進路に合わせた学校をご案内します海外ボーディング編入サポート

KEIO WIZARD 2024 | 宇宙・防災・医療・環境などの身近な課題を学ぶ…小5~中3対象「GLOCALベーシックコース」40名 6/30〆

STEM★チャレンジャー

ここで紹介しているプログラムは、ほぼ毎年受講生を募集しているよ!

エデュコさん

応募対象学年や時期を確認し、早めの準備で参加のチャンスを逃さないでくださいね!

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

KEIO WIZARD | 多様な仲間と解決策をデザイン

「慶応義塾大学」は、ジュニアドクター育成塾「KEIO WIZARD ”GLOCAL” ベーシックコース 」に参加する小学5年生~中学3年生40名を、2024年6月30日(日)まで募集しています。

慶應義塾大学は、2018年度に科学技術振興機構による次世代人材育成事業に採択されてから5年間、「殿町タウンキャンパス」(神奈川県川崎市)を拠点に、ジュニアドクター育成塾「KEIO WIZARD」を実施

2023年度より、「ジュニアドクター育成塾」の後継プログラムである「次世代科学技術チャレンジプログラム」に慶応大学が採択されたことから、KEIO WIZARDシーズン2として本プログラム「KEIO WIZARD “GLOCAL”」が開講しています。

KEIO WIZARDとは

KEIO WIZARDは、 宇宙、防災、医療、環境など最新のトピックに触れながら、ワークショップやフィールドワークを経験するプログラム。

身近な課題(Local Issue)と地球規模の課題(Global Issue)のつながりを理解し、自分のこととして捉え、多様な仲間と共に解決策をデザインしていきます。

KEIO WIZARD 2024 ”GLOCAL”ベーシックコース

主催慶應義塾大学
開催日2024年9月29日、10月27日、11月24日、12月22日、2025年1月19日、2月16日
開催地「慶應義塾大学」殿町タウンキャンパスまたは日吉キャンパス
対象2024年4月時点で、小学5年生~中学3年生
定員約40名
参加費無料(会場への往復交通費は自己負担)

KEIO WIZARD | コースと日程をチェック

KEIO WIZARDで用意しているコースと募集人数は、下記のとおり。

2コースを用意

  • ベーシックコース…40名程度
  • アドバンスドコース…10名程度

ベーシックコースを修了した人のなかから選抜を経て、アドバンスドコースの受講者が決まります。

ベーシックコース

ベーシックコースには、以下のような特徴があります。

  • システム思考やデザイン思考、データ活用などの基礎的な考え方および能力に関する講義とフィールドワーク
  • 受講生の興味関心、性別、出身校など多様性を考慮したグループワーク
  • 3つのフェーズを通じて、身近な課題と地球規模の課題の繋がりを体感

3フェーズ

  • ラーニングフェーズ…グループ対話による課題解決アイデアの創出
  • ローカル実践フェーズ…身近な課題に対し、主観的·客観的理解を促すデータ分析とフィールドワークの実践
  • グローバル実践フェーズ…地球規模課題のデータ分析や国内外の専門家との対話の実施

実際にキャンパスを出て、フィールドワークを行う場面もあり、「思っていることを具体的な形にしていくための考え方」を学べるチャンスです。

こうした体感型の学びを通じて、システム思考能力、デザイン思考能力、意欲、論理的思考力、研究倫理、グローバルコミュニケーション能力を育みます。

開催日程と内容

第7期開催日程と内容は、以下のとおりです。

  • 第0日目:9月8日(日)…ガイダンス
  • 第1日目:9月29日(日)…「課題解決の考え方と手法を学ぶ」
  • 第2日目:10月27日(日)…「身近な課題を体感する」
  • 第3日目:11月24日(日)…「身近な課題解決に取り組む」
  • 第4日目:12月22日(日)…「世界の課題を体感する」
  • 第5日目:1月19日(日)…「世界の課題解決に取り組む」
  • 第6日目:2月16日(日)…「成果を伝え共に未来をつくる」

開催時間は、ガイダンスのみ10時~11時30分、他の日程はすべて10時~16時です。

どんな学びがあるのか

プログラムを通して、下記のような学びが得られるそうです。

  • 「身近な視点+地球規模の視点」(Glocal Viewpoint)で物事の繋がりを理解し、解決策を考え、創り出すことができる
  • 年齢や所属、興味、国籍によらず、多様なメンバーのなかで自己を認識し、学び教え合いながら共創することができる
  • 自分の個々の興味・関心に基づいた探究活動の探究テーマを自ら設定し、その活動を楽しんで、粘り強くやりぬくことができる

ものごとのつながりを「鳥の目(俯瞰的な視点)」や「虫の目(緻密な視点)」といった複数の異なる視点で捉える「システム思考」と、デザイナーのような方々が新しいものを生み出す時に使っている、ワクワクするアイデアを生み出したり、形にしたりするときに用いる「デザイン思考」という考え方に基づいて学び、体得できるように、プログラムが構成されています。

アドバンストコース

第7期アドバンストコースの活動は、ベーシックコース修了者の一部を対象に例年どおりなら2025年4月ごろより始まる予定です。

全体の流れとして、研究第1サイクル(5月~7月)→夏季集中ワークショップ(8月)→研究第2サイクル(9月~12月)の3ステップから構成。

一連の研究プロセスを通じて、課題発見力、研究テーマ設定力、成果発信力、研究遂行力、データ活用能力、解決策の創出能力の向上を目指します。

連携国際機関の研究者など各分野の専門家によるメンタリングや、研究の実装化に向けた行動支援もより一層充実していきます。

KEIO WIZARD | 応募方法について

ベーシックコースに申し込むには、6月30日(日)までにエントリーフォームに必要事項を入力してエントリーします。

書類は別途郵送で

同時に、ウェブサイトから「応募者推薦書」をダウンロードし、記入したものを事務局あてに送ります(6月30日消印有効)。

推薦書について

応募者推薦書は、自薦・他薦を問いません。

学力ではなく、探求活動への熱意、宇宙、防災、医療、環境などへの関心、興味、意欲の高さなどが分かるように記載する必要があります。

選考会も開催

エントリーと推薦書を提出した全応募者は、7月21日(日)に行われる選考会に参加します。

  • 日程… 7月21日(日) 15時30分~17時
  • 会場… オンライン(予定)
  • 試験内容…課題提示によるレポート作成(16時~17時)

エントリーフォーム、推薦書、選考会課題レポートが総合的に審査され、受講者が決定。

結果は全員に7月31日(水)までに事務局からメールで通知されます。

詳細は「KEIO WIZARD ”GLOCAL”」公式サイトから確認を。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents