〜750万円という他の機関による調査結果があるなか、かなり高いことがわかります。

仕事での英語の必要性と幸福度は、英語の必要性を感じている人ほど幸福度は高く、最終取得級が高い人ほどその傾向が強いそうです。

%e8%8b%b1%e6%a4%9cqol05

以上、日本英検協会が公表した調査結果でした。

1級ホルダーの50代男性の平均年収はかなりインパクトがありますが、サンプル数は何名だったのでしょうか。そして女性の場合での年収は?

英語力が人生や生活の質をあげるというのは、確かにそのとおりだと思いますが、リサーチ対象の属性やサンプル数などが一部しか公開されていないので、少しモヤっとしてしまった調査結果でした。

「日本英検協会」


【「英語力と人生・生活の質」の関係性を測るための調査】

  • 調査元:「英ナビ!」(日本英検協会)
  • 調査時期:2016年3月
  • 対象:社会人会員1828人
 

関連記事

  1. 【英検】2級以上にライティング導入、3級以外問題形式変更…16年度「4つの変更点」まとめ

  2. 【トライズ07】自分の可能性を体感した1年間…英語の伸びは?総学習時間は?本音でレポート!

  3. 【グローバル進学02】英検準1級の高1男子がハーバード大学に合格するための戦略とは?

  4. 【TOEFL】初回講座には20万人が参加…6週間で基礎力アップ、無料オンライン講座9/7スタート

  5. 【英語教育改革】「ブリティッシュ・カウンシル」のノウハウをもとに英語教員リーダーを養成

  6. 【EF EPI 2016】6年で16位もダウン…日本の英語力が世界72ヵ国中35位に低迷する理由とは?

  7. 【大学入試英語成績提供システム】TOEFL、英検、GTECなど7資格・試験は一部を除き認定へ

  8. 【グローバル進学05】国内&海外トップ大ダブル合格を狙う高1理系男子、準備はどう進めればいい?

  9. 【English 4skills】NTTドコモ×EduLab18年度より学校向け英語4技能学習サービス開始

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,028Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X