進路に合わせた学校をご案内します海外ボーディング編入サポート

ハワイ親子留学 | 「モンテッソーリ・コミュニティースクール」サマースクール<計画&学校選び>

ママ

親子留学は、安心&安全が最優先だよね

留学担当サトー

豊かな親子留学を実現するためのサポートを提供しています

留学担当サトー@Globaledu

グローバルエデュで、親子留学から中高生留学までさまざまな留学プログラムを担当。自身もハワイ親子留学、マレーシア親子留学、セブ親子留学を経験し、世界各地の教育機関を視察。「安心して参加できるプログラム」をモットーに、これまで100名以上の小中高生の留学をサポートしてきました

\ 希望の留学先から申し込みまで気軽にご相談を /

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

ハワイ親子留学 | サマースクール計画は1年前から

わが家がハワイでの親子留学を計画しはじめたのは、約1年前の初夏のこと。

約1ヵ月間親子で海外での生活を経験し、まずは英語を日常的に使ってみること、そして英語を使うとなにができるのか、体験をつうじて実感してほしいと思い、計画しました。

留学時には長男が4才11ヵ月、娘が2才半だったので、生活環境や安全面が整っているハワイはまさに理想的な留学先でした。

親子留学 DATA

  • 子どもの年齢:4才11ヵ月(年中) ※2才半の妹は別のプリスクールに参加
  • 子どもの英語レベル:日本でプリスクールに通園。家庭では簡単な英会話で話す
  • 留学期間:5週間(7月〜8月)
  • 留学地域:アメリカ・ハワイ州ホノルル
  • 留学にかかったコスト:航空代金/約13万円(大人ひとり+子供ふたり、マイレージサービスの特典も使用)、サマースクール参加費/約15万円、アパート滞在費/約20万円、その他(生活費、交通費、レジャー費など)/約30万円、レンタカー代/約15万円(保険料込)、海外保険+健康診断代/約5万1000円…合計98万円

動物園や水族館など気軽に楽しめるスポットもあるし、ワイキキから少し離れると自然も多く、気候なども過ごしやすい環境です。

ハワイ親子留学 | まずは航空券とアパートを手配

まず、出発の約1年前に購入したのが航空券。

夏休み期間に入る7月20日を過ぎると航空券がかなり高くなるので、出発日を7月9日に設定しました。

そして、つぎに決めたのがアパート。

ファミリーでハワイに中長期で滞在する場合、コンドミニアムが一般的だと思いますが、今回はローカルのように過ごしたいと考えアパートを借りました。

アラワイ運河沿いの3階建てアパートで、セキュリティゲートつきの1ベッドルーム。

洗濯乾燥機が室内にあること、家具・電化製品(炊飯器)つきであることを条件に探し、こちらも約1年前に日本の代理店を通して予約しました。

アパートにはコンドのようにプールなどの共用施設はありませんでしたが、そのぶんローカルが利用する市民プール「Makiki Swimming Pool」や公園などに出かけたことで、ローカルと触れ合う機会も多くありました。

ハワイには中長期滞在向けの物件も多いので、英語に不安がなければいろいろなタイプの部屋が借りられると思います。

「Airbnb」でもいろいろなタイプの部屋を探せるので、こちらを利用してもいいかもしれませんね。

当初はクルマを借りる予定がなかったので駐車場は条件に入れていませんでしたが、子どもたちをそれぞれ違うスクール送迎することになり、クルマは必須に。

アラワイ運河沿いは無料パーキングとなっていますが、停められる保証はないので、「Waikiki Banyan」のホテル駐車場を1ヵ月間契約。

3ブロックほどありましたが、子どもたちはトカゲ探しに夢中なり、運河沿いを散歩がてら歩くことになったので苦にはなりませんでした。

ハワイ親子留学 | 複数のスクールに問い合わせ

なかなか決まらなかったのが、子どもたちを通わせる学校です。

ふたりを同じプリスクールに入れたいと思い、スクールを探しましたが、次年度の予定は早すぎてなかなか集まりません。

なので、とりあえずいくつかのスクールに参加の希望を伝え、ウェイティングリストに入れてもらいました。

情報を集めていく過程で、それぞれ年齢と条件にあったスクールを検討したほうがいいのではないかと思い直し、同じスクールにはこだわらなくなりました。

いくつかのスクールに問い合わせると、今回息子が通うことになった「モンテッソーリ・コミュニティスクール」が、とてもていねいな対応をしてくれました。

息子は、1才~3才までシュタイナー教育の保育園に通い、現在は国際バカロレアの初等教育プログラム「PYP」を提供するプリスクールに通っていますが、このモンテッソーリスクールにも自由な環境や自主性を大切にする雰囲気を感じました。

ハワイ親子留学 | サマースクールでは英語力は必須

モンテッソーリ・コミュニティスクール Montessori Community School」(MCS)は、1972年に設立された、2〜12才の子どもたちを対象としたスクール。

夏休みには、毎年サマープログラムを実施しています。

以下は、2023年のサマースクールスケジュールです(料金は7時30分〜14時30分のコース)。

小学生クラス(Elementary、G1〜G5)

  • フルサマー(6月13日〜8月4日)…3650ドル
  • セッション①(6月13日〜23日)…875ドル
  • セッション②(6月26日〜7月7日)…875ドル
  • セッション③(7月10日〜21日)…950ドル
  • セッション④(7月24日〜8月4日)…950ドル

幼児クラス(Preschool/Kindergarten、3才〜5才)

  • フルサマー(6月13日〜8月4日)…2950ドル
  • セッション①(6月13日〜7月7日)…1400ドル
  • セッション②(7月10日〜8月4日)…1500ドル

2才クラス(Two Yare-olds)

  • フルサマー(6月13日〜8月4日)…3650ドル
  • セッション①(6月13日〜7月7日)…1750ドル
  • セッション②(7月10日〜8月4日)…1900ドル

このスクールでは、参加条件として、親も学校側と問題なく英語でコミュニケーションがとれる英語力が求められます

Preschool & Kindergarten Program 2023

主催モンテッソーリ・コミュニティースクール Montessori Community School, Honolulu
住所1239 Nehoa St, Honolulu, HI 96822
日程2023年6月13日(火)~8月4日(金)7時30分~17時30分
内容モンテッソーリ教育法に基づいたプログラム。ハワイの自然や動物などについて学び、遠足もテーマに沿った場所へ週に1度ほど出かける
参加費全日程参加の場合/3500ドル(全日コース)

また、留学生(International Student)も受け入れていますが、小学生クラスはアカデミックな内容であるため「英語で授業を行っているインターナショナルスクールに在籍していること」が条件。

幼児クラスでは、基本的な指示を理解し、したいこと(need、want)が表現できる基礎的な英語力が求められます。また、2才クラスは次年度入学する子どものみ参加が可能でした。

息子は、プリスクールに通っているため、英語の環境には慣れており、家庭でも私が英会話講師なので簡単な英会話をする英語レベル。

ただ、英語で聞いて日本語で返答するケースが多かったので、ハワイに行く前に少し準備しておけばよかったな、と思っています。

ハワイ親子留学 | TBテストと健康診断について

息子がサマースクールに参加したのは、7月中旬〜8月中旬の4週間。ただ、スクールの準備があったため、10日まえにハワイ入りしました。

プログラムがスタートする前日、スクールに行き、健康に関する書類「Health Record」(「F-14、Form14」、ツルクリンの検査・TBテストの結果)、パスポートのコピー、海外旅行保険の控えを提出しました。

Health Recordの提出は必須で、来年度も参加する場合は、B型肝炎やおたふくなどの予防接種記録も必要となります。

日本人の場合、BCG接種により結核で陽性が出てしまうこともあるため、現状において結核に感染していない診断をもらう必要があります。

今回は「ラナキラ・ヘルスセンター Lanakila Health Center」(1700 Lanakila Ave, Honolulu, HI 96817)でTBテストを受け、さらに小児科で健康診断を受けました。

ラナキラ・ヘルスセンターでは、TBテスト、さらに陽性反応が出た場合のレントゲン検査は無料です。

センターでは、質問票などに必要事項を記入し、パスポートと一緒に提出。TBテストを受け、結果は後日確認。

陰性なら証明書を受け取り、陽性ならその場でレントゲン検査をし、後日ふたたびレントゲン結果(証明書)を受け取ります。

こちらのセンターでは、サマープログラムに必要な予防接種を無料で受けることもできるので、必要な人は確認してみてください。

健康診断では、身長や体重をはかり、口頭で「できる・できない」など健康や発育上の質問の受け答えをしました。

文と写真/浅野万理那

留学担当サトー

この記事で紹介した学校への留学をサポートをしています

\ 希望の留学先から申し込みまで気軽にご相談を /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents