進路に合わせた学校をご案内します海外ボーディング編入サポート

台湾留学フェア2024 | 「台湾大学」など18のトップ大学の担当者と日本人留学生が東京と横浜に集結! 6/15,17

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

台湾留学フェア | 18大学が東京と横浜に集結!

「日本台湾教育センター」(東京·千代田区)は、台湾の大学説明会「台湾留学フェア2024夏」を、2024年6月15日(土)、17日(月)に東京と横浜にて開催します。

日本台湾教育センターは、日本の文部科学省にあたる台湾教育部が、日本に台湾の高等教育を広め、両国の学術交流を深めることを目的として設立した機関。台湾と日本に拠点を置き、台日における学術協力と交流の強化や台湾留学に関する情報発信や相談などを行っている

台湾留学フェアは、コロナ禍によりオンライン移行した時期がありましたが、2024年夏も昨年に続いて対面開催を実施。

日本人留学生の受入れに熱心な主要18大学を迎え、大学の担当者から話を直接聞けるチャンスですね。

現役の日本人留学生も会場にいるので、学校や留学生活のリアルな声を聞くことができますよ。

さらに、会場では台湾留学関連パンフレットや資料も無料配布しており、インターネットでは入手できない貴重な情報も一度に集めることができますよ。

日程と会場について

日程の詳細は以下のとおり。1日目と2日目の開催日は、間隔が1日空いているので注意してください。

  • 6月15日(土)13時~16時(受付12時30分~)…「東京中華学校」体育館(東京都千代田区)、アクセス:四ツ谷駅下車徒歩4分、市ヶ谷駅下車徒歩5分
  • 6月17日(月)14時~16時(受付13時30分~)…「横浜中華学院」体育館(横浜市中区)、アクセス:石川町駅下車徒歩7分、元町中華街駅下車徒歩8分

台湾留学フェア2024夏

主催日本台湾教育センター
開催日2024年6月15日(土)、6月17日(月)
場所東京/「東京中華学校」体育館(東京都千代田区五番町14番地)、横浜/「横浜中華学院」体育館(横浜市中区山下町142番地)
対象台湾留学希望者、保護者
参加無料(入退場自由)

台湾留学フェア | 参加する18大学をチェック

今回参加する大学は、下記の18大学です(予定)。

昨年は参加しなかった大学もいくつか含まれており、1度参加済みの方でも有用な情報が手に入るかも。

国立9大学

  • 国立台湾師範大学(台北)
  • 国立清華大学(新竹)
  • 国立台湾大学(台北)
  • 国立高雄師範大学(高雄)
  • 国立高雄科技大学(高雄)
  • 国立台北教育大学(台北)
  • 国立雲林科技大学(雲林)
  • 国立中山大学(高雄)
  • 国立東華大学(花蓮)

私立9大学

  • 中原大学(桃園)
  • 東呉大学(台北)
  • 淡江大学(新北)
  • 中山医学大学(台中)
  • 静宜大学(台中)
  • 実践大学(台北)
  • 中国文化大学(台北)
  • 長庚大学(新北)
  • 景文科技大学(新北)

台湾留学フェア | 台湾留学には魅力がいっぱい!

台湾への留学は、コストの安さも魅力。授業料で年間30~40万円、学生寮などに滞在すれば年間寮費が20~30万円程度。

日本の私立大学の授業料程度の費用で1年間の滞在費や生活費などをカバーできるため、地方から東京や大阪などの都市部の大学に進学するよりも経済的に安価に大学に通うことができます。

また、中国語だけではなく英語での授業も充実しており、卒業後に日英中のバイリンガルを目指すことも可能。

中国語初心者でも大学に入学できるシステムや、4年間英語ですべての授業を受けることができるコースを設置する大学も多くあり、近年注目されている留学先となっています。

中国語と英語を学ぶことができるため、トリリンガルを目指すことも可能です。

イベントでは、台湾で充実している外国人留学生向けの給付奨学金制度についても説明があるほか、ユニークなのは、世界各国の大学への交換留学制度。

台湾の大学の学費を払うことで、世界各国の名門大学への交換留学が可能になるため、日本の大学の学費を払うよりも圧倒的に安く海外の大学へ交換留学ができるというのも、台湾留学の魅力となっています。

このように台湾留学について知れば知るほど、新たな進学の選択肢が見えてくるのではないでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents