ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

カリフォルニア大学バークレー2024│アメリカでの寮滞在orオンラインから選択する高校生サマースクール

寮滞・オンラインから選べるサマースクール
Berkeley Pre-College Scholars
  • 名門公立大学の集まり「パブリック・アイビー」の1校・UCバークレーが主催
  • 開催期間は2024年6月16日(日)~8月9日(金)※オンラインコース日時は未更新
  • 寮滞在型、オンライン型から選べる
  • アメリカ国内外の高校生等も対象としており、ESLクラスも提供
  • 16〜18才が対象(滞在型は16~17才)
米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

バークレーサマースクール2024│寮滞在orオンラインから選択可能

UCバークレーのサマー・プレカレッジ・プログラムでは、米国外からの学生は、キャンパス内に滞在して多彩なアクティビティを体験できる「Summer Residential track」と、大学レベルの講義をオンライン受講できる「Summer Virtual track」のいずれかを選んで応募できます。

芸術、人文・社会科学、STEMなど幅広い分野におよぶコース(対面型は約150コース、オンラインは約90コース)が用意されており、各コースを修了すればUCバークレー以外にも転用できる大学の単位取得が可能です。

Berkeley Pre-College Scholars

主 催カリフォルニア大学バークレー校
住 所Berkeley, CA
日 程Summer Residential track(キャンパス滞在)/2024年6月16日(日)~8月9日(金)、Summer Virtual track(オンライン)/未発表 ※具体的な日程や期間は、選択セッションやコースによって異なる
対 象滞在型 G10(高1)を修了した16〜17才の高校生、オンライン G10(高1)を修了した16~18才の高校生(いずれも2024年6月16日時点)
英語力証明資料TOEFL iBTIELTS、TOEIC、Duolingo English Test、iTEP、ケンブリッジ英語検定、CEFRなど
空港送迎大学からの案内なし
参加費<滞在型>8週間セッション/1万5800ドル、6週間セッション/1万4500ドル <オンライン>1単位あたり595ドル×取得単位数 ※その他登録料/550ドル、インターナショナルサービス料/500ドル、書類管理費/688ドルなど
申込期間<滞在型>
2024年2月1日(木)~3月11日(月)、<オンライン>2月15日(木)~6月3日(月) ※講義ごとに定員があるため早めの手続きを推奨

バークレーサマースクール2024│単位取得を伴わないコースも用意

単位取得を伴わない選択肢として、16才~17才(2024年6月16日時点)を対象とする「Berkeley Summer Computer Science Academy」も用意。

経験に応じて2段階にクラス分けされるので、コーディング初心者にも対応し、バークレーの現役学生も履修するBJCカリキュラムに基づいてコンピュータサイエンスを学べます。

米国パパ

ただし、いずれも対面型で実施期間が6月16日(日)~28日(金)となるため、日本の高校生にとってはスケジュール調整が難しいかもしれません

バークレーサマースクール2024│寮滞在型は6 or 8週間から選択

現地開催型「Summer Residential track」(単位取得タイプ)は、プログラム開始時(2024年6月16日時点)に16~17才かつ高2以上の学生の参加が認められ、8週間のセッションCか、6週間のセッションDのなかからLower Division(レベル)に該当する2コースを学びます。

セッションC(6月16日~8月9日)に申し込んだ場合は、セッションCのコースからふたつ、またはセッションCとDより1コースずつを選択。

いっぽう、セッションD(6月30日~8月9日)に申し込んだ場合は、計2コースをセッションDから選択する必要があります。なお、このプログラムでは参加者の学生寮滞在が必須です。

バークレーサマースクール2024│オンライン型は6週間単位×6セッションで提供

オンラインを活用する「Summer Virtual track」(単位取得タイプ)は、プログラム開始時点で16~18才かつ高2以上の学生が対象。

米国パパ

ただし、基準日(6月16日)より早く始まるコース(セッションAとB)を受講する場合は、各コースのスタート時点で16才に達している必要があります

滞在型プログラムとくらべ、選択できるコースの総数はやや少なめですが、セッションA~Fの6期間ごとに設定されたLower Divisionのコースより、興味関心のある分野を柔軟なスタイルで受講可能です。

オンラインクラスのなかでも、好きなタイミングで受講できる録画型と、あらかじめ日時が定められているライブ配信型のコースなどが用意されています。

バークレーサマースクール2024│応募に必要なスコアや条件

サマープレカレッジの共通事項として、応募者の高校における成績は、平均してBおよび3.0相当が求められます。

米国パパ

そして、受講形式を問わず、日本など非英語圏からの参加者は、英語習熟度を証明するスコア(3年以内)などを提出しなくてはなりません

おもな試験スコアの必要最低基準は、TOEFL iBT80点、IELTS6.5、TOEIC685点、CEFR:B2、Duolingo English Test105点となっています。

また、こうした基準点に満たない場合も応募は可能ですが、受講できる選択肢がESLコースに限られます。

バークレーサマースクール2024│参加費も確認しておこう

滞在型プログラムについては、8週間のセッションCであれば1万5800ドル、6週間のセッションDであれば1万4500ドルの参加費が必要。

上記の金額には、授業料のほか、滞在費や食費、課外活動費、健康保険および現地サポート料などが含まれています。

オンラインプログラムでは、1単位あたり595ドルに、各コースの取得単位数を乗じてトータル授業料を算出(1コース当たり2~4単位が多い)。

ほかにも、登録料550ドル、インターナショナルサービス料500ドル、書類管理6 8ドルなどが追加で発生します。

滞在型とオンラインプログラムの共通費用として、応募手数料25ドルと各コースの内容よっては教材費がかかるケースもあります。

米国パパ

グローバルエデュでは、サマースクールに安心して参加するためのサポートを提供しています。まずは、高校生サマースクール Q&Aをチェック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents