ウェストミンスター・スクール <ザ・ナイン>

TOEFLレベルチェック

「ウェストミンスター・スクール Westminster School」は、エリザベス1世が1560年に創立した、英国ロンドンの中心地にあるパブリックスクール。学校は「ウェストミンスター寺院」の隣にあります。

45パーセントがオックスフォード大とケンブリッジ大に合格するなど、学業での実績では英国トップといわれており、ベン・ジョンソンをはじめとする7名の英国首相を輩出しています。

寮生は20パーセントほどですが、通学生も談話室、娯楽室、レジャールームなどが備わっているハウス(寮)に所属し、ハウスマスターが管理するコミュニティで過ごすことになります。

ウェストミンスター・スクール
校長:Dr Gary Savage
創立年:1560年
住所:Little Dean’s Yard London SW1P 3PF, UK
生徒数:761名
学校の種類:通学とボーディングの選択制、男子校(シックスフォーム以上は共学)、12〜19才
寮生と通学生の比率: 寮生/20%、通学生/80%
留学生の割合:
カリキュラム:3学期制、11年生でGCSE/IGCSE、その後シックス・フォームでAレベル、Pre-Uを選択
課外活動: 中学には30のクラブ、高校には40以上のSocietyがあり、国内外の賞を受賞
卒業後のおもな進路:45%の生徒がケンブリッジ大、オックスフォード大に合格。アメリカの大学も40名ほど合格
著名な卒業生:ベン・ジョンソン、ジョン・ドライデン、クリストファー・レン、A.A.ミルンなど7名の元首相、ベン・ジョンソン(詩人)、ジョン・ロック(社会契約論者)、リチャード・ストーン(ノーベル経済学賞)、エドガー・エイドリアン(ノーベル生理学・医学賞受賞)、エイドリアン・ボールト(指揮者)、A・A・ミルン(児童文学作家)など
学費(年間):通学生/2万8809ポンド、寮生/4万1607ポンド
サマープログラム:
入試データ
出願のタイミング9年生、シックス・フォームに進学予定の生徒
出願期間9年生は11才以上、シックスフォームは13才以上でエントリー可能
出願料
入試時期
試験内容ISEBプレテスト受験、合格者は面談
難易度(合格数)
求められる成績在学校の校長からの推薦、ISEBプレテストで70%以上

「ウェストミンスター・スクール」公式サイト

グローバルエデュのプラン

7,575Fans
3,447Followers
125Followers
  1. 【SHIBUYA ART AWARDS】2022年のテーマは「Contact 接点の質感」…未…

  2. 【みてね基金】家族を取り巻く社会課題解決に取り組む非営利団体に…

  3. 【多摩美術大学】自由闊達な美大講師の視点に学ぶ新・教養講座「TAM…

  4. 【子どもたちに大切なことを脳科学が明かしました】親が知っておき…

  5. 【マンガでよくわかる! 英語が好きになる本】韓国の子どもたちを英…

  1. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  2. グローバルリーダー養成プログラム「TOPPA!!」

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. エリート・オープンスクール・ラーニング・リソース・センター東京…

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

october, 2022

02octalldayPrivate & International School Fair 2022@ペナン

10octallday【〆切】山田進太郎D&I財団「STEM(理系)女子奨学助成金」

15octalldayPrivate & International School Fair 2022@ジョホール

15octallday【〆切】テンプル大学ジャパンキャンパス「持田・ストロナク全額奨学生」

X