ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

プナホウサマースクール2024 | 5才〜G8対象…ハワイ名門校で過ごす多様性あふれるプログラム 4/17〆

ハワイ名門校の夏休みプログラム
プナホウサマースクール2024
  • 実施期間は、2024年6月10日(月)~7月26日(金)
  • 対象は5才~Grade 8(中2相当)
  • 地元ハワイ、米国本土、海外から参加者を幅広く募り、多様性溢れる教育環境を提供
  • 本格的な専用設備を活かした水泳やテニスをはじめ、音楽や演劇ジャンルの選択肢も充実
  • ESLには非対応のため、学年相応の英語4技能レベルが必要
  • 学生寮などは提供されないため、保護者同伴の滞在を想定したプログラム

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

プナホウサマースクール2024 | 計7週間に渡り実施されるプログラム

ハワイの名門私立学校「Punahou School(プナホウスクール)」は、5才~Grade 8(中2相当)を参加対象とした「Summer Programs 2024」を、2024年6月10日(月)~7月26日(金)にかけて開講します。

1841年創設のPunahou Schoolは、キンダーガーテン~Grade 12までの一貫教育体制を備え、総勢3700名以上の生徒を抱える米国内でも最大規模の私立校。

卒業生には数多くのオリンピックメダリストが名を連ねるほか、米国第44代大統領バラク・オバマ氏の母校としても有名です。

6〜7月にかけて3セッションを用意

プナホウのサマープログラムは、期間の異なる3セッションから構成されています(6月11日、19日、 7月4日は休校)。

  • Summer Programs Early Session…2024年6月10日(月)~14日(金)
  • Summer Programs Session…6月17日(月)~7月19日(金)
  • Summer Programs Extended Session…7月22日(月)~26日(金)
米国パパ

5日間の短期にはなりますが、日本から申し込む場合は「Extended Session」がもっとも参加しやすいでしょう

同時期に、Grade 9~12が対象となる「Academy Summer School」も開講されますが、こちらは内部生のみ参加資格が与えられています。

プナホウスクール Summer Programs 2024

主 催プナホウスクール
住 所1601 Punahou Street, Honolulu, HI 96822
日 程Early Session/2024年6月10日(月)~14日(金)、Summer Programs Session/6月17日(月)~7月19日(金)、Extended Session/7月22日(月)~26日(金)
対 象Kindergarten~Grade 8(キンダーの入園対象は、生年月日2018年8月1日~2019年7月31日)
参加費(2023年度)1コースあたり50ドル~1600ドル(滞在費や食費は別途)
申込期間2024年3月8日(金)正午~4月17日(水)16時

プナホウサマースクール2024 | 提供されるプログラム

コーストピックは、2023年度の情報に基づいて紹介(2024年のサマーコースカタログは、2月14日にアップデートされる予定です)。

サマープログラムでは、ひな型となる時間割は採用されず、参加者自身が興味のあるコースを選んで実際のスケジュールをアレンジできます。

とはいえ、Early SessionとExtended Sessionに限れば、そこまでコースの選択肢が多いわけではありません。

コースによって対象学年の範囲は異なり、同一コンテンツでも午前か午後を選べるケースもあります。

多様なジャンルを用意

Summer Programs Sessionには、以下のようなジャンルに関連したコースが用意されています(Early / Extendedは一部のみ)。

水泳とテニス以外のスポーツ系(Athletics)も豊富ですが、ほとんどが内部生限定に設定されているようです。

  • Aquatics(水泳・水球など)
  • Athletics
  • Case Entrepreneurship
  • Chess
  • Dance
  • Junior School(サイエンス、数学、コーディング、フォトグラフィー、テーマ別学際コースなど)
  • Language
  • Music(プライベートレッスンあり)
  • SAT Prep(SAT試験対策)
  • Tennis(プライベートレッスンあり)
  • Theatre

Extended Sessionで提供されるコース

日本から参加しやすいExtended Session(5日間)では、以下のコースが申込可能です。

  • Keiki Summer Fun Camp(キンダーガーテン~G5、470ドル)…インドア・アウトドアを問わず、学年レベルに応じたエキサイティングな学習体験を課外活動も交えて提供

キャンプ後、15時~17時30分までプナホウに留まる場合は、キャンプ利用者限定のAfternoon Supervision(+85ドル)を依頼できます。

  • On Camera Fun:Middle School Edition(G6~G8、400ドル)
  • The Laugh Lab:Comedic Performance(G6~G8、400ドル)

あくまで2023年度のケースですが、G6~G8までは演劇・演技系のコースしか選択肢がありませんでした。

より幅広いジャンルから選ぶには、通常のセッションに合わせて参加する必要があります。

プナホウサマースクール2024 | 参加費や申込について

参加費用

授業料はコース別に、50ドル~1600ドルのレンジで設定されています。金額の開きが大きいのは、コースによって1日や週あたりの時間数が異なっているからです。

また、プログラム費用に昼食代は含まれておらず、持参するか学校で購入するかは各々の判断に任されています。

申込期間

2024年版コースカタログが2月14日正午に公開されるのに続き、外部生を含む登録手続きは3月8日正午よりスタート(登録締切日は4月17日16時)。

各コースは登録人数に応じて締め切られるため、なるべく早期に手続きを進めるのがおすすめです。

必要な英語力や準備について

また、参加者の英語力は、現地のクラスに入っても問題なくコミュニケーション可能なレベルが求められています。

参加時の準備としては、ツベルクリン反応検査証明(TB Clearance)や海外旅行保険への加入も必要です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents