ラグビー・スクール <ザ・ナイン>

TOEFLレベルチェック

「ラグビースクール Rugby School」は、男女共学の全寮制スクール。名門パブリックスクール9校「ザ・ナイン」のうちの1校であり、イートンと並ぶ難関校でもあります。

ラグビー・フットボール発祥の学校であることは有名で、学校の敷地内にはラグビーフィールドが14面、ポロフィールドが6面などのスポーツ施設、サイエンスセンター、アートセンター、劇場、教会などもあります。

2017年には「ラグビー・スクール・タイ」が開校、2022年秋には「ラグビー・スクール・ジャパン」が開校予定などアジアにも進出しています。

ラグビー・スクール
校長:Peter R.A. Green
創立年:1567年
住所:Lawrence Sheriff Street, Rugby, Warwickshire, CV22 5EH, UK
生徒数:817名
学校の種類:通学とボーディングの選択制、共学、13〜18才
寮生と通学生の比率: 寮生/80%、通学生/20%
留学生の割合:
カリキュラム:3学期制、11年生でGCSE/IGCSE、その後シックス・フォームでAレベル、IB DP(2021年〜)を選択
課外活動:演奏から作曲、コーラスまでカバーする音楽カリキュラム、演劇、アート、広大なキャンパスにはラグビーやテニス、クリケット場などを完備し専任コーチが指導。水曜午後のコミュニティサービス活動、150年以上続く学生連隊での活動、文化や言語、スポーツを学ぶための海外旅行など
卒業後のおもな進路:オックスフォード大、ケンブリッジ大、ラッセル・グループなどの難関大学など
著名な卒業生:ウィリアム・ウェッブ・エリス(ラグビーフットボールの発明者)、ネヴィル・チェンバレン(イギリス元首相)、ルイス・キャロル(作家)、マシュー・アーノルド(作家)など
学費(年間):通学生/2万3080ポンド、寮生/3万6798ポンド
サマープログラム:
入試データ
出願のタイミング9年生、シックス・フォームに進学予定の生徒
出願期間Year5もしくは6の期間に個別での学校訪問を推奨、出願(9年生の場合)
出願料150ポンド
入試時期Year7で面接、共通テスト
試験内容面接、共通テストもしくは英語・数学で入学要件を満たすことなど
難易度(合格数)
求められる成績在籍している学校からの口頭テストの結果・評価の提出、共通テストで55%以上での合格もしくは英語と数学で入学要件を満たすこと(9年生の場合)

「ラグビー・スクール」公式サイト

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年...

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む...

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・...

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親...

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の...

  1. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・...

  2. 成長のチャンスに満ちた国際学生寮「U Share西...

  3. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  4. アントレ&リーダシップ教育「DECA JAPAN」

  5. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X