海外

【英国留学】TOEICとTOEFLが、14年4月よりビザ申請に必要な英語力証明として使用不可に

申請時には最新情報を確認

「英国内務省」は、TOEICやTOEFLを実施する「ETS」と結んでいた英語能力証明に関する契約を、2014年4月5日をもって終了したことを発表しました。

英国では、留学などでビザを申請する際に英語能力証明(SELT)が必要となり、それを証明するテストとしてTOEICやTOEFLが有効でした。

英国内務省がETSテストとの契約を終了したことを、4月25日に英国大使館がウェブで告知。
ETSテストとの契約を終了したことを、4月25日に英国大使館がウェブで日本語で告知。

今回の事態に至ったきっかけは、14年2月に英国のテレビ局「BBC」がTOEICのテスト会場での不正を報道したことにあります。

ETSがテストの正当性を確保するため、英国での契約を更新しないことを決定。

留学生への影響は、4月6日以前に英国外でビザ申請済みの場合、通常の申請手続きに加えインタビューが必要になるとのこと。

まだ申請していない場合は、申請前に英国政府のウェブサイト「Gov.UK」で最新情報をチェックし、留学を予定している教育機関にTOEICやTOEFLのスコアが有効か確認を。

いっぽう、「ETS」の発表では(4月22日)、英国ビザ申請のために受験を予約している人には、予約のキャンセルや受験料の払い戻しについてETSから案内があるそう。

ETSは4月17日に発表。
ETSは4月17日に発表。

受験済みで承認されない場合は、受験料の払い戻しがあるそう。

ただし、英国の大学などの教育機関への入学申請には、引き続きTOEFL iBTのスコアは有効としています。

TOEFLやTOEIC以外に、英国で英語力証明として日本で受験できるテストには、IELTS、ケンブリッジ英検、PTEAcademicがあります。

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X