英検はライティングが3割準1級合格講座4週間 10/12〆

夏の自由研究2023 | 課題発見力や表現力も磨かれる!小学生探究型コンテスト6選

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

夏の自由研究コンテスト | じっくり考えて作品にまとめてみよう

毎年夏休みには、小学生の子どもたちの自由研究を応援する、さまざまなコンテストが開催されています。

昨今の小学生向けコンテストは、環境問題について考えたり、未来に役立つモノを具現化して描くなど、課題発見力や伝える力などが必要とされる、探究型となっています。

この記事では、みなさんがプログラムに参加することで、自由研究がより充実したものになるように、まとめて紹介・比較していきますね!

①JAXA 宇宙の日・作文絵画コンテスト

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」と「日本宇宙少年団」が主催する、小中学生を対象とした作文と絵画のコンテスト。

②WFP エッセイコンテスト

NPO法人国連WFP協会が主催している、チャリティーエッセイコンテスト。対象は、4年生〜大人まで。

世界ではおよそ11人にひとりが飢餓に苦しんでいて、世界の5人にひとりの子どもが栄養不足となっている

③花王 国際こども環境絵画コンテスト

花王が、6才〜15才までの子どもたちを対象に実施している絵画コンテスト。

④パナソニック 環境絵画コンクール

パナソニックが、小学生を対象に子どものころから環境について考える習慣を身につけてもらいたいという思いで、2006年から実施しているコンテスト。

⑤HONDA 子どもアイディアコンテスト

「HONDA」が主催している、小学生を対象とした、未来に“あったらいいな”と思うモノのアイデアを考えて、絵に描いて応募します。

⑥筑波大学 科学の芽

ノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎さんの功績を称え、自然現象の不思議を発見し、観察・実験して考えたことをまとめた作品を募集。

夏の自由研究コンテスト6選

スクロールできます
コンテスト宇宙の日・作文絵画コンテストWFPエッセイコンテスト国際こども環境絵画コンテスト環境絵画コンクール子どもアイディアコンテスト科学の芽
主催宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本宇宙少年団NPO法人国連WFP協会花王パナソニックホンダ筑波大学
対象小学生、中学生小学4年生〜大人6才〜15才小学生小学生小学3年生〜高校生
締め切り2023年8月31日(木)2023年9月4日(月)2023年9月5日(火)2023年9月8日(金)
2023年9月9日(土)2023年9月16日(土)
テーマ月、火星、その先へ 自分の惑星探査計画未来につなぐ、思い出ごはんサステナブルな環境をみんなでつくろう!きれいな空気・水と生きもの未来自然現象の不思議を発見し、観察・実験して考えたことをまとめる
文字量・サイズ作文は400字詰め原稿用紙2〜5枚以内、絵画はA2サイズ(420×594ミリ)以下の用紙日本語で200字〜800字以内八つ切(271×392ミリ)~最大で四つ切(392×542ミリ)四つ切サイズ(540×380ミリ)規定のリーフレットに描くレポート用紙A4判、片面10枚以内
ポイントグランプリ賞を受賞すると、入賞者と保護者各1名が種子島宇宙センター(予定)で開催される体験ツアーに招待1作品につき、給食2日分(60円)が協力企業より国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられる9割以上の作品が海外からの応募となる、グローバルな絵画コンテストジアイーノや加湿空気清浄機(パナソニック製品)などの賞品のほか、応募者全員に参加賞のプレゼントもあり受賞者の子どもたちには、お互いのアイデアや夢を共有し、友情を育む「国際交流会」も提供優秀者を対象に。12月23日(土)に、筑波大学で表彰式・発表会が行われる予定

夏の自由研究コンテスト | それぞれの内容をチェック!

上記で紹介した小論文コンテストの詳細をひとつずつ紹介していきます。

応募するコンテストを検討する際に参考にしてください。

①JAXA 宇宙の日・作文絵画コンテスト

「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」と「日本宇宙少年団」が主催する、小中学生を対象とした作文と絵画のコンテスト。

グランプリ賞を受賞すると、入賞者と保護者各1名が種子島宇宙センター(予定)で開催される体験ツアーに招待されます。

こんな作品を書いて(描いて)みよう

「宇宙の日」は、日本でも宇宙の普及活動を行うことを目的に、毛利衛さんがスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った9月12日が選定されました。

宇宙について、小学生・中学生としての自分なりの視点を持ち、どのような発見があったかをまとめて表現してみましょう。

受賞作品からみえてくる傾向と対策

どの作品も、宇宙について興味を持ち、テーマについてよく考え、調べたうえでの、イメージを膨らませた作品となっています。

その年のテーマについて、図書館やインターネットなど使ってよく調べ、まわりの大人にもいろいろ質問しながら作品についてのイメージを得るようにしてみるといいでしょう。

応募に際してのアドバイス

応募方法は、全国52の最寄りの科学館に送付しますが、絵画のみの受け付けている科学館もあるので注意。

応募科学館での「最優秀賞」者のなかから、さらに選定されるグランプリ賞を受賞すると、入賞者と保護者各1名が種子島宇宙センター(予定)で開催される体験ツアーに招待されます。

②WFP エッセイコンテスト

NPO法人国連WFP協会が主催している、チャリティーエッセイコンテストで、対象は小学4年生〜大人まで。

小学生部門(4〜6年生)、中学生・高校生部門・18歳以上部門の3部門で作品を募集します。

こんな作品を書いてみよう

本コンテストの応募作品は、1作品につき、給食2日分(60円)が協力企業(日清食品、三菱商事)より国連WFPに寄付され、学校給食支援に役立てられます。

2022年は2万3090作品の応募があり、4万6180人の子どもたちに給食を届けることができたそうです。

あなたの作品も、飢餓に直面する子どもたちにおいしい給食を届けるような思いを込めて書いてみましょう。

受賞作品からみえてくる傾向と対策

世界の10人にひとりが飢餓に苦しんでいる状況なのだそうです。

それらの状況にいる人たちと自分の状況がどのように違うのか、当たり前に口にしている食事がいかに特別なものなのかについて想像しながら、テーマに沿って書いてみましょう。

応募に際してのアドバイス

応募できるのは、ひとり1作品のみです。

エッセイは日本語で200字〜800字以内で書き、ダウンロードした応募票に必要事項を記入のうえ作品に添付し、郵送かオンラインで応募します。

③花王 国際こども環境絵画コンテスト

花王が、世界の6才〜15才までの子どもたちを対象に実施している絵画コンテスト。

こんな作品を描いてみよう

身近な生活のエコと地球の環境について考え、それらを守りながら未来へと渡していくために何ができるのか、自由な発想で絵画として表現してみましょう。

受賞作品からみえてくる傾向と対策

審査では、「地球環境改善への願いや発想が感じられるか」「世界の環境問題を考えるうえで新鮮な視点を与えてくれるか」「子どもらしい発想や視点を感じさせるか」「国や地域らしさが反映されているか」という点が重視されます。

受賞作品は、難しいテーマながらも、自分なりの視点や発想を大切にしながら、伸び伸びと地球や環境について表現されています。

応募に際してのアドバイス

本コンテストは、2022年度は、世界中から1万3214点(国内390点、海外1万2824点)の作品応募があるなど、じつに9割以上が海外からの応募作品が占める、グローバルなコンテストです。

受賞作品からも、表現の多様性を見てとることができるので、過去の作品をじっくり鑑賞してみましょう。

④パナソニック 環境絵画コンクール

本コンクールは、子どものころから環境について考える習慣を身につけてもらいたいという思いで、2006年から実施されており、今年で18回目の開催となります。

こんな作品を描いてみよう

これからも空気や水をきれいにするために自分たちにできることや、生きものが元気にくらす様子などを自由に描いて、絵に込めた思い(メッセージ)と共に送ります。

受賞作品からみえてくる傾向と対策

自身の経験をもとに、環境について感じたこと・考えたことを絵画として反映した作品が選ばれています。

それぞれの環境に対する思い(メッセージ)も、絵画表現を補う評価ポイントとなっています。

応募に際してのアドバイス

コンテストに入賞すると、ジアイーノや加湿空気清浄機(パナソニック製品)などの賞品のほか、応募者全員に参加賞のプレゼントもあります。

⑤HONDA 子どもアイディアコンテスト

小学生を対象としたアイデアコンテストで、未来に“あったらいいな”と思うモノのアイデアを考えて、絵に描いて応募します。

こんな作品を描いてみよう

一次審査を通過した人は、最終審査に向けて作った立体作品をみんなの前で発表します。

最終審査では、作品のアイデアや完成までのできごと、工夫したところなどを話すので、最終審査も踏まえた上で作品を描いてみるといいでしょう。

受賞作品からみえてくる傾向と対策

どの作品も、絵画から立体作品になるプロセスでさらにアイデアが整理され、作品への思いしっかり伝えられています。

受賞作品には、人に対する思いや、世の中をよくしたいという思いが込められたアイデアが表現されています。

あなただけの「あったらいいな」をじっくり探してみましょう。

応募に際してのアドバイス

受賞者の子どもたちは、お互いのアイデアや夢を共有し、友情を育む「国際交流会」が提供されます。

2022年度は日本から7名、タイから5名が参加。計12名の子どもたちが1泊2日のプログラムを体験しました。

⑥筑波大学 科学の芽

「科学の芽」コンクールでは、この1年間で新しく発見したことを科学的な視点でまとめた作品を募集し、選考が行われます。

こんな作品を描いてみよう

小学生部門での審査の観点となるのは、下記の3点。

  • テーマの独創性…日常的な自然や現象の中から独創的な問題をみつけ出しているか
  • 探究力…問題を解決するための観察 ・ 実験 ・ 調査を的確に根気よく行っているか。目的を達成させるための実験観察方法を工夫しているか
  • 表現・活用…自分なりに結果をまとめ、 それをわかりやすく人に伝えるものになっているか。研究成果を活かしたり、 創造したりしているか

受賞作品からみえてくる傾向と対策

どの作品も、日常のひとコマやもともと興味のあったテーマから、科学的な問題を設定しており、その問題を解決に導くための観察や実験、そのためのスケジュールもしっかり練られています。

結果、客観的な数値などから、しっかり結論や考察がまとめられています。

応募に際してのアドバイス

科学の芽という発表の場に向けて、それまであいまいだった不思議なこと・発見したことを、科学的な視点と思考で考え、それを人に伝えるためにまとめる醍醐味を経験できます。

もちろん、結論に至るまではかなり思考を重ねたり、つぎつぎと生まれる仮説を証明するための実験に取り組んだりする必要があるので、時間をかけて取り組みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents