【慶應経済学部】TOEFLやIBを入試に活用…16年秋入学より100名に全英語プログラムを導入

5年で修士号をとることも可能に

「慶應義塾大学」経済学部は、2016年9月入学より全授業を英語で行う「PEARL」(Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership)を導入することを発表しました。

【関連記事】早稲田に続き、慶応が14年度から4学期制を導入

慶応peral

募集人数は、1学年につき約100名。

4年間英語で経済を学ぶことで、世界を舞台に活躍するリーダーを輩出していきたい考え。

卒業に必要な単位は、現在の経済学部と同様となります。

プログラムの特徴は以下のとおり。

  • 能力と意思のある学生には、5年間で学士号と修士号の双方を授与
  • 連携する海外のパートナー校から一流の教授陣を招聘すると同時に、インターネットなどを駆使した双方向遠隔授業を活用
  • 経済学の授業のほか、福澤諭吉の思想や日本の近代化に関する授業、ビジネス関連の授業、インターンシップなどを設置
  • 講義のみでなく、ゼミ、研究プロジェクトのほか、3、4年生向けの英語で経済学を教えるプログラム「PCP」(ProfessionalCareerProgramme)を取り入れ、4年間一貫して英語で学ぶカリキュラムを提供
  • ダブル・ディグリー制度や交換留学制度を利用した海外留学を奨励

入学選考では筆記試験は行わず、英語能力を判断するためにTOEFL、IELTSなどを活用。また、総合的な学力を判断するためにSAT、国際バカロレア(IB)DPなどを用いる予定。

応募に際しては、高等学校の成績表に加え、海外からの応募の場合は各国独自の統一試験の結果を提出することも可能。

ちなみに、慶應大学における全英語プログラムには、「環境情報学部」が11年秋から実施している「GIGA」(GlobalInformationand Communication Technologyand Governance Academic)があり、PEARLはふたつめのプログラムとなります。


【慶応義塾大学経済学部「PEARL」概要】

  • 実施:2016年9月入学より
  • 対象:日本人学生、外国人学生
  • 募集人数:経済学部の1学年につき約100名
  • 学費:経済学部の授業料+諸費用+プログラム参加料
 

関連記事

  1. 【芝浦工業大学】大学と日本人学生・留学生が協働でダイバーシティ化推進するスタッフ制度開始

  2. 【東京藝大】世界トップ4芸術大学で共同学位カリキュラムを構築し、グローバルな人材を育成

  3. 【市立札幌開成中等教育学校】17年までにIB「MYP」を、19年までに「DP」認定目指す

  4. 【テンプル大学ジャパンキャンパス】日本人学生が学びに目覚め、大きな成長を遂げる場に進化…グローバルな新キャンパスをチェック

  5. 【筑波×ICU】両大学の基礎・専門科目の履修、相互の協定校への留学が可能となる連携を開始

  6. 【山梨県】2020年「甲府西高校」に県立高校で初となる「国際バカロレア」日本語DPを導入

  7. 【マレーシア】帰国後も国際教育を継続するなら、「国際バカロレア」認定インターに要注目

  8. 【名古屋国際中学・高等学校】13年9月にIB候補校となり15年にDPカリキュラム提供目指す

  9. 【筑波×お茶の水】両附属高でキャリア教育実施、双方の協定校へ海外留学など大学間連携締結

グローバルエデュのプラン
7,575Fans
3,024Followers
125Followers

may, 2022

20mayallday【締切】ブラウン大学 Summer@Brown 2022https://precollege.jp/event/summerbrown2022

20mayallday【〆切】「埼玉発世界行き」2022年度奨学生

21mayallday6つの教育機関が集結!「サマープログラム2022合同説明会」

27mayallday【締切】東京都「次世代リーダー育成道場2022」https://precollege.jp/event/tokyo_globalleader2022

29mayallday【〆切】DECA JAPAN「起業力塾2022夏」

29mayallday【〆切】TOPPA CAMP

31mayallday【〆切】高校生科学教育大賞

31mayallday【〆切】SENPAIプログラム2022春

31mayallday【〆切】日本生物学オリンピック2022

X