ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

海外大学奨学金2024 | 7つの給付型プログラムの応募条件や締め切りを比較

エデュコさん

わたしが使える海外大学奨学金ってあるのかな?

Globaledu★奨学金チーム

昨今、海外大学進学の奨学金制度は充実してきています。早めに情報収集し、しっかり準備しましょう

Globaledu奨学金チーム  

グローバルエデュ編集部内の「奨学金チーム」です。みなさんの進路に役立つ、高校生留学奨学金海外大学進学奨学金、それ以外の奨学金をリサーチし、わかりやすく紹介しています。返済不要の給付型のみを紹介しているので、条件をチェックして上手に活用してくださいね!

海外大学進学に立ちはだかる「多額な留学コスト」を乗り越えるための、奨学金制度を紹介していきます!

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

海外大学奨学金2024 | 給付型奨学金の活用を検討しよう

海外大学進学を考えるうえで最大の難題ともいえるのが、学費をはじめとする留学にかかる費用ですよね。

しかし、昨今はさまざまな返済不要の給付型奨学金が登場しているため、それらの活用を検討している人も多いはず。

今回は、認知度の高いJASSO奨学金をはじめとする、おすすめの給付型奨学金を多角的に紹介していきます。

7つの奨学金を一覧リストでチェック

多くの奨学金の募集時期が7月以降なので、2023年度の詳細はこれから公表される予定ですが(2023年4月時点)、2022年度とおおむね同様の応募要件やスケジュールが適用されると想定できます。

スクロールできます
名称柳井正財団海外大学奨学金(2024年度)笹川平和財団スカラシップ(2024年度)東進 海外大学留学支援制度リクルートスカラシップ・学術部門(2024年度)JASSO海外留学支援制度(学部学位取得型)グルー・バンクロフト基金奨学生(2024年度)重田教育財団海外留学奨学金(2024年度)
主催公益財団法人柳井正財団公益財団法人笹川平和財団株式会社ナガセ公益財団法人江副記念リクルート財団独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)公益財団法人グルー・バンクロフト基金公益財団法人重田教育財団
対象原則20才以下、2023年9月以降に高校卒業し、2024年9月入学を目指す人2024年6月末までに高校等を卒業予定で、2024年秋に財団指定の大学へ入学する人本制度が定めるトップ大学への進学を目指す高校生当財団の対象校に入学または在籍する理系分野専攻者(学部・修士・博士課程の正規留学限定)応募時日本に在住し、高校卒業後2023年4月1日~2024年3月31日までに学士課程または大学入学準備コースを開始する人2024年6月までに高校卒業見込の高3生または応募時点で過去1年以内に高校を卒業した人大学または大学院への入学が決定済みで、留学費用の支弁が困難な状況にあり、学位取得を目的とした2学年以上の正規留学期間を残す人
採用人数予約型/20名程度、合格型/20名程度最大40名程度各学年最大10名6名程度2023年度実績78名奨学金①/1名、奨学金②/3名、
奨学金③/5名、捨松スカラシップ/1名
5名
応募時期予約型/2023年7月7日~8月11日、合格型/2023年12月~2024年2月(予定)秋期/2023年7月27日(月)~8月16日(日)17時、②春期/2024年1月全国統一高校生テストが開かれる毎年6月と11月の2回2023年7月18日~9月18日2022年9月5日~10月6日13時2023年8月14日~9月11日2023年5月1日~6月30日
対象国・大学財団が定める米国のUniversity29大学とLiberal Arts College19大学、英国の8大学米国大学24校、リベラルアーツカレッジ(米国)15校、英国大学4校ハーバード大学、ケンブリッジ大学など米英の名門8校QSまたはTHE世界大学ランキング最新版の総合や科目別順位で30位以内の大学、もしくは各国のランキング1位の大学学士号が取得できる諸外国(地域)の大学米国のリベラルアーツカレッジ海外の大学·大学院
支給期間4年間(英国大学は3年間)米国大学:4年間 英国大学:3年間またはファウンデーションコースを含む4年間4年間対象校に在籍する期間中(ただし、支給開始から2年経過後は毎年更新審査を実施)原則4年(学士課程や大学入学準備コースに入る前の語学研修期間は不可)4年間2年間
所得制限2022年度と2023年度の家計支持者の所得が 2700万円以下を満たすことなしなしなし家計支持者の2021年所得金額(共働きであれば合算額)が2000万円以下家計支持者の所得金額が2000万円以下明確な所得基準は指定されないが、選考では家計状況を考慮
必要な英語力など原則として 語学試験:TOEFL iBT90または IELTS6.5、学力試験:SAT1400 またはACT31またはIB38(予測スコア) 上記水準に満たない場合も応募は可能指定なし全国統一高校生テスト決勝大会における学年トップクラスの成績TOEFL iBT100点以上 または IELTS7.0点以上(ただし、対象校に合格済みまたは在籍中の場合は不要) 高校の学業成績は、90%以上を推奨TOEFL iBT80点以上またはIELTS6.0以上、留学先での使用言語が英語以外の場合はスコアがCEFR:B2以上を満たすことTOEFL iBTIELTSDuolingo English Testのスコア要提出指定なし (ただし、TOEFL iBTIELTS など英語力を証明するスコアは要提出)
給付額年間9万5000ドル(英国は6万5000ポンド)を上限に支給米国/年間上限8万ドル 英国/年間上限5万4000ポンド米国/年間最大9.5万ドル、英国/年間最大6.5万ポンド年間上限1000万円国や地域に応じて月額5万9000円~11万8000円(年間上限250万円)年額上限8万ドル〜4年間の授業料全額免除など年間240万円
選考方法課外活動実績・自己PR、日本語エッセイ、提出された試験スコアなどの書類審査、英語の受け答えを含む面接、「予約型」のみ推薦状と学業成績表も追加提出英語と日本語の小論文、高校在学中のGPA(4.00満点換算)、TOEFL iBTほか英語試験のスコア(保有者のみ)、面接
全国統一高校生テスト決勝大会の成績(英国数と課題論文)に、人物評価面接を併せて選抜志望理由や自己PR、1000字程度のエッセイ、GPA4点満点に換算した学業成績、推薦状を含む書類選考、最終選考会における面接志望理由・留学計画、学位取得後の進路計画、自己PR、日本語エッセイ、推薦状、成績証明書等による書類審査、面接審査志望理由等に関する小論文など7本(40文字〜800字)、英語試験スコア、調査書、推薦状2通に基づく書類選考、面接試験志望動機、自己PR、GPA付きの成績証明書、家計状況などを踏まえた書類選考と面接選考

海外大学奨学金2024 | アメリカの大学で使える奨学金

世界に進学先が広がっていますが、やはり圧倒的に人気なのが世界最多の大学数を誇るアメリカ。

今回ピックアップした7つの奨学金は、いずれも米国大学の学費支給に対応しています。

ただ、①支給対象となる米国大学を主催者が指定しているケースと、②奨学生が入学許可を得ていればどの大学でも認められるケースのふたとおりにわけられます。

まず、支給対象大学がいっさい指定されていないのは、つぎのふたつの奨学金です。

トップ大学以外も使えるJASSO、重田教育財団

  • JASSO海外留学支援制度(学部学位取得型)
  • 重田教育財団海外留学奨学金

上記であれば、かならずしも難関大学ではなくても、自身が入学可能な米国大学に係る授業料等を支援してもらえます。

対象校が指定される奨学金では、基本的に上位大学やエリート校のみが対象となるケースが多く、標準レベルの海外大学を中心に出願する場合は、このふたつの奨学金制度が有力候補となるでしょう。

両者は、支給期間において4年(JASSO)と2年(重田教育財団)と違いがあるものの、家計状況が考慮される点では共通しています

家計状況の捉え方としては、JASSOでは明確な基準(2000万円以下)が設けられているのに対して、重田教育財団の場合は総合的な判断材料の1要素という位置づけです。

そのため、ほかの応募者の家計状況によっては、相対的にシビアな評価基準が適用される可能性もあります。

既卒生も使えるJASSO、笹川、重田、グルー・バンクロフト

続いて、現役高校生以外に、応募締切日までに高校などを卒業後3年以内の人なら応募が可能できるのが「JASSO海外留学支援制度」。

笹川平和財団も、年齢制限のない給付型の奨学金制度となっています。重田教育財団も年齢制限がなく、留学の途中からでも応募が可能。

そして、卒業から1年以内であれば応募できる「グルー・バンクロフト基金奨学金」は、米国のリベラルアーツカレッジのみを対象にした制度。

この制度は、応募時点で4パターンの支援方法を選ぶ必要があります。

対象校のレベルは標準~難関まで幅広い印象で、採用人数は多くありませんが、学力上位者に限らず選抜される可能性のある制度ではないでしょうか。

トップ大限定の4つの奨学金

以下にあげる4つの奨学金制度は、世界トップ50~トップ10に入るような米国有数の名門大学をメインに対象校に定めています。

  • 柳井正財団
  • 笹川平和財団
  • 海外留学支援制度(東進)
  • リクルートスカラシップ学術部門(江副記念リクルート財団)

「柳井正財団」と「笹川平和財団」は、米国の総合大学(University)以外に、リベラルアーツカレッジ(柳井/19校、笹川/15校)も支給対象に含みます。

東進(株式会社ナガセ)の奨学金は、「全国統一高校生テスト」の成績優秀者が招待される「決勝大会」での成績がおもな選考材料となるため、全国的にとりわけ優秀な学力を有する生徒のみに開かれた制度と言えるでしょう。

学費支援を受けられる大学も、ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学と8つのエリート校に限られています。

給付金額の規模(年額9.5万ドル)も今回紹介する候補のなかでトップクラスですが、一般向けとはいえない奨学金制度です。

「リクルートスカラシップ」は、理系分野を専攻する学生を対象とし、毎年発行される世界大学ランキング(QS/THE)に応じて対象校を定めている制度です。

こうした大学ランキングは、決して難易度順に選出されるシステムではありませんが、応募要件にTOEFL iBT100点以上などハイレベルな水準が求められることから、必然的に応募者を選ぶ奨学金制度と判断できます。

海外大学奨学金2024 | JASSO奨学金と倍率

貸与型奨学金としてのイメージも強い「JASSO奨学金」ですが、JASSOでは3つの給付型の海外留学支援制度を用意しています。

ここで紹介するのは、そのうちのひとつ「JASSO海外留学支援制度(学部学位取得型)」。

この奨学金のメリットは、採用人数が比較的多く、要求される英語試験のスコアが、TOEFL iBT80点以上、IELTS6.0以上など他の奨学金制度よりはボーダーラインが緩やかな点です

所得制限もクリアしなければなりませんが、基準が家計所得2000万円以下のため、問題なく応募できるケースがほとんどでしょう。

また、英国教育でおもに設置されている大学入学準備コース(ファウンデーションコース)も支給対象に含むのは好印象です。

英語圏の大学が選ばれる結果に

JASSOの公式サイトでは、2023年度学部学位取得型の選考結果が開示されています。ここで、最新の奨学生採用状況を整理しておきましょう。

スクロールできます
主要な留学希望国·地域応募者数採用者数倍率
米国106382.79
カナダ27112.45
英国42182.33
オーストラリア30310.00
オランダ1142.75
合計250783.21

表以外にも、EU諸国やアジア地域への応募も見られますが、あまりいい採用結果には結びついていないようで、むしろ、カナダや英国の大学を志望して奨学生に選ばれたケースが目立っています。

そうした状況は、北米エリアや英国の採用倍率が2倍~3倍未満にとどまっているのに対して、全体の採用倍率が3倍を超えている点からも読み取れます。

また、2022年度の採用実績はコロナ禍も関係したのかトータル45名となっており、新年度も2023年度(78名)とほぼ同水準が採用されるかは断定できません。

海外大学奨学金2024 | アメリカ以外で使える奨学金

今回紹介した候補で、米国以外で使用できる奨学金には、国や地域が不問のJASSOと重田教育財団に加え、柳井正財団、笹川平和財団、東進、リクルートスカラシップ学術部門の4制度があげられます。

ただし、世界大学ランキング結果に準じるリクルートスカラシップを除けば、いずれも米国以外では英国の大学のみが対象となります

米国+英国も対象とする奨学金

柳井財団と笹川財団は、ともに英国大学の名門8校を指定し、東進に至ってはケンブリッジ大学とオクスフォード大学のみが選択肢。

英国大学といえば、ファウンデーションコースの扱いがきがかりですが、柳井正財団は同コースを経由せずに英国大学に入学するルートを支給対象としています(ファウンデーションコース対象外)。

その他の奨学金制度は、ファウンデーションコースも含めて奨学金が支給されるようですが、重田教育財団については対象か否か募集要項に記載が見あたりません。

米国と英国以外のエリアは3つの選択肢

こうして、米国と英国以外を希望する場合は、リクルートスカラシップ(理系限定)、JASSO、重田教育財団が選択肢として残ります

海外大学奨学金2024 | どの奨学金がおすすめ?

今回紹介した7つの給付型奨学金は、所得制限の有無がそれぞれ異なりますが、相対評価になりそうな重田教育財団を除けば、家計状況に左右されず応募できる制度(概して2000万円以下が基準)が大部分でしょう。

トップ大学かつ高額な支給額を希望する場合は…

トップクラスの大学志望、または英語試験でハイスコアを確保済みで、なるべく高額な支給額を希望する場合は柳井正財団がおすすめの選択肢です。

採用枠と対象校が多めに設定されているのは…

また、支給上限額は多少下がりますが、笹川平和財団の奨学金は、採用枠や対象校が多めに設定されており、採用可能性も含めてバランスの良い制度が整備されています。

自分に合う留学先を選びたい場合は…

難関校志望ではない、知名度を問わず自分に合う留学先を選びたいという場合は、他の制度とくらべて制約事項も少ないJASSOの奨学金が最適です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents