ザ・ペニンシュラ東京で名門校と出会うマルボロカレッジ・マレーシア説明会 3/5

中学受験ではなく海外ボーディングスクールを選ぶべき<3つのメリット>

ママ

進路選びって、ホント悩ましいよね…

Globaleduコンサルタン

個別の状況に寄り添った、進路アドバイスを提供しています

Globaledu進路ナビチーム

Globaledu進路ナビチームでは、これまで10年以上に渡り、ママたちの「誰に相談していいのかわからない」進路の悩みに寄り添ってきました。進路相談を随時受け付けていますので、お気軽にご相談ください

海外大学進学を視野に入れた進路をサポートする、学びのプラットフォーム

進路に役立つさまざまな教育プログラムを網羅するほか、個別の進路相談やサポートも受け付け中。最新のプログラム情報はメルマガで、使い方はガイドでチェック!

Contents

質問:中学からボーディングスクールに留学するメリットは?

わが家には小学5年生の娘がいます。4年生からは、周囲の影響もあって、中学受験のための勉強を進めてきました。

でも、学校をいろいろ調べてみてもイマイチ行かせたい学校がなく、本人もどの学校がいいのかピンとこないようです。

最近は、物怖じせずにいろいろなことに挑戦する娘には、海外のボーディングスクールのような多様な環境のほうが向いているのではないか…と思うようになりました。

受験勉強は続けながらも、今後はボーディングスクールの情報も集めていき、留学も視野に入れていきたいと考えています。

中学に入るくらいのタイミングから、海外で学ぶことのメリットについて教えてください。

回答:ボーディングスクール留学には、3つのメリットがあります

中学前後からのボーディングスクールへの留学には、おもに下記のような3つメリットが考えられます。

①英語の習得や思考の定着がスムースに行える

日本の小学校での勉強を経験しているので、母語である日本語の基礎もしっかりできていると思います。

言語の土台ができていれば、言語に対する理解力もできていますので、他言語である英語の習得や思考の定着をスムースに行うことが期待できます。

母語があまり定着していない年齢だと、言葉としての英語を覚えるのは早いのですが、十分に意味が理解できていなかったり、英語と日本語が会話や思考に入り混じり、それぞれの言語の習得が十分にできなくなる場合もあります。

しかし、中学前後での留学ならばそのような心配はほとんどないでしょう。

②英語の習得や新しい環境に余裕をもって慣れることができる

高校や大学からの留学だと、その国の「学習スタイル」になじむのに時間がかかり、勉強が遅れてしまう心配があります。

しかし、中学前後であればほとんどの場合日本の学習内容のほうが進んでいますので、現地での授業が少しくらい理解できなくても、遅れを気にせず、英語の習得や現地の環境に慣れるために時間を使うことができます

③ムリなく国際感覚を身につけ、視野が広がる

早い段階から多様性を経験することは、先入観が少ないぶん、自分とは異なる文化や習慣をムリなく受け入れることが期待でき、またそれにより視野も大きく広がっていきます。。

視野が広がるということは、物事のとらえ方や考え方の幅や深みが増すということですね。お子さんを留学に出すと、1年後には考え方が大きく成長していることにきっと驚くはずです

ただし、中学から留学する場合は、その後の進路も十分に考えておくことも大切です。

そのまま海外のボーディングスクールで卒業を目指すのであれば問題ありませんが、留学はかならずしも成功するとは限らず、帰国を望む子も一定数いることは確かです。

たとえば、中学3年生のときに帰国することになると、周囲はすでに受験体勢に入っているので学校からのサポートを十分に受けることができません。

また、日本の高校への進学は(親の赴任による海外生活ではないため)帰国生枠で受験できない可能性もあります。

それでも、昨今では日本でも「帝京大学付属可児高校」「国際高等専門学校」といった、英語で学ぶボーディングスクールも増えています。

これらのボーディングスクールでは、日本の中学の卒業資格は求められず(海外で必要年数の教育を受けていることは必須)、海外で学んだ経験も生かしながら日本で学びを継続することができます。

日本でもさまざまな選択肢が増えていることは、日本人留学生にとっても自分らしい進路が選択できる可能性が広がるので朗報ですよね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

新しい学びに挑戦!
Contents