親子留学

【留学hack03】達人ママが学校選びを指南…フィリピン親子留学①セブ「Bayside RPC」

ryugakuhack

親子留学 DATA

  • 子供の年齢:長女8才(小学校3年)、次女5才(幼稚園年長)
  • 子供の英語レベル:長女/英検4級、次女/週1回の英会話教室
  • 留学期間:2週間(2013年7月)
  • 留学地域:フィリピン・セブ
  • 留学にかかったコスト:航空代金/約6万円(マニラ-セブのチケット代。日本-マニラ間は特典交換航空券を使用)、語学学校/約21万1500円、寄宿舎保険金/7500ペソ(退寮日に水道300ペソ、電気代約2000円を差し引かれ返金)、SSP(特別就学許可証)/1万9500ペソ、ACR-I(外国人登録証)/1万500ペソ、教材費代/1500ペソ、その他(学校のアクティビティ、アイランドホッピング代4500ペソ含む)/約2万円、海外保険/約8500円、合計…約40万7000円 ※百ペソ=約255円(2015年9月現在)

留学先 DATA(2013年当時)

  • 学校:「Bayside English Cebu RPC Campus」(日本資本)
  • 学校の住所:Quezon National Hwy, Lapu-Lapu City, Cebu
  • 定員:200名
  • 日本人比率:ほぼ100パーセント(現在は約90パーセント)
  • プログラム名:子供「Junior General English Course 」、保護者「General Course」
  • 授業内容:Junior General English Course/マンツーマン4時間+グループ1時間+インター1時間+フリークラス2時間、General Course/マンツーマン5時間+グループ1時間+フリークラス2時間
  • 授業料:6万3000円(ひとりにつき、寮費・食事込み)※2週間
  • 学生寮:ベッド、机、チェスト、冷蔵庫、扇風機、エアコン、トイレ、温水シャワー、掃除(2~3日に1回)、洗濯(1日おきに各自でランドリーに持っていく)、3食提供あり(土日祝も含む)、Wi-Fi(部屋ではつながりにくい、PCルームあり)
  • 学校周辺環境:目の前にパン屋、小さな雑貨屋あり(徒歩圏内にスーパーはなし)
  1. フィリピン親子留学比較①2013年 セブ「Bayside RPC」
  2. フィリピン親子留学比較②2014年 ダバオ「E&G」
  3. ィリピン親子留学比較③2015年 イロイロ「Dream」
  4. フィリピン親子留学比較④メリット&デメリット<まとめ>

親子で学ぶ、フィリピン留学の魅力

わが家は、2013年〜2015年にかけて、ふたりの娘とともにフィリピンに3回留学しました。

留学先と期間は、①セブに2週間(13年)、②フィリピン第3の都市・ミンダナオ島のダバオに4週間(14年)、③学園都市・パナオ島のイロイロに4週間(15年)。

学校も、日本人資本の学校、韓国人資本の学校、ガッツリ勉強できる学校など、それぞれ個性のある留学となりました。

今回は、それらの留学を3回にわけて紹介していきながら、メリット、デメリットも交えつつ、フィリピン親子留学とはどんなものなのか、お伝えしていきたいと思います。

フィリピン留学最大の魅力は、親と子供がいっしょに英語を集中して学べること。

子供の学びが中心になりがちな親子留学ですが、フィリピンの語学学校では食事や洗濯、掃除など生活まわりのことはすべて学校がやってくれます。

これは、海外でも家事に追われがちなママには朗報ですね!

フィリピン留学との出会い

わが家がはじめてフィリピンに留学したのは、2013年の夏のこと。

夏休みにセブ島へ旅行しようといろいろ情報を集めていたところ、たまたま見たサイトでフィリピン留学について知りました。

cebu12

当時小学3年生だった長女は、毎年夏休みにアメリカンスクール主催のサマースクールに通っていましたが、参加費は2週間で15万円。かたや、フィリピン留学は2週間で約6万円(ひとり分。授業と滞在費込み)。

あまりの安さに衝撃を受け、フィリピンの治安に不安を感じながらも「この夏はフィリピンで学んでみよう」と、留学と旅行(1週間)と合わせて計3週間のフィリピン滞在計画を立てることにしました。

学校選びのポイント

「フィリピン留学」と検索すると、たくさんの語学学校が見つかるはず。たくさんあるがゆえに、悩ましいのが学校選びです。

はじめてのフィリピン留学なので、今回は「なるべく子供の負担が少ない」留学となるよう、下記の条件で学校を探すことにしました。

  • 日本資本の学校であること
  • 広い敷地とプールがあること
  • 子供向けカリキュラムを実施している学校

現在フィリピンにたくさんの語学学校があるのは、英語教育熱の高い韓国で「近場で安く英語を身につけたい」というニーズに応えるべく、韓国の企業や学校が英語特化型の語学学校をつくり、多くの韓国人を送り込んで来た背景があります。

そのため、昨今では日本人資本の学校も増えてはいますが、いまでもその多くが韓国資本の学校となります。

フィリピン留学は、学校と寮が同じ敷地内にあり、食事は3食つき、そして部屋の掃除や洗濯もしてくれる、いわゆるオールインクルーシブタイプの学校がスタンダード。

このシステムだと滞在中の安全も確保できますし、なんといっても勉強に集中できますね。

今回「日本資本」にこだわったのは、食事面に不安があったから。韓国資本の学校では、キムチをはじめとする韓国料理が食事に出ることも多く、子供にはちょっとキビシいかな、と思ったのです。

そして、子供たちが走り回れるような広い敷地があり、週末に遊べるプールも重要。

これらの条件を満たす学校を探してみると、セブ島の「Bayside English Cebu RPC Campus」という学校が条件にピッタリ。

さっそくエージェントを通して、こちらの学校に申し込みました。

しかし、申し込んでから言われたのが「親子留学の場合、親も一緒に授業を受けていただくことになります」。

エーッ!! 私は付き添いとして、のんびり買い物やマッサージを楽しもうと思っていたんですが…

フィリピンの語学学校では、付き添いで親が滞在するケースはほぼ想定しておらず、親子留学で留学する場合は、親も子もコースを選択して英語を学ぶことになります。

いまさら英語は勉強したくないけれど、子供の教育は大事…と、私も英会話を学ぶことにしました。

「Bayside RPC」で学ぶ▶

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

1 2 3次ページへ
Tags
Close
X