K.インターナショナルスクール東京

「ケイ・インターナショナルスクール東京」(KIST)は、東京・清澄白河にキャンパスがある、幼稚園から12年生(高校3年生)までの子どもたち620名が通う国際バカロレア一貫校(PYP、MYP、DP)。

学力強化に力を入れており、IB DPのスコアは平均39.83点(2020年実績)と日本でトップ、世界でもスコアでは13位のスクール。

2019年からは、G9と10にIGCSEプログラムが導入されるなど、国内外の大学進学における選択肢の多い学校です。

K.インターナショナルスクール東京
校長:Dr. Kevin Yoshihara
創立年:1997年
住所:東京都江東区白河1-5-15
生徒数:620名(各学年2クラス、1クラス23名程度)
学校の種類:通学のみ(K〜G12)、2学期制、週5日制
認定機関: CIS、国際バカロレア機構
外国籍の生徒:約20パーセントがアメリカ・オセアニ ア・英国・カナダ、10パーセントがアフリカ・ヨーロッパ・中東・南アメリカ、20パーセントがインド・パキスタン・バングラデシュ、25パーセントがその他アジア諸国、25パーセントが日本(45ヵ国)
カリキュラム:国際バカロレア(PYP、MYP、DP)、IGCSE
課外活動:スポーツチームからオーケストラまで各種あり
卒業後の進路:国際教養大、獨協大、名古屋大、東京医科歯科大学(医学)、同志社大、岡山大学(医学)、東京大、ICU、大阪大、早稲田大、順天堂大(医学)、横浜市立大(医学)、慶應義塾大、ロンドン大、ダラム大、ロンドン芸術大、インペリアル・カレッジ・ロンドン、キングスカレッジ、ボストン大、ブラウン大、UCLA、MIT、コロンビア大、ダートマス大、ニューヨーク大学アブダビ、延世大、香港大、シンガポール国立大など
学費(年間):215万円、施設管理費/10万円、コミュニティ維持費/2000円 ※その他一時金として、入学金/30万円、教育施設費/60万円、IBDPテスト費(G12のみ)16万円
サマープログラム:あり(在校生のみ対象、アカデミック重視)
入試データ
出願条件各学年の対象年齢に達していること
出願期間10月の学校説明会後〜翌年1月初旬
出願料2万円
入試時期毎年1月下旬
試験内容試験・面接(K1-K2/行動観察含む英語力チェック、K3/英語力テスト、行動観察、G1/英語力テスト、G2〜12/英語力テスト、数学力テスト)
求められる成績年齢に応じた英語力、数学力(G2以上)を求める

「K.インターナショナルスクール東京」公式サイト

 

関連記事

  1. イートン・カレッジ <ザ・ナイン>

  2. サンモール・インターナショナルスクール

  3. フィリップス・アカデミー<テンスクール>

  4. セント・ポールズ・スクール <ザ・ナイン>

  5. マーチャント・テイラーズ・スクール <ザ・ナイン>

  6. ローレンスビル・スクール<テンスクール>

  7. 【都立国際高校】「国際バカロレアコース」第1期生は9割がIB資格を取得、平均スコアは31点

  8. 神戸ドイツ学院インターナショナル

  9. 加藤学園暁秀中学校・高等学校

グローバルエデュのプラン
7,495Fans
2,551Followers
40Followers

october, 2021

29sepallday31oct【〆切】国連WFP「ゼロハンガーチャレンジ」

05octallday05novおにぎりアクション2021

31oct07:4107:41【〆切】コカ・コーラ奨学生2022

X