キッズ

【桜美林】2021年度に「国際バカロレア」を導入した小中一貫教育校「義務教育学校」を開校

小中一貫の国際バカロレア校を新設

「桜美林学園」(東京・町田市)は、創立100周年を迎える2021年度に、小学校と中学校を合わせた9年制の小中一貫教育校を開校する予定であることを発表しました。

桜美林

現在桜美林学園は、大学・大学院、高校、中学校、幼稚園で構成されていますが(いずれも東京・町田市)、既存の中学・高校とは別に、この小中一貫校を、町田、多摩、相模原市を中心に新設場所とするべく検討しているそう。

2016年度より小中一貫教育を実施する「義務教育学校」が制度化されますが、その制度を活用した前期課程(小学校段階)と後期課程(中学校段階)の9年間の課程となる予定。

開校は2021年度を目指しており、クラス定員は30名、1学年2クラス程度となる予定。

「国際バカロレア」(IB)カリキュラムも導入される予定ですが、PYP(初等教育プログラム)、MYP(中等教育プログラム)のどちらを(もしくは両方を)導入するかは未定。

現状では、既存の桜美林高校でDPを導入することで、桜美林で継続してIBが学べる「IB一貫校」を目指していく予定はないそうです。


【桜美林学園・義務教育学校】

  • 開設:2021年度
  • 場所:町田、多摩、相模原市などを検討中
  • 対象学年:1年生〜9年生(現在の小1〜中3)
  • 定員:1クラス30名(1学年2クラス)
  • カリキュラム:国際バカロレア

最新情報をFacebookにて
いちはやくお届け!


Globaledu on Weekends

Globaleduで紹介した記事を、その週末の土曜朝にメールマガジンにまとめてお届けします。家族が集まる週末は、未来の学びについて考えるチャンス。プランニングのヒントとして活用してくださいね!

Thank you for subscribing.

Something went wrong.

Tags
Close
X