【英語多読アカデミア】小学生でも3ヵ月で読める…最強の学習法「多読」を習慣化するスクール

「多読」は楽しくて効果のある学習法

数ある英語学習法のなかでも、「多読」が非常に効果的な学習法であることはもはや周知のことですよね。

まずはやさしく楽しい英文をガンガン読んでいきながら、さまざまな語彙や文法パターン、表現と出会い、文脈のなかでその意味合いを理解していくのが多読の学習法。

英語の世界に浸りながら、語彙や文法とリンクした「英語の読み方」が自然と身についていくため、ストレスなく(むしろ楽しく!)英語力に自信を深め、「もっと読みたい」というモチベーションアップにつながっていきます。

みなさんにも、夢中でペダルを漕いでいたら自転車に乗れるようになっていた、という経験があるかと思いますが、多読も続けていると、気づいたら英語の世界を自由に乗りこなしている…そんな魅力的な学習方法なのです。

でも、多読を継続するのは難しい…

このようにいいところどりにも思える多読ですが、なかなか普及していないのが現状です。

多読をはじめる際にハードルとなるのが、まずは教材選び。その後はいかに継続していくかがカギとなってきます。

多読では、ある程度英文をスムースに読むためには100万語(例:I love you=3語)を読むことがひとつの目安とされており、100万語を突破するにはある程度の時間を要することになるため、躊躇する人もいるかもしれません。

また、教材は難し過ぎると続かないので、楽しいと思える教材を選ぶことが大切です(多読では辞書は引きません)。

そして、最大の課題は「いかに継続するか」ということ。これは英語学習全般にいえることですが、「読む」のはとても地味な行為ですし、教材も次々に用意しなくてはなりません。成果もすぐには見えにくいため、多読では継続するしくみを整えることが大切です。

3ヵ月で多読を習慣化するスクール

さて、今回はそんな多読の課題をまとめて解決してくれるオンラインサービスを紹介します。

「英語多読アカデミア」は、2019年1月にスタートした、英語での多読を継続するためのオンラインスクール。小学生から大人までを対象に、多読を身につけたい人なら誰でも受講することができます。

多読をはじめたいのなら、月8回(週2回)のレッスンを受けながら多読を習慣化する「多読プレミアムコース」がオススメ。

日本人コーチとネイティブコーチからそれぞれ4回ずつレッスンを受け(各40分、いずれも生徒は最大3名までのグループレッスン)、宿題として出された教材を毎日15分程読んでいきます。

教材は、イギリスの小学校で「国語」の教科書として使われている「Oxford Reading Tree」(ORT)を用い、レベル別に構成された9ステージの教材を順に読み進めていきます。

 

デジタル教材は、ORTを含めた900冊を提供。すべてにネイティブの朗読音声が含まれており、パソコンやスマホ、タブレットで利用可能

日本人コーチは、何冊(何語)を読んだかを把握し、次週までに読む本の計画も一緒に立てるなど、多読を効果的に続けていくためのサポートします。ネイティブコーチは、教材を生徒に読ませたり、内容に合わせたクイズを出すなどのアクティビティを通じて、英語でのアウトプットを促します。

レッスンは、オンラインミーティングアプリ「Zoom」を使用して行われる

小学生でもちゃんと読めるようになるの?

「小学生でも3ヵ月で英語の多読なんてできるようになるの?」と思う人もいるかもしれません。そんな人は、下記の動画で子どもたちが多読をはじめて3ヵ月、6ヵ月でどのような成長を遂げたか確認してみてください。

子どもの学ぶ力ってすごい! 週2回のレッスンで楽しく多読を続けられるようサポートし、子どもたちの読む力をグンっと伸ばしていますね。

動画では3人の小学生がレッスンを受けていますが、もともとの英語力は、ひとりは家で少しずつ英語学習をしていた程度、残りのふたりは小学校の英語の授業で学んだ程度で、英語の学習経験はほぼありません。

動画で学んでいる本好きな小学6年生の女の子の場合、毎日10冊以上のペースで教材を読み進め、ORTの全ステージを3ヵ月ほどで読みつくしてしまったそうです。ちなみに、ステージ9はイギリスのネイティブの6〜7才レベルの英語で書かれているので、ORTを終わらせることで科学や歴史、物語などさまざまなカテゴリーの多読をしていくうえで必要となる英語の基礎をつくることができます。

また、プリスクールなどで英語を学んでも、卒園してからどのように英語力を維持させたらいいのか悩んでいるファミリーも少なくないですよね。そんなケースにも多読はオススメです。

動画の男の子は、この春プリスクールを卒園したばかりの小学生ですが、在園中から英語力維持のために多読をはじめ、現在多読歴は5ヵ月、読んだ教材は200冊、語彙数は6万語。現在も日常的な英会話力を保持しています。

 

*    *    *

このスクールは3ヵ月を目安に、ひとりでも多読ができることを目指しています。受講料は、3ヵ月受講した場合は11万8800円、6ヵ月受講した場合は21万7800円(別途入会金2万円、月々の教材費が必要)となりますが、この金額で多読の習慣(=自立した英語学習者)が身につくのなら安いのではないでしょうか。

現在、入会を検討している人のために有料のお試しレッスンを用意(ネイティブ講師1回、日本語講師1回の計2回、3800円)。申し込みは、「英語多読アカデミア」公式サイトから受けつけています。

みなさんも、多読の習慣を身につけて、本当に強い英語力を手に入れてくださいね!

 

英語多読アカデミア
「英語多読アカデミア」Facebookページ


【英語多読アカデミア】

  • 運営:英語多読アカデミア
  • 対象:小学生〜大人
  • 料金:多読プレミアコース/3ヵ月・11万8800円(別途入会金2万円が必要)、6ヵ月・21万7800円、お手軽英語多読コース/1ヵ月更新・1万6280円、6ヵ月更新・9万1080円(別途入会金1万円が必要)

◉提供:英語多読アカデミア

 

関連記事

  1. 【JAXA】小学生向け宇宙教育プログラミング教材「人工衛星・地球観測を学ぼう!」提供開始

  2. 【Honda's Philosophical Education】本田圭佑選手がグローバルな競争に勝てる人材を育成

  3. 【津田塾大学交流館】ウォルト・ディズニーの生涯を学び演じる「夏休みこども英語プログラム」

  4. 【多様な学びプロジェクト】小中学生が気軽に立ち寄れる「居場所」300ヵ所紹介<休校支援>

  5. 【共育時代の学び03】親の先回りが子どもの未来を奪う!? 「自分で考え決断する力」を育もう

  6. 【Neuron Inventor Kit】プログラミング工作が楽しめる…Makeblock社のSTEM玩具発売

  7. 【Apple】自宅で楽しむ3つのオンラインプログラム…小学生「ホームキャンプ2020」8/1-21

  8. 【ブリティッシュ・カウンシル】「ロンドン交響楽団との音楽作りワークショップ」10名 8/5〆

  9. 【6/28受付開始】2才〜小3対象…ドルトンスクール東京主催「サマープログラム2016」開催

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,502Followers
40Followers

september, 2021

15sepallday【〆切】グルー・バンクロフト基金2022

17sepallday【〆切】東南アジア小論文2021

18sepallday【〆切】筑波大学「第16回科学の芽賞」

19sepallday国際高等専門学校「オンライン進学説明会」

23sepallday【〆切】Green Blue Education Forumコンクール

26sepallday【〆切】SDGsクリエイティブアワード2021

29sepallday【〆切】筑波大学「高校生アートライター大賞2021」

29sepallday【〆切】IBPグローバル留学奨学金2021

29sepallday【〆切】高校生ビジネスプラングランプリ2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

30sepallday【〆切】AFC U-18

30sepallday【〆切】STEM高校生女子奨学金2022

X