K.インターナショナルスクール東京

Fayサマースクール2023ウェビナー
帝京可児説明会

「ケイ・インターナショナルスクール東京」(KIST)は、東京・清澄白河にキャンパスがある、幼稚園から12年生(高校3年生)までの子どもたち620名が通う国際バカロレア一貫校(PYP、MYP、DP)。

学力強化に力を入れており、IB DPのスコアは平均39.83点(2020年実績)と日本でトップ、世界でもスコアでは13位のスクール。

2019年からは、G9と10にIGCSEプログラムが導入されるなど、国内外の大学進学における選択肢の多い学校です。

K.インターナショナルスクール東京
校長:Dr. Kevin Yoshihara
創立年:1997年
住所:東京都江東区白河1-5-15
生徒数:620名(各学年2クラス、1クラス23名程度)
学校の種類:通学のみ(K〜G12)、2学期制、週5日制
認定機関: CIS、国際バカロレア機構
外国籍の生徒:約20パーセントがアメリカ・オセアニ ア・英国・カナダ、10パーセントがアフリカ・ヨーロッパ・中東・南アメリカ、20パーセントがインド・パキスタン・バングラデシュ、25パーセントがその他アジア諸国、25パーセントが日本(45ヵ国)
カリキュラム:国際バカロレア(PYP、MYP、DP)、IGCSE
課外活動:スポーツチームからオーケストラまで各種あり
卒業後の進路:国際教養大、獨協大、名古屋大、東京医科歯科大学(医学)、同志社大、岡山大学(医学)、東京大、ICU、大阪大、早稲田大、順天堂大(医学)、横浜市立大(医学)、慶應義塾大、ロンドン大、ダラム大、ロンドン芸術大、インペリアル・カレッジ・ロンドン、キングスカレッジ、ボストン大、ブラウン大、UCLA、MIT、コロンビア大、ダートマス大、ニューヨーク大学アブダビ、延世大、香港大、シンガポール国立大など
学費(年間):215万円、施設管理費/10万円、コミュニティ維持費/2000円 ※その他一時金として、入学金/30万円、教育施設費/60万円、IBDPテスト費(G12のみ)16万円
サマープログラム:あり(在校生のみ対象、アカデミック重視)
入試データ
出願条件各学年の対象年齢に達していること
出願期間10月の学校説明会後〜翌年1月初旬
出願料2万円
入試時期毎年1月下旬
試験内容試験・面接(K1-K2/行動観察含む英語力チェック、K3/英語力テスト、行動観察、G1/英語力テスト、G2〜12/英語力テスト、数学力テスト)
求められる成績年齢に応じた英語力、数学力(G2以上)を求める

「K.インターナショナルスクール東京」公式サイト




7,575Fans
3,587Followers
273Followers
  1. 【ロジカル・ライティング講座】自分の考えを端的に伝える「英語で…

  2. 【カリフォルニア大学バークレー2023】寮滞在orオンラインから選択…

  3. 【台湾留学奨学金2023】大学、大学院、大学付属語学センターに留学…

  4. 【ハーバード大学2023】単位を取得しない2週間、単位取得が可能な7…

  5. 【タフツ大学2023】期間や受講形態・単位取得など豊富な選択肢を用…

  1. 帝京大学可児高等学校「国際バカロレアコース」

  2. アゴス・ジャパン(海外大学専門予備校)

  3. 国際高等専門学校(International College of Technology)

  4. ワールド・アローズ・インターナショナルスクール World Arrows Int…

  5. ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール

イベントカレンダー

february, 2023